東京のおすすめグルメ 美味しかった・印象に残ったお店【随時更新】

東京のおすすめグルメ 美味しかった・印象に残ったお店【随時更新】

東京なら値段を出せば美味しい店はいくらでもあるとは思いますが、それよりも自分がこれまでに行った「本当に美味しかったお店」、あるいは「印象深かったお店」について個人的な備忘録も兼ねて覚えているものについてまとめました。

 

趣向が私と似ているかなと感じられた方がいらっしゃれば、ここは是非というオススメをご教授いただければ幸いです。

 

印象に残る店があれば、随時更新していきます。

フレンチ

曙橋 ジュードマルシェ

フレンチと聞くとどうしても敷居が高い…
普段使いにはちょっと…。そんなイメージはございませんか?
四谷・曙橋のフレンチジュー ドゥ マルシェでは、
いつ来ても美味しく目にも記憶にも残る、
そして気軽に楽しめる…
そんなフランス料理を皆様にご提供させて頂いております。メニューはコース1つのみ。
旬の食材を贅沢に少しずつ味わえるよう、
豊富な皿数でお届けします。女性オーナーシェフだからこそ織り成す、【繊細で、凛としたフレンチ】
いつの日も、どんな日も気軽に立ち寄って欲しい…
そんな気持ちを込めて、オープン致しました。

日本テレビの火曜サプライズという番組で 紹介されたことがあります。

しらすのリゾットが看板メニューでどのコースを頼んでも基本的に入っています。

こじんまりとしたレストランで、食後にシェフ自らが本日の料理はお口に会いましたのでしょうかなどと挨拶に来られていたことからも分かるように、気持ちの良い接客でした。

四谷 オテル・ドゥ・ミクニ

ここでしか味わえない、食の感動を。

素材そのものが持っているチカラを生かしきる、自然と同化したフランス料理「キュイジーヌ・ナチュレル」。
そこには、21世紀にふさわしい、自然にも人にもやさしい料理を追求する三國の料理哲学が込められています。
いつも優しい陽射しが注ぐダイニングは、ここが都心であることを忘れてしまうほど開放感あふれる空間。
春には色とりどりの花が咲き、秋には木々の葉が色づく、自然豊かな風景を楽しみながら、「キュイジーヌ・ナチュレル」をご堪能いただけます。

 

こちらは格式高く美味しいのですが、値段が高くて場の雰囲気を楽しむためにお金払ってるくらいに思った方が良いかと感じました。

白金台 ステラート

白金台、プラチナ通り沿い。

1998年、閑静な街並みに佇むヨーロッパの古城のような外観が印象的な一軒家レストラン『ステラート』がオープン致しました。全面ガラス張りの天井からは自然光が降り注ぎ、東京の空とは思えない開放感の店内。どこにいても絵画を見ているような錯覚をおぼえる、こだわりの調度品に包まれた贅沢な空間『ステラート』が2017年にリニューアル。

新しい店内には緑を多く配置し、ヨーロッパに多く建てられた“オランジェリー(温室)”を彷彿させる空間に生まれ変わりました。料理は完全予約制とし、“コスモポリタンキュイジーヌ”をテーマに、世界各地から厳選された食材を、ジャンルにとらわれないテクニックと独創性で昇華させた、シェフ渾身のおまかせコースをお楽しみいただけます。

 

戸田恵梨香の可愛さが際立っていたドラマ「大恋愛」でムロツヨシさんがネットで頑張って調べて探したお店と言っていたお店です。

こちらは素晴らしかったの一言です。

丸の内 ブリーズ・オブ・トウキョウ/BREEZE OF TOKYO

「東京一の夜景」を誇る、東京・丸の内ビルディング最上階(36階)にある「BREEZE OF TOKYO」。店内は、エネルギッシュに、アクティブに、世界をリ-ドするニューヨークのエグゼクティブ達のエネルギーが交差する空間をイメージし、バー&スタンディングバー、ダイニングの2つのゾーンで構成。それはシンプルでありながらシャープな雰囲気を醸し出す、“上質な大人の遊び場”というコンセプトを見事に演出しています。

 

とある男性とデートした時に使用したので印象に残っていましたが、味は正直覚えていません()

イタリアン

曙橋 Cosmologia

2017年夏、曙橋駅近くにオープンした【Cosmologia】は、宇宙論という名の自由な発想をイタリア伝統料理を通し表現するレストラン。オーナーシェフの故郷である静岡の希少な”食財”もじんわりと愉しめるイタリアンレストラン。おまかせコースを主軸にアラカルトもご用意、「本当の食の愉しみを気軽に楽しんでもらいたい」という思いがあり【くずしリストランテ】というコンセプト、お店の売りでもあるフレキシブルなおまかせコースと、最良の食材を提案させていただくアラカルト料理と自然派主体のイタリアワインを150種以上ご用意。

