株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

エンド・オブ・ザ・ワールド

   

基本情報

原題:  Seeking a Friend for the End of the World
ジャンル: ロマンティック・コメディ
上映時間: 101分
製作国: 2012年  アメリカ
監督・脚本: ローリーン・スカファリア
出演: スティーブ・カレル、キーラ・ナイトレイ、アダム・ブロディ

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:35点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

地球滅亡を目前に、一緒に旅することになった中年男性と若き隣人女性の姿を、「40歳の童貞男」のスティーブ・カレル&「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイ共演で描いたロマンティックストーリー。地球に惑星が急接近し、もうすぐ人類が滅亡することが判明した。そんな中、妻に置き去りにされた男性ドッジは、ふとしたきっかけで隣の家に住む女性ペニーと仲良くなる。やがてふたりは、ドッジの高校時代の恋人オリビアに会いに行くため一緒に旅に出る。
出典:映画dot.com

予告動画

 

感 想

本作は通常の終末映画とは一線を画す内容となっており、既に地球滅亡が確定した世界と言う設定です。 通常はそうした状況を回避する為にいろいろと策を講じ、結果地球滅亡を救うヒーロー的な存在が登場したりするものですが、本作の設定では、もう既に万策尽き果ていて、あとは3週間後の滅亡を待つだけと言う状況です。全てを諦めた世界と言う設定が逆にいろいろと考えさせられることも多い内容という点においては、素晴らしいですが、私には浅いロードムービー的な印象しか残りませんでした。

出典:Dodge Productions LLC

出典:Dodge Productions LLC


一例として、2人のロマンス的な要素も物語の重要な部分なのですが、
ラストで感動できるほど二人の関係性の深まりを描けているわけでもなく少し興ざめ感もありました。他方で、基本はコメディー映画に出演することが多い、スティーブ・カレルの真面目な演技は逆に新鮮で良かったです。

 - ロマンティック・コメディ, 映画鑑賞 ,