株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

トランプ大統領誕生により私の保有株は大打撃…

   

depression-1252577_960_720

トランプ大統領誕生により、日経平均株価が一時前日比1,000円を超す下げを記録しました。

イギリスの英国離脱と同様の、あり得ないと思っていたことが再び起きてしまいました。

暴落の時の心境や、対処方針を記録して今後の対応の資にするシリーズが久しぶりに復活しました。。

さて、今回の暴落ですが、後出しっぽく、かつ上手く利用して利益を上げていないため、あまり書きたくないなのですが、後で振り返り今後の自分の資にするために敢えて書きます。気持ちを思い出しやすいように乱文にしようと思います。

 

今日の午前中、仕事の合間の隙を盗んでreal politicsをちらっと見た時に、toss upとされていた鍵を握るいくつかの州でトランプが優勢なことを確認してたので、この時点でかなりの確率でトランプが勝つと判断しました。

この時点では60%くらいの確信でしたが、怒られるのを覚悟でなんとか抜け出してNISA以外のFPG(それでもまだ保有割合50%程度)とウェッジを売りました。

この時、午前9時~10時台です。

その後は仕事で対応できなくフラストレーションが溜まっていましたが、再び11:25分頃にreal politicsを確認したところ、トランプの勝ちを確信したので、前場の引け間際でなんとか時間が取れてこのタイミングでダブルインバースを成買いしました(まだ個別株を売る実力にないと自己分析しているため)。

ただ、イギリスのEU離脱とは異なり、「トランプ大統領リスクは全世界的に波及するのでは?」との怖さもあり、さらに、明日も下げる可能性が高いのではとの思いで買い増しはできずに、日経平均が1000円程度下がったとの想定で出した前場引けで買ったインバの売り注文だけが約定していました。

前回はここで買い向かったのですが、今回は明日も下げるのではとの恐怖が前回より強く、また、日経もまだ高値にいて15000円くらいまで下げてもいいのでは?との思いもあったので、買い向かえませんでした。

そして、後場の引けにも怒られるのを