【投資で一番大切な20の教え】賢い投資家になるための隠れた常識を読んだ感想

【投資で一番大切な20の教え】賢い投資家になるための隠れた常識を読んだ感想

世界一の投資家バフェット推薦

バフェットも「極めて稀に見る、実益のある本」として本書を大絶賛するのみならず、本書を大量に購入し、バークシャー・ハザウェイの株主総会で配布している良書です。

 

著者のハワードマークスが本書について「投資のマニュアル本を書いたつもりはない。

 

むしろ本書は、私の投資哲学の声明文である。

 

この投資哲学は私の信条であり、投資キャリアを通じて、宗教のような存在であり続けている」と述べていることからも明らかなように、本書には投資家が適切な判断を下し、そしてそこかしこに待ち受けている落とし穴を避けるのに役立つであろう思考方法を紹介しており、投資哲学とハワードマークスが呼ぶ彼の考え方が提示されています。

20の教えと題するハワードマークスの投資哲学

  1  二次的思考をめぐらす

  2  市場の効率性(とその限界)を理解する

  3  バリュー投資を行う

  4  価格と価値の関係性に目を向ける

  5  リスクを理解する

  6  リスクを認識する

  7  リスクをコントロールする

  8  サイクルに注意を向ける

  9  振り子を意識する

10    心理的要因の悪影響をかわす

11  逆張りをする

12  掘り出し物を見つける

13  我慢強くチャンスを待つ

14  無知を知る

15  今どこにいるのかを感じとる

16  運の影響力を認識する

17  ディフェンシブに投資する

18  落とし穴を避ける

19  付加価値を生み出す

20  すべての極意をまとめて実践する

印象に残った投資哲学

1  二次的思考をめぐらす

 

個人的には、この部分が最も根幹となる投資哲学だと考えています。

 

それは、著書の「投資においては、科学よりもアートの要素が強い」という言葉に端的にその意図が込められています。

 

私の解釈で翻訳すると、「投資においては、優れた洞察力や直感、価値観、思考力など、言語化出来ないセンスの要素が強い」となります。

 

本書は「逆張りのバリュー投資家」が最も優れていると主張しているように感じましたが、これは単に各種数値の計算に止まらない思考を必要とします。

 

例えば、株式投資に関しては特有の各種数値が存在しますが、自戒を込めると、それを整理しただけで定量分析している気になっているファンダ投資家と称する人々もいるのではないでしょうか?

 

これは単なるデータオーガニゼーションであって、分析ではありません。

 

すなわち、ハワードマークスの言葉を借りると一次的な単純な思考です。

 

多少の勉強は必要でしょうが、少し努力すれば誰でもできます。

 

これを否定しているのではなく、このデータオーガニゼーションも一つのファクトとして重要な要素ですが、分析とは呼べないというだけです。

 

幾らかの知的作業はあるかもしれませんが、決算短信の数字をパラメータとして当てはめるだけです。

 

他方、定性情報は評価基準が変動するので一定ではなく、どちらかというと感覚的な要素が強く、これを如何に評価するのかということが各人によって大きく変化する類のものです。

 

ビジネスモデル分析とかではなく、世の中のトレンドや単に企業の成長だけでなく市場での評価といった株価の値動き等まで考慮する必要があり、2次的思考の最たるもので、現在はこの境地を目指しています。

 

こうした考えが根底にあるので、私はPERなどは参考程度であまり重視しません。

 

賢い人はこの難しさが分かるので、敢えて外食や小売のような理解しやすく分かりやすいものに特化して戦略的にやっているのだと思います。

 

この点、kyleさんが私の言いたいことを以下のように簡潔にまとめてくれていました。

 

本人は良く「雰囲気投資」と呼んでいますが、定性情報の数値化というさらに高度な代物になっていますw

 

言語化するのが難しいので「雰囲気投資」は絶妙なウィットが効いた表現ではないでしょうか

定量情報に関しては決算短信の数字をパラメータとして当てはめるだけなので算出自体は簡単なのですが、定性情報はそうはいきません。個人的には定性情報次第で最大3倍程度の適正株価の差が生まれると考えているため、ここを以下に数値化しモデルに落とし込むか、というのが自分の中での一つの課題になっています。

 

しかしながら、改めて考えてみると定性情報をいかに数値化するか、というのは非常に難しい問題だと思い知らされます。なぜ難しく感じるかというと、定性情報の評価基準というのは絶えず変化を続けるものであるという考えが根底にあるからです。極端なことを言えば、ある特定の定性情報に対する市場の評価がたった1日で半分、もしくは倍になってもおかしくないということです。そのため、今日通用していた定性分析モデルが明日は通用しないということは頻繁に起こり得るのです。

 

この定性情報の分析能力(あるいは市場のそれに対する評価基準の変化を捉える能力)が高い人のことを、私は「株のセンスがある」人だと思っています。個人的にはこの能力を高めるには、

 

①世の中の情勢、トレンドに絶えず目を向ける

②市場を注意深く毎日観察し、株価の動きから市場の評価基準を捉える

 

ことの両方が大切だと思っています。

所 感

非常に良書だと思います。

 

ただ、それ故に、本書は自分なりの投資哲学を持っていたり、批判的に物事を考えることが出来ない素直過ぎる人が読むと、素晴らしい本であるがために、逆に、本書を読んだ人は影響を受け過ぎてしまう、悪く言えば、洗脳されて自身の選択としてではなく「逆張りのバリュー投資家」を必然的に目指すようになると思います。(手法の批判ではなく、全ての人に合うやり方だとは思わないため主導的に選択するのが良いとの考え)

 

こうした理由から、ある程度自分なりの投資哲学が固まった段階で読んだ方が、より本書の本質を捉えることが出来ると思います。

 

ハワードマークスは、本書について「本書の内容が斬新で、思考力を大いに刺激し、物議を醸しさえすると感じてもらえることを期待している。もし、とても面白かった。これまで他の本で読んだこと全てを裏付ける内容だったと感想をもらす者がいたら、私は本書が失敗作だったと感じるだろう。私の狙いは、読者がこれまでに触れた試しのない投資に関するアイデアや思考方法を伝えることにあるからだ」と述べていますが、

 

私は本書を読んで、思考については大いに刺激されたものの、これまで他の本で読んだことの総復習という位置付けという印象であり、素晴らしい良書であると感じると同時に、意見が合わない部分の方が多いとさえ感じました。

 

また、著者自身が指摘していましたが、各章で同じことを何回も何回も繰り返すので少しくどい感じがしますが、何回も出てくるというのはそれだけ重要だと考えていることの表れであり、特に、タレブ著のまぐれの引用やリスクの概念は繰り返し主張されていました。

 

基本的にディフェンシブな考え方なので現在の相場にはそぐわないかもしれませんが、今のような何でも上がる相場だからこそ、値動きについていくのも大事ですが、こうした視点も忘れてはいいけないと改めて思わせてくれ、機会を捉えてなんども読み返したくなる類の本だと感じました。

投資関連の書籍カテゴリの最新記事