株式投資に目覚めた群馬の至宝

株式投資と柴犬実成(さねしげ)の成長日記

リスク・テイカーズ

   

出典:

出典:amazon.co.jp

相場を動かす8人のカリスマ投資家

■独自の相場観で巨額報酬を得るカリスマ投資家
2008年のリーマン・ショック。誰もが混乱に陥るなか、危機から巨額の利益を上げた投資家たちがいる。その特別な投資家たちは危機を事前に察知することができたばかりか、その後の長期の強気相場を言い当てることができた。なぜ、彼らは未来を見通せたのか。これからの世界をどう捉えているのか。私たちはどうしたらその視点を手に入れられるのか。
■強烈な個性溢れる8人
本書では、ダニエル・ローブ、デイビッド・テッパー、デイビッド・アインホーン、ビル・アックマン、ジム・チェイノス、レイ・ダリオ、カイル・バス、ウォーレン・バフェットを取り上げる。強い信念を持ち、リスクを恐れずに果敢に市場と向き合ってきた歴戦の猛者たちはどんな人生を歩み、成功の秘密にたどり着いたのか。投資総額30兆円、巨額の利益を稼ぎ出す投資家たちに迫る。
■米連邦準備制度理事会(FRB)など各国中央銀行もその挙動に注目
【本書に登場するカリスマ投資家8人】日本に上陸した大物──ダニエル・ローブヘッジファンド報酬ランキングトップ──デイビッド・テッパーリーマン危機を見抜いた空売りの旗手──デイビッド・アインホーン物言う株主の代表格──ビル・アックマン中国が標的の空売り王──ジム・チェイノス運用資産15兆円、世界最大級のヘッジファンド──レイ・ダリオ日本の「不吉な未来」の予言者──カイル・バス伝説のバリュー投資家、オマハの賢人──ウォーレン・バフェット

印象に残った点

ダニエル・ローブ

たくさんのことを知っていることが大事なわけではない。むしろ、その時々でもっとも重要なことは何かを察知できる能力の方が重要だ。(27ページ)

人生のすべてを投資に捧げてきたという自負がある。その「誰にも負けない投資への情熱」が、厳しい市場に打ち勝ってきた最大の要因だ。

デイビット・アインホーン

株式を自分が買ったときには、反対側にそれを手放した売り手がいる。その売り手は、投資先の企業を理解したうえでここが売り時と判断しているはずだ。自分が相手よりも投資先の企業のことを深く理解していなければ、その売り手に勝つことはできない。はたして自分にはそこまでの確信があるのかーーー。自問自答を繰り返しながら、冷徹な市場に自分が打ち勝てるのかを徹底して問う。そこまでやるのが、投資家として生き残る道だと説く。(97ページ)

ジム・チェイノス

ボールドウィンの一件から、チェイノスは2つの重要なことを学んだ。ひとつは、どんな局面でも自分の信念を貫き通すこと。市場は往々にして間違える。そんなときでもぶれない姿勢を持たなければ、厳しい市場で生き残ることはできない。もうひとつの気づきは、空売りという投資手法は莫大な利益をもたらす可能性を秘めているということだった。市場が間違えれば間違えるほど、真実が明らかになったときに空売りで得られる利益は莫大になる。(161ページ)

レイ・ダリオ

そもそも失敗とは、現実をありのままに受け入れ、適切に行動することができなかった結果としてあるものだ。多くの人が過ちや弱さは悪いものだと考えているが、「それは大きな誤りだ」とダリオは主張する。なぜなら、失敗や過ちを通じて、人々には学ぶ機会が与えられるからだ。失敗したことと真摯に向き合い、苦い経験をどう乗り越えていけるかがその後の人生の決定的な違いを生む。投資の世界で長らく戦ってきたダリオだが、自らの運用戦略がいつも正しいとは限らない。だいたい3分の1ぐらいは失敗といってもいいぐらいだ。なぜ失敗したかを学ぶことで、投資家としても成長できる。「私は過ちや、問題を愛している。」ダリオはそう語る。

感 想

 リスク・テイクについて

読後に一番感じたことは、もう少しリスクを取るべきかなという漠然と感じていた気持ちに対する解を得たという気持ちです。一発で退場するリスクを軽減するためにも適度な分散は必要だと思う反面、それ以上に、運用資産が少ない段階では、分散はほとんど意味がなく、強気な集中投資をしないと資金が増えないという現実について、最近自分の中でかなり問題視しています。とはいえ、なんの勝算もない無謀な勝負に出るほど愚かではなく、リスク・リワード・レシオが著しく有利な時限定で使いたいと考えています。失敗すれば大きなダメージを伴う諸刃の剣であることは重々承知していますが、私のように運用資金が500万~1000万以下と少額の場合は特に、資産を大きく増やすためには、この段階でまぐれでもなんでもいいので大きく勝負に出る必要があると考えています。さすがに今のような相場状況で行動に出る勇気は私にありませんが、その時に向けて現在、粛々と準備を進めています。最近は投資を始めた当初に比べ、プロセスや手法よりも、まぐれでもなんでもいいので結果を出す重要性を強く意識するようにしています。

空売りに対する考え方が変化

私は本書を読んで空売りについての考え方が多少変化しました。より正確に言えば、変化したというよりも、あまり興味なかったので知見がなさ過ぎた可能性も大です。

昔は訓練を重ねれば、どんな人でも優秀な空売り投資家になれるのだとの考えの下、空売り投資家になるには一定の「資質」が必要と考えていた。他人に間違っているとずっと言われ続けながら、それでもそうした意見に抵抗していくのはとても大変な作業だ。反対の声にじっと耳を傾け、何か自分が知らない情報が含まれていないかを確かめた上で、あなたの考えはわかったが、私はこう思うと主張するということをできる人は意外と少ないと思う。何より大事なのは、自我の中に絶対的な核を持つことだ。どんなに周囲から批判されるようとも、これだと信じるものがあれば、自らの道を突き進む。人々の心理が複雑に交錯する市場の波にのまれ、その雑音に振り回されていてはだめだ。

「自分の考えを貫き通す意思の強さ」と「他者の意見も取り込むことができる柔軟性」、この二つのバランスを取ることは口で言うほど簡単ではありません。自分では努めて他者の意見に耳を傾けるようにしていますが、それでも自分の考え方に合わない考え方は、仮に正当な主張であっても感情的かつ無意識的に排除することもあると思います。また、空売りについては、挑戦せずに自分には出来ないと諦めるのも非合理的なので、いずれ挑戦してみようと思いますが、現段階ではそのレベルに達していないので、今は買いでしっかりと継続して利益を出せるように足元を固めることを優先したいと思いました。

全般的な印象として、心に刺さる言葉等もいくつかありましたが、読み物としては少し内容が浅い感じがしました…一読する価値はあると思いますが、私の中では何度も繰り返し読み直すような類の本ではありません。

 - 投資本, 株式投資