株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

靴職人と魔法のミシン

   

基本情報

原題: The Cobbler
ジャンル: コメディ
上映時間: 98分
製作国: 2014年  アメリカ
監督・脚本: トーマス・マッカーシー (Thomas McCarthy)
出演: アダム・サンドラー(Adam Sandler)、ダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)、スティーヴ・ブシェミ(Steve Buscemi)等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:30点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

ニューヨークの下町にある小さな靴修理店で働く中年男マックス(アダム・サンドラー)は、老母と生活しながら特に何の変化もない毎日を送っていた。ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖より代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身する。魔法のミシンによって他人の人生を体験できる楽しさに夢中になった彼は親孝行を思い立つが、予期せぬトラブルが生じ……。
出典:シネマトゥデイ

予告動画

感 想

 期待を見事に裏切られた作品

本作は、「カールおじさんと空飛ぶ家」の脚本を担当した事でも有名なトム・マッカーシーによる創作のストーリーであり、特に脚本で高い評価を得ている監督の製作作品であること、アダムサンドラーが主演で、脇役も豪華な面々ということで予告編を見てみても面白そうでしたので期待していましたが、見事に期待を裏切られました。昔は、アダムサンドラーが出ている作品は基本的に面白い作品が多かった印象がありますが、近年はヒット作に恵まれていない感じがします。本作は、中身に触れる内容を書かない方がいい作品なので、中身については言及しませんが、アダムサンドラーの良さも全く生かされていないし、最後のラストも展開が簡単に読めてしまうし、メッセージ性も笑いもないしダメダメだと思います。大人のファンタジー・コメディを謳っていますが、笑える要素が特になく、期待が大きかったので余計にがっかりしました。今までにないスタイルの映画といえば、聞こえはいいですが、完全にやってしまった感があります。ぜひ、ダメっぷりを自分自信で確かめて見てください。

作品から学ぶ英語表現

 She’s a pretty girl. You should step up to the plate.

対訳:彼女は可愛い子だよ。お前は積極的に行動に出るべきだよ。

step up to the plateは「積極的に行動する」の意味。

 - コメディ , ,