【10倍に大化けするテンバガーの見つけ方・特徴】過去の10倍株を一覧にまとめてその難しさについて考える

【10倍に大化けするテンバガーの見つけ方・特徴】過去の10倍株を一覧にまとめてその難しさについて考える

投資を始めた頃に多くの人が夢に抱くテンバガーについてまとめてみました。

 

最初に、テンバガーの意味を簡単にみていき、その後に過去の10倍株を一覧にしてまとめます。

 

次に、10倍株になる銘柄の特徴や傾向を見ていき、その上で、現実的にテンバガー銘柄を狙うことの難しさや私の考えなどについて書いていきます。

テンバガーの意味:10倍に「大化け」する株

「テンバガー(ten bagger)」とは、株価が10倍に跳ね上がる株(10倍株)を意味します。

 

ハンバーガーのバーガー(Burger)と勘違いしていた人もいるかもしれませんが(そんな人いない)、もともとは野球の用語「Bagger(バガー:〜塁打の意味)」で、「1試合で通算10塁打」という大記録を達成することを意味していましたが、ウォール街で「株価が10倍に大化けした株」という意味で使われるようになったと言われています。

 

この言葉を世に広めたのは、米大手運用会社フィディリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用し、2,000万ドルだった資産を140億ドルへと育て上げた伝説のファンド・マネージャー「ピーター・リンチ」です。

 

株で勝つピーター・リンチの株式投資の法則 投資哲学や銘柄選びの秘訣

過去のテンバガー銘柄

2015年くらいまで遡って見ると、40銘柄くらいありました。

 

上場銘柄は大体3,500銘柄ですし、実際、10倍以上になるまで持ちきれるかという点を除くと、こうしたテンバガー銘柄を触っていたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、それを十分な量を買って最後まで持ち続けた人はほぼ皆無でしょうが…

 

経験ある人も多いでしょうが、仮にこうしたスター銘柄を見つけて買っていたとしても十分な量を買って最後まで保有できなければなんの意味もありません

2018年の10倍株一覧

まだ1年終わってないので分かりませんが、以下の銘柄あたりが大きく値上がりした印象があります。

 

  • ジャストプランニング
  • ALBERT
  • オウケイウェイヴ
  • バルクHD
  • レノバ
  • 共同ピーアール
  • ブレインパッド
  • エスプール
  • ソネット・メディア
  • すららネット

 

この中だとエスプールについては職場の同僚から良さげと教えてもらい購入を検討していたが踏み切れませんでした()

2017年の10倍株一覧

順位 銘柄 値上がり 業種・特徴
1 サイバーステップ 21.4倍 ゲーム  
2 ペッパーフード 14.1倍 好調な業績、1部鞍替え、海外展開
3 アイケイ 13.8倍 事業転換
4 リミックスポイント 12.6倍 業績、仮想通貨
5 五洋インテックス 12.2倍 半導体、人工知能
6 夢展望 11.3倍 RIZAPグループの業務委託
7 ASJ 11.0倍 経産省「IT導入支援事業者」認定
8 大興電子通信 10.2倍 商社
9 北の達人 10.1倍 好調な業績 

最後まで信じて保有できなかった「北の達人」は株価を見たくない銘柄です…

 

【北の達人の株価が10倍でテンバガー】会社の信頼性や商品の評判が理解できずに持ち続けれませんでした

2016年の10倍株一覧

順位 銘柄 値上がり 業種・特徴
1 ブランジスタ 34.9倍 ゲーム
2 雑貨屋ブルドッグ 19.6倍 低位株
3 さくらインターネット 15.6倍 フィンテック
4 ドーン 14.8倍 ドローン
5 アキュセラ・インク 13.5倍 バイオ
6 平田機工 13.2倍 有機EL
7 MRT 11.7倍 遠隔診療
8 ジー・スリー 10.8倍 低位株
9 アスコット 10.6倍 中国、不動産
10 タツモ 10.4倍 有機EL
11 ジグソー 9.8倍 IoT
12 イグニス 9.6倍 ゲーム
13 グリーンペプタイド 9.5倍 バイオ

