株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

幸せのちから

   

基本情報

原題: The Pursuit of Happyness
ジャンル:  ヒューマンドラマ
上映時間: 117分
製作国: 2006年  アメリカ
監督・脚本: ガブリエレ・ムッチーノ
出演:  ウィル・スミス等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:91点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

全財産21ドルから億万長者へーー。そんな夢のような人生を本当に実現させた男がいた。 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、預金も底をついてしまう。そんなクリスの最後に選んだ道は、自分の才能を信じて一流証券会社へ入社することだった…。

予告動画

 

感 想

本作は、ホームレスから億万長者になった男の実話です。私はこういう実話に基づいたストーリーが好きなので、本作は何度も見てますが、何度見ても素晴らしい作品です!特に、最後にブローカーとして採用が決まった時のウィル・スミスの演技には、思わず感情移入して見ていたこともあり、涙が流れてきました。しかも、実話に基づいているにも拘らず、ストーリーもしっかりと起承転結があって引き込まれます。

一文無し、家無し、妻無しの最低状態で、無給の株式ブローカー養成コースに入った男が、いかにして毎晩のベッドを確保し、食費を捻出し、5歳の息子の面倒をみながら研修に通ったのかというのが大きなストーリの流れですが、常人では絶望するような状況下での根性や意思の強さには敬服します。自分も、毎日もっと頑張らなければと思わせてくれるような素敵な作品でした。

この映画で1番考えさせられたことは、「天才」とはなんなのかということです。ガードナーが成功したのは、彼がもともと頭が良かったこともあると思いますが、それ以上にあれだけの逆境でも心が折れない強さと、諦めることをしない努力の天才だったことが一番大きいと思います。もちろん、ほんの一握りですが、たいして努力もせずに大成できる人間も確かに存在しますが、本当に成功する人間は、努力を継続できる人間、すなわち「努力の天才」の方が多いと思います。

 - ヒューマンドラマ, 映画鑑賞