株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

バフェットの財務諸表を読む力

   

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

本書の著者であるメアリー・バフェットとデビッド・クラークは、「バフェットロジー」と呼ばれるバフェット研究の第一人者です。本書の目的は、一般に難解だとして敬遠される財務諸表をバフェット的な視点から簡単に読み解くこと、初心者にもわかる財務諸表を標榜しています。

財務諸表を読み解く力とは?

会計について、バフェットは以下のように発言しています。

あなたは会計を理解するだけでなく、会計の行間に潜む機微を理解する必要がある。会計はビジネスの共通言語だ。言語として完全とは言い難いものの、会計を学ぶ努力をしない限り、そして財務諸表を読んで理解する努力をしない限り、自分で株の銘柄を選択することなど夢のまた夢である

私は会計関連の知識については全くのゼロからのスタートでしたので、最初は関連書籍を読んでも全く意味がわからずに苦戦しました。こうした書籍の多くは、基本的にはある程度の知識がある人を前提に書かれているため、私にはさっぱりでしたが、当ブログでも取り上げた「決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法」や「ざっくり分かるファイナンス」等を読んだことでようやくイメージで理解できるようになり、その後は理解が深まりました。こうした会計的な知識をを理解していないと、様々な投資指標を理解して自分で使えるようになるのは非常に困難だと思います。そうした視点から本書を見ると、「バフェットからの手紙」等を読んでいる人からすると、はっきり言って得るものはありませんが、バフェット的な視点から平易な言葉で具体的に財務諸表を読む方法を解説しているので、会計に苦手な人が財務諸表の見方を上述の2冊等で一通り理解した後に読むと重宝できると思います。

株式投資にはPER、PBR、ROE、EBITDA及びPEGレシオ等、様々な指標がありますが、これが使いこなせたから確実に成功できるという指標等はないと思います。もちろん、こうした指標を理解するのは大事だと思いますが、そうした指標を参考にしつつ、ビジネスモデルや経営者及び事業関係等、様々な項目を総合的に判断して、最終的な判断には数字には表れない「センス・感性・勘、経験を基にした感覚の部分が大きいのではないかと私は考えています。その意味で、私は定量的な要素よりも定性的な要素を重視しています。

 - 投資本, 株式投資