2016年は私が買いそうな銘柄はありませんでした

2015年の10倍株一覧

順位 銘柄 値上がり   業種・特徴  
1 FVC 30.3倍   ZMP(自動運転)
2 ガーラ 25.9倍   スマホゲーム
3 FFRI 18.5倍   セキュリティ、IPO
4 アイスタイル 18.5倍   化粧品サイト
5 コンピュータダイナミック 16.8倍   データ検索高速化
6 サハダイヤモンド 15倍   超低位株
7 カルナバイオ 14.7倍   バイオ
8 モルフォ 14.2倍   画像処理、業績
9 エヌジェイ 14倍   ゲーム
10 REMIX 13.8倍   エネルギー、仕手
11 ラオックス 13.4倍   インバウンド
12 アクセルマーク 12.7倍   スマホゲーム
13 アイサンテクノロジー 12.5倍   自動運転
14 宮入バル 12.1倍   水素
15 アクロディア 11.1倍   スマホゲーム
16 RSC 11倍   防災防衛
17 健康コーポレーション 10.9倍   ライザップ
18 倉元 10倍   マグネシウム電池
19 アートスパーク 9.7倍   ZMP(自動運転)
20 リアルビジョン 9.6倍 買収、業績、仕手

この中だとアイスタイルは買っていた時期があります

テンバガーになる銘柄の条件・傾向とは?

「17年は「10倍株」の当たり年? 大化け株はこう探す」と題する NIKKEI STYLEの記事の中に、以下のようなテンバガー超え銘柄の共通点が記されています。

NIKKEI STYLEの指摘する傾向

 

 

ニューズウィークが指摘する傾向

また、これら実際にテンバガーとなった銘柄を分析すると、次のような傾向があるとニューズウィークが指摘しています。

 

・時価総額が300億円以下の中小型株

・上場から10年以内の企業

・低い株価で推移していた低位株

・新興の産業やベンチャー企業

・旬のテーマや話題性のある企業

・業績が急拡大、または急拡大が予想されるもの

 

業種としては、サービス業、インターネット通信業、IT関連企業に多い傾向があります。

時価総額300億円以下の中小型株

企業のサイズ(時価総額)は株価の動きに大きく影響します。

 

時価総額は「株価」に「発行済株数」をかけて算出します。

 

時価総額が大きいとあまり値動きがなく、小さいほど値動きは大きくなります。

 

特に小型株は、「浮動株(市場に幅広く流通して常に売買されている株)」が比較的少なく、大型株よりも上昇する可能性が大きくなります。

 

市場に流通している株数が少ないために、株価上昇につながる材料があると一気に品薄状態となり、株価が10倍、20倍と大きく膨れ上がるためです。

 

そのためテンバガーを狙うなら、東証1部上場銘柄ではなく、東証2部やマザーズ、ジャスダックに上場している中小企業で探すことをお勧めしますと紹介されています。

最近では最も印象深いのはそーせいグループ

その中でもとくに印象深いのはバイオ祭りをけ牽引したそーせいグループではないでしょうか。

 

【4565】そーせいグループ
倍率:297.5倍
安値:22円(2008年)
高値:6,545円(2016年)
 

創薬ベンチャーなので、安定した売り上げが無い特徴的なビジネスモデルではありますが、297.5倍の成長はマザーズ市場でも最大の上昇倍率となります。

 

ファーストリテイリングの235.6倍の記録を超えていたではないですか()

 

その他マザーズ上場中のテンバガー銘柄

銘柄 業種 上昇倍率
【3742】ITbook 情報・通信業 139倍
【3782】ディー・ディー・エス 情報・通信業 94倍
【2497】ユナイテッド サービス業 60倍
【2438】アスカネット サービス業 45倍
【4824】メディアシーク 情報・通信業 41倍
【3652】DMP 情報・通信業 34倍
【2121】ミクシィ サービス業 32倍

 

その他たくさんのテンバガーがマザーズから誕生しており、中にはマザーズから東証一部へ昇格した銘柄も、その後現在まで成長を続けている企業が多いです。

 

マザーズから東証一部へ昇格したテンバガー銘柄

銘柄 業種 上昇倍率
【2379】ディップ サービス業 110倍
【3769】GMO-PG 情報・通信業 71倍
【2120】LIFULL サービス業 69倍

(上昇倍率は過去20年の最安値と最高値より算出)

テンバガーを狙うのは現実的か?

