株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

東証1部上場企業勤務とは…

   

東証1部上場企業勤務ですと言う人を良く見かけますが、東証1部上場企業に勤務しているとはどういうことなのでしょうか?

それは、誇るべき又は幸せなことなのだろうか?

普通に考えると、多くの就活生は「やりたいこと」より「安定」や「待遇」を求めるので、就職希望として大企業に殺到することになると言うことは理解できます。

その中でも、数少ない大企業、特に東証一部上場企業に内定を貰えれば、世間的にはエリート扱いとされているのでしょう。

ただ、株式投資をやっていると見方は変わってくるかもしれません。

東証一部上場企業の概要

東証一部上場企業とは、どのような企業なのでしょうか?

上場する為にかなり厳しい審査がある為、企業の数としても多くありません。

各種データがありますが、一般的には日本国内には全部で400万社近くあるとされていますが、東証一部に上場しているのは約2000社に過ぎず、割合にするとたったの0.05%となっています。

従業員数で見た場合、労働人口が約4,800万人であるのに対し、東証一部上場企業は300万人程度となっています。

年収で見ると、東証一部上場企業に限定した場合の平均年収は700万円程度と高い数字になっています。

当然、東証一部上場企業の中でも平均年収が2000万円程度ある会社もあれば、逆に300万円程度の会社もあり、東証一部の企業に入社したからといって高年収になるとは言えませんが、平均的には高い給料を得られることが多いです。

東証1部上場企業と一口に言っても…

こうした一般論とは別に、自分で株式投資をするようになり、様々な企業を調べたりすることでより思いが顕著になったのですが、「この企業が東証1部なの?」と疑問に思う企業が結構あったりします。

今のように多くの企業を知る前、特に学生時代などは、東証1部上場企業で勤務しているというのは数少ないエリートなんだろうなという漠然とした思いを抱いていましたが、今は東証1部上場企業と一口に言っても、糞決算ばっかり出す大したことない企業ばっかりじゃんと斜めに見ています。

東証1部上場企業勤務は「エリート」?

「エリート」という言葉をよく耳にしますが、これらの定義って何なのでしょうか?

絶対的な基準なんてありませんが、私の基準では東証1部上場企業に勤務していることではなく、「就職偏差値ランキング」のSランクに該当する企業やそれらに相当する職場で働いている人は所謂エリート、なんだろうなと漠然と捉えています。

「就職偏差値ランキング」とは、学生時代に大半の人が興味本位で見たことがあるであろう企業を大学みたいに入社難易度で表現したランキングのことです。

実際に企業に入社して働き始めると、入社難易度なんて一瞬優越感に浸れる程度のくだらないものなのですが、大学受験を一生懸命やってきたような人間は、悲しいことですが、自分のやりたいことではなく、こうした年収が高く入社難易度が高い企業を選びがちです。

要すれば、高校、大学と受験勉強を突破しキャリアを積んだ方にとっては、企業も同様に偏差値別で区分でき、より高い偏差値の企業の方が価値が高いと感じてしまうのでしょう。

民間企業の王者といえば外資系金融や総合商社など、年収が高い企業を思い浮かべる人が多いと思いますが、実際、私も学生の頃は就職偏差値ランキングを参考にしていました。

今思うと非常にくだらないものですが、Sランクとかの表現の仕方が幽遊白書のS級妖怪とかを連想させて中2病から抜け出せない私の心を鷲掴んだのでしょう。

当然、企業は大学とは異なり、試験が出来るから採用されるのではなく(当然、一定水準の能力は必要ですが)、「相性」や「マッチング」が全てを左右します。

言い換えると、企業ホームページを研究して、その企業が求めている人材を演じきれる演技力があるか否かが最も大事な要素です。

今から就活をする人には、入社するのが難しい大企業に入るのは幸せなことではなく、物凄いくだらないエリート意識をもった人がたくさんいるし、企業規模が大きくなるほど、部署ごとによって、全く別会社のように機能する為、部署によっては信じられないほどブラックな環境であることも非常によくあるということを強く意識してほしいと思います。

当然、企業規模が大きいと、興味がない分野のことも経験としてやらされ、自分の好きなことができない可能性も大いにあります。

文系就職偏差値ランキング

[69] 国際協力銀行 日本銀行 野村證券(GM) フジテレビ 三井不動産 三菱地所 YCP

[68] 経営共創基盤 集英社 東京海上(SPEC) ドリームインキュベータ 日本政策投資銀行 日本テレビ 日本取引所 野村證券(IB) 三菱総研

[67] 講談社 小学館 テレビ朝日 電通 日本生命(AC) 野村AM 三菱商事 みずほ証券(IB) みずほFG(GCF) SMBC日興証券あ(セルトレ)

[66] 第一生命(FE) 大和証券(GM) 日本郵船 博報堂 みずほFG(GM/AM) 三井物産 三菱東京UFJ(戦財/FT) 三菱UFJモルガンスタンレー(IB) SMBC日興証券(IB) TBS