曙橋というエリアについてあまり馴染みのない方もいるかと思いますが、このエリアは新宿と神楽坂の中間点、かつフジテレビがお台場に移転する前に所在していた場所でもあり、意外に美味しいお店が多い印象があります。

 

隣に神楽坂と四谷三丁目の荒木町という食の激戦区があるにもかかわらず、台頭しているのには味の裏付けがあるからなのでしょう。

スペイン料理

若松河田 小笠原伯爵邸

この館をはじめて見たとき、私の頭に浮かんだもの。それは、映画「タイタニック」のワンシーン…。ぼろぼろの姿で海底に沈むタイタニック号の次に映し出されたものは、あの悲劇の直前のパーティーシーンでした。贅をつくした船内で紳士淑女がそれは楽しげに集まっていました。

75年の歴史の中で、すっかり傷を負ってしまった目の前の洋館で、当時小笠原伯爵がどんな素敵な晩餐会をしていたかと想像しただけで胸が高鳴り、私達はこの館を甦らせ、みなさまが楽しく集まれる場にする決意をしました。オープンの日を迎えるまでにはボランティアの方をはじめ様々な方々のご指導とご協力をいただきました。私を陰で支えてくださった数多くの方に対し、この場をお借りし心より御礼申しあげます。みなさまを本邸にお迎えできる日を、心よりお待ち申しあげております。

フレンチを食べに行くテンションで食べていたら、スペイン料理というカテゴリーに分類されていて驚きました。

食後に伯爵邸の案内もあり料理だけではなく楽しめます。

シンガポール料理

銀座 シンガポール・シーフード・リパブリック 

 

オープンキッチンを抜けると、そこは開放的なダイニング。
銀座の街並や東京タワーを眺めながら、優雅なひとときをお過ごしいただけます。
ランチタイムは気軽なブッフェで、オーセンティックな料理や目の前で仕上げるラクサヌードルをお楽しみください。

ランチブッフェが大人 1,750円(税込)からでこちらを利用しましたが、窓際の場所を含めて思いの外よかったです。

私がシンガポール料理が好きなだけで、得意ではない人には普通のランチブッフかと。

中華料理 

新宿御苑 礼華

「礼華」は四季折々の美しさと出合える新宿御苑に面し、春の桜、夏の深い緑、秋の紅葉、冬の日だまりと
さまざまに表情を変える自然が身近にあります。
季節の移ろいが目の当たりにできる店内はパーティションによっていくつもの個室にも仕立てられる空間。
プライベートなご会食から多人数のパーティまでスペースの使い方もお楽しみいただけることでしょう。

「礼華」の味は上海料理の伝統をベースにしながらその枠にとらわれない新たな感覚も盛り込み、
つねに食材、産地、技法などを追求し続けています。
食材の個性を最大限に引き出し、油脂分を控えめにした繊細な味わい。
おもてなしの心を一品一皿にこめてご来店くださる皆様にいつも喜んでいただけるよう努めております。

都庁前(ハイアットリージェンシー東京) 翡翠宮

中華を新宿でお探しならハイアットリージェンシー東京の『翡翠宮』にご連絡下さい。中国宮廷料理の伝統を継承した料理長と一流の料理人たちによる北京・上海料理の逸品をご提供しております。

中華界の個人的ナンバー1です。

ハイアットリージェンシー東京は結婚式の料理も美味しいことで有名です。結婚式の料理については、あまり美味しくないという印象を持っていましたが、実際、友人の結婚式でこちらに参加して納得の味でした。

懐石料理 

銀座 甍(いらか) 

目で愉しむからだ想いの美食。築地市場や京都から直送される、旬の味覚がずらり。素材を活かす薄味で、目にもご馳走な四季折々の懐石料理を。数寄屋造りの落ち着きのある店内には、大小様々な個室も充実。冠婚葬祭のご宴会、接待、記念日のお祝いに最適です。

接待などで利用するのにいい感じのお店でした。

 割烹

神楽坂 加賀

 

ぐるぐるナインティナイン「ゴチになります!」に出演したので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

夜は接待などに利用されるようなお店なので、パッと見はすごく敷居が高いのですが、お昼のメニューだと1,000円代からとそれほど高くありません。

お祝いの席に会席料理のコースとして使用しました。

横浜 田中家

幕末の偉人、坂本龍馬の妻おりょうは、龍馬が暗殺された後、ここで住み込みの仲居として勤めていました。

こちらは東京ではありませんが、坂本龍馬が好きな人は一度来店したくなるのではないでしょうか?