前置きが随分と長くなりましたが、これらのデータを踏まえ、ここからが本題です。

 

テンバガーとはなんとも夢のある話なんでしょうか。

 

特に、株を始めた初期の頃などはテンバガーとか夢のある話で自分も掴んでみたいと思いがちですが、まともに業績の伸びで10倍以上になる銘柄は極めて少ないため、ある程度経験を積んだ人はこうした10倍株狙いなどはやらないでしょう。

 

また、仮に10倍以上になる銘柄を持っていたとしても、普通の精神力の人は絶対に持ち続けることができません。

 

実際、テンバガー以上になったという人もいるでしょうが、その99%は少量しか保有していない、あるいは途中で売り上がっていくでしょう。

2倍〜3倍になる株を探す方が現実的

冷静に考えると、こうしたリスクも高く難易度の高い株価の上げを狙わなくても、2倍〜3倍になる株は意外とたくさんあります。

 

そうした銘柄を探したり、短期間に30%くらい値上がりする銘柄の売買を繰り返したりする方が遥かに現実的に達成することが可能だと思います。

 

というのも、こうした10倍以上になるくらい上昇する株は「稲妻が光る瞬間」と形容されるような上げのフェーズがある一方で、「地面が割れる」ようなとんでもない下げにも耐えることを意味するからです。

 

頭ではそんなの耐えられると思っていても、証券口座にログインしないで買ったことを忘れるくらいの人ならともかく、普通の人は絶対に無理です。

 

自分にできないことを他人ができないと決めつけるのは違うので絶対は少し言い過ぎですが、99%くらいの人は無理だと思います、、

 

実際に、私が3倍で手放してしまった薬王堂のチャートを見てみても、月足で振り返ると、10倍になるまでに1310から797円と40%ほどのドローダウンを最大とし、20〜30%の変動が何回か起きています。

 

日足単位で見ると、10%程度の値上がり、値下がりも頻繁に起きたりしてたくさん保有している場合、値動きに耐えられないと思いますし、普通の人はそんなリスクを許容せずにもっと賢いやり方を選択するでしょう。

 

上がりきったチャートを後から振り返ると、持ち続けられるような気がしますが、他にも値上がりしそうな銘柄が見つかったりすると、機会損失を感じて乗り換えたくなったりと、いろんな雑音の中、実際のリアルタイムで愚直に持ち続けるのはそんな簡単な話ではありません。

 

ただ、私は3倍で売ってしまいましたが、私が薬王堂を紹介して買った友人は、資産の30%くらい入れたままで10倍まで持ち続けました(資金が150万くらいと少額だったことが良かったのかもしれませんがウラヤマシイです。心が狭い私はぐぬぬ、、、)

 

薬王堂の月足チャート 引用:カブタン

メンタル面で耐えられない可能性が極めて高い

 

このように、テンバガー銘柄は、それを見つけることも大変ですが、問題はそこではなく、むしろ仮に自分が掴んでいたとしても、下落のリスクに耐えつつ、十分な量を買い付けて最後まで持ち続けられか否かというメンタル面が最も難しいのではないでしょうか?

 

業績を中心とした下支えがある銘柄であれば、売り時がそこまで難しくないかもしれませんが、テンバガー銘柄の多くは綺麗なロフテッド軌道をチャートが描き、高値から落ちるスピードも尋常ではありません。

 

実際、私自身も10倍以上になるような可能性を秘めた小型株を大量に買っていますが、テンバガーを掴むこと自体が目的ではありません。

 

もちろん、そうなれば良いですが、誰にも想定することができない様々な事象が生起する可能性も当然あるわけですから、現実的には2〜3倍くらいで売却する可能性もありますし、実際に対応できるか否かは分かりませんが、臨機応変に対応する心構えはしています。

 

また、本意ではありませんが、多くの人がやっているように、倍になったら半分売って残りの恩株とする可能性もあり、ケースバイケースでやる方針です。

 

しかしながら、成長株投資をやっている以上、1度くらいはそうした大化け株を全力で掴んで見たいという気持ちも捨て切れないのも事実です。

 

現実的には、ポートフォリオの片隅に500万くらいの少額で買った10倍株を夢見た銘柄が5、000万になるくらいまで付き合うのが精神的にもちょうど良いのかもしれません。

 

さらに言えば、今のような相場のサイクルが終焉するような段階ではなく、相場がボロボロになっているような時に仕込んで長期で値上がりを狙うようなやり方ではない限り現実的には厳しいのではないかと思っています。

 

そして、本末転倒な感はありますが、株はどんなに調査したとしても「運」の要素も大きいので、こうした事実をある程度受け入れらないと色々と厳しいものがありそうです。

 

もちろん、運だけで成功した人は直ぐにそのお金はなくなってしまうでしょうが、、

 

いずれにせよ、何が言いたいかというと、

私の主力も上記に示したテンバガー銘柄一覧に掲載されるくらいの出世株にならないですかね()

株式投資カテゴリの最新記事