[65] アセットマネジメントone 伊藤忠商事 コーポレートディレクション 商船三井 住友商事 大和証券(GIB) 大和投資信託委託 テレビ東京 トヨタ 日本財団 野村総研(コンサル) 三菱東京UFJ(GCIB) 三菱UFG国際投信 GCAサヴィアン JICA JR東海 NHK

━━━ Sランク ━━━

[64] 朝日 共同通信 国際石油帝石 準キー 新日鐵住金 大和住銀投信投資顧問 日経 ニッセイAM 日本経営システム 日本証券金融 任天堂 丸紅 三井住友AM 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 読売 JXエネ

[63] 旭硝子 味の素 出光シェル サントリー 証券保管振替機構 信越化学 全銀協 損保協 中電 東急不動産 東ガス ドコモ 日証協 日本相互証券 農林中金 野村総合研究所(ITソリューション) ホンダ 三井住友トラストAM 三菱重工 JFEスチール NTTデータ経営研究所

[62] アビームコンサルティング 小田急 キリン 京王 シグマクシス 住友不動産 損害保険料率算出機構 東急 東京海上日動 東京建物 東電 日産 日本総合研究所(コンサルタント) 阪急 三菱化学 三菱UFJ信託 日本総研(コンサル) みずほ総研(コンサル) JR東 JRA

[61] アサヒ 上田八木短資 関電 川崎汽船 時事 村田製作所 住友化学 セントラル短資 大ガス 大和総研(リサーチ) 中日 東京短資 東燃 日清製粉 日本生命 日立コンサルティング 富士フィルム 毎日 みずほ情報総研(リサーチ) JR西

[60] 花王 サッポロ 資生堂 首都高速 双日 デンソー トーア再保険 豊田通商 日揮 日本郵便 日立 三菱電機 三菱東京UFJ(OP) JT KDDI R&I

━━━ Aランク ━━━

[59] 産経 地電 電源開発 NEXCO中 NTTデータ 東レ 富士セロ 川崎重工 コマツ 住友電工 森トラスト キーエンス キヤノン ANA 三井住友信託 武田薬品 三菱マテリアル ブリジストン

[58] SMBC JFC MS海上 NKSJ 第一生命 3Mジャパン 日東電工 森ビル NEXCO東西 三菱倉庫 メタルワン 神戸製鋼 伊藤忠丸紅鉄鋼 旭化成 三井化学 IHI ADK ソニー

[57]みずほ銀行(OP) あいおいニッセイ同和 明治安田生命 住友生命 商工中金 郵貯銀行 NTT東西 野村不動産 私鉄下位 阪神高速 JX金属 JSR 豊田織機 リコー NTTコム 富士通(SE除く) クラレ 帝人 富士通総研 日本能率協会コンサル

[56] JR九州 昭和電工 古河電工 島津製作 ニコン 鹿島 住友金属鉱山 宇部興産 住友倉庫 ソフトバンク かんぽ生命 日本総研(IT)

[55]りそな銀行 日立化成 日本製紙 日本板硝子 大陽日酸 積水化学 バンナム 三菱ガス 化学 YKK オムロン アドバンテスト コニカミノルタ 明治製菓 大林組 清水建設 竹中工務店 三井倉庫 大和総研(IT) みずほ情報総研(IT)

━━━ Bランク ━━

入社難易度が高いから素晴らしい会社という訳ではない

これからどこの企業を受けようか考えている方にはぜひ以下の点を考慮してほしいです。

※余談ですが、私は一応Sランク相当の職場で働いています…

こういう指標があると話としても面白いし、無駄な優越感に浸れるかもしれませんが、入社後に入社難易度が分かっても何の得もありません。

仕事探しは大学選びとは全く違い、ただ入社難易度が高い企業を追い求め、自身の興味とは異なる企業を選択しても、待っているのは地獄だけです。

辛くて一瞬で闇の住人に落ちます…

自分がやりたいと興味を持って入社した企業でなら、辛いことも耐えられるかもしれませんが、興味ないことを長時間やらされるほど苦痛なことはありません。

大半の人にとって、仕事は人生の大半の時間を捧げることから重大な選択を伴います。

だからこそ、自己分析をしっかりと行い、自身にあった仕事を選択する事が非常に重要となり、そこに入社難易度が入り込む余地など全くないと今では思います。

従って、自分のやりたいことがたまたま入社難易度が高いような企業にあった場合にだけしか、こうした企業に入社することをオススメできません。

そんな努力するなら株式投資に目覚めよ?

そんな努力をするくらいなら、少しでもマネーリテラシーを高めて株式投資をすることを選択した方が良いと思います。

ただ、自分の頭で考えて自己責任でやれる方に限定しますが…

新卒時にこうしたことを教えてくれる人がいたら、私ももう少し早く株式投資に目覚めて誤った方向に進まずに闇の住人になることはなかったかもしれません。

本業だけでも辛いのに、株式投資をしているとそれなりの精神的負荷がかかるので闇の住人になっている可能性も否定できませんが….

株式投資に目覚めるきっかけとは?

 - 投資全般, 株式投資