また、こういうエピソードとかあると、そこまで親しくない人と行っても会話の糸口になったりするので好きです。 

若干こちらから催促した感は否めませんが、「田中家」のロゴが入った「お箸」までいただき、サービス精神には頭が下がりました。

お寿司

白金台 すし兆

都営三田線・南北線は白金台駅より徒歩5分の場所にある寿司屋、白金台の鮨「すし兆」。
上質なネタを厳選し、枠にとらわれない握りを提供しております。特筆すべきは女性に人気の野菜鮨。旬の野菜に最適な調理を加えてお出しする逸品です。
出来上がり、その姿容もなかなかお目にかかれない美しさ。口どけ、味わいは、“うまい”に加えてオリジナルな舌触り。例えば「芽ねぎの握り」は食感と豊かな風味に、うずらの卵がシャリの酸味を調和させるという働きでもって絶妙なバランスを形成します。お越しくださる方全員に推薦したい自慢のひと品です。
ランチは、名物の「おまぜ」(海鮮ばらちらし丼)が一押し、太鼓判です。ボリュームたっぷりのちらしずし。このお時間だけという限定メニューではありますが、多くの方にお召し上がりいただきたい代物です。
またディナーに当店をセレクトされた際は、ぜひコース料理を満喫してみてください。高級感やリッチな雰囲気とともに旬の魚介とお野菜、食材の味が活きるメニューの数々でおもてなしいたします。美味の連続、ぜひお試しのこと! 

今まで行ったお寿司のお店では個人的にナンバー1で、芸能人にも人気のようです。 

このお店で「のどぐろ」のお寿司を人生で初めて食べて「のどぐろ」にハマりました。

鉄板焼き 

恵比寿 嬋(ぜん) 

恵比寿駅から徒歩10分ほどの駅前の喧騒を離れ、住宅街の一角にある古民家を改装した一軒家レストランで、 一見普通の住宅のようですが、店内へ入ると、そこには洋館のようなモダンでスタイリッシュな空間が広がる。

場所がなかなか見つけにくい隠れ家的なレストランですが、雰囲気が凄く良いお店なので特に女性とのデートなどには、かなりオススメできます。

かくいう私は、なぜか30代の男性2名で行きましたがw

ハンバーグ

市ヶ谷 ライムライト

ハンバーグといえばミート矢澤が有名ですが、個人的にはこっちの方が好きです。

時間を間違えると行列に巻き込まれてしまうので注意が必要

油そば

早稲田 東京麺珍亭本舗

 

知る人ぞ知る東京名物《油そば》創業20年東京麺珍亭本舗の油そばとは?

油そばとは知る人ぞ知る東京名物です。一見ラーメンの様に見えますが、スープがありません。 スープの代わりに酢とラー油が配合された東京麺珍亭本舗オリジナルのタレを モッチリとした歯ごたえのある中太麺と絡ませて食べるちょっと珍しい食べ物です。 「油」という文字から脂っこそうに思えますが、絶妙な油加減のタレが好評で、女性のお客様からもご好評を頂いております。 またラーメンと比べてスープがない分カロリーが意外と低いのも特徴です。 他に似た食べ物がなく、何とも説明し難い東京麺珍亭本舗の油そば。この機会に是非、東京名物油そばをお試し下さいませ。

ケーキ

新宿御苑 ケンズカフェ東京

メニューは、「ガトーショコラ」だけです。

冷やす・常温・温めるの3通りの食べ方をで味が変わるのが最も大きな特徴で、切り分けて、冷やして食べれば口どけが極上の生チョコに、常温ではテリーヌのようなねっとりとしたまろやかな甘さに、少し温めて食べると高級感たっぷりの香り高いフォンダンショコラと変化を楽しめるのが魅力です。

 まとめ

美味しいもの食べるの好きなので色々なお店に行ったのですが、ほとんど忘れてしまっているのでこれからはなるべく印象に残った店については記録しておきます。

 

食事中に写真撮ることに抵抗あるので店によっては撮影していなかったり、あるいは撮影していたとしても既になくなってしまっているのも多いですが、今後再び赴いた際には追記していきたいと思います。

 

また、書いていて思ったのは、私の印象に残っているお店は、ほとんど新宿と有楽町エリアだったw

オススメ情報カテゴリの最新記事