株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

シュガー・ラッシュ

   

基本情報

原題: Wreck-It Ralph
ジャンル: ファンタジー
上映時間: 101分
製作国: 2012年  アメリカ
監督・脚本: リッチ・ムーア(Rich Moore)

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:62点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

アクションゲームの悪役キャラクターのラルフの願いは、みんなに愛されるヒーロー・キャラクターになること。ある日、ついにラルフは我慢ができなくなり、自分のゲームを飛び出してしまう。迷い込んだのは、お菓子の国のレースゲーム“シュガー・ラッシュ”。そこでラルフが出会ったのは、不良プログラムであるためにレースに出場できない少女ヴァ ネロペだった。嫌われ者のラルフと、仲間はずれのヴァネロペ──孤独な2人は次第に友情の絆で結ばれていく。だが、ラルフの脱走はゲームの掟に反し、この ままではゲームの世界全体に災いをもたらすことになってしまうのだ。ゲーム・キャラクターたちがパニック状態に陥る中、ラルフは“シュガー・ラッシュ”とヴァネロペに隠された恐るべき秘密を知ってしまう。果たしてラルフはヴァネロペを救い、ゲーム界の運命を変えることができるのだろうか?そして彼は、“本当のヒーロー”になることができるのだろうか?
出典: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

予告動画

感 想

自ら進んで見るタイプの作品ではありませんが、先日地上波で放送されていたので録画して見てみました。本作には「スーパーマリオブラザーズ」のクッパ、「パックマン」のゴースト、「ソニック」のドクター・エッグマン、「ストリートファイター」のザンギエフとベガ、「バイオハザード」のゾンビとケルベロなどが登場します。ゲーム好きの私としては作品内容に拘らず、これだけでテンションが上がってしまいました(^ ^)

10157

そんな彼らは「悪役の会」なるものを開催しているのですが、その中に「ザンギエフ」が紛れ込んでいて、「ザンギエフ」は悪役じゃないじゃん!ってツッコミを入れたくなりましたwww

img_4

また、作品としてもとても良く構成されていると感じました。本作はディズニー作品だけあって、大人と子供の両方が楽しめる作品になっています。

大人向けには「それぞれに与えられた役目がある」っといったメッセージでしょうか?主人公のラルフはゲームの悪役キャラクターなのですが、「悪役の会」で「悪役を辞めたい」と言ったり、人間関係や自身の置かれた環境に不平不満を言いだします。こうした点が、日々ストレスを感じている大人向けのメッセージとして共感を呼び、子供向けには下の画像で示すような王道の「友情」というテーマがあるというふうに感じました。親子で楽しめる素敵な作品だと思いました。。

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

 - ファンタジー, 映画鑑賞