株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

俺たちダンクシューター

   

基本情報

原題:  Semi-Pro
ジャンル:  コメディ
上映時間: 92分
製作国: 2008年  アメリカ
監督・脚本:  ケント・アルターマン
出演: ウィル・フェレル, ウディ・ハレルソン, アンドレ・ベンジャミン, デレイ・デイヴィス等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:56

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルによる痛快スポ根コメディ。1970年代前半のプロバスケットボールリーグは、競技性重視のNBAとエンタメ主義のABAが人気を二分していた。ABAのダメチーム「フリント・トロピックス」のオーナー兼コーチ兼選手でソウルシンガーのジャッキー・ムーンは、過去の栄光にすがりながらも何とか試合を盛り上げようと奔走するが……。共演にウディ・ハレルソン。
出典:映画dot.com

予告動画

感 想

本作は、ウィル・フェレル主演の「俺たちフィギュアスケーター」の続編となる作品です。

俺たちフィギュアスケーターはかなり面白かったので本作も期待していたのですが、二番煎じ感が強く少し残念でした。

つまらなかったというわけではなく、私の期待が大き過ぎたようです。

ods_ma_large

出典:映画dot.com

ウィル・フェレルが得意とする下品なネタが満載な作品なので視聴者の評価は分かれるところでしょうが、ふざけながらもバスケットボールというスポーツへの愛を感じるスポーツ映画に仕上がっていると思います。

スポーツ・コメディ映画の定番として笑いの中にも最後は努力して勝利を勝ち取るという過程を面白おかしく描くというものがありますが、本作も感動を誘おうと試みているものの、おバカ要素が強すぎて感動させるには厳しいものがありました。

ただ、負け犬たちが必死に練習して最後に勝利を掴む的なストーリーが好きな方であれば楽しめる作品だと思います。

 

一番笑ったのは、客寄せのために主人公が特設リングでクマと戦う場面があるのですが、さすがにこれには笑いましたw

ウィル・フェレルの真骨頂という感じです ^^) 

ods_sbsb1_large

出典:映画dot.com

主人公のチーム以外はすべて実在のチーム名とユニフォームを使用、股の下からフリースローするシーンなども、ABA選手だったリック・バリーやスラムダンクの桜木花道を想起させました。

私はバスケットボールに関する知識はスラムダンクと黒子のバスケしかないため、よくわからなかったですが、バスケに詳しい人が見たら、色々な小ネタが仕込まれているのではないかと思いました。

また、試合のシーンはバスケ王国の米国だけあり、意外としっかりしており、本格的なバスケ映画とは言えませんが、それなりに仕上がっていました。

ods_sb2_large

出典:映画dot.com

 

 - コメディ, 映画鑑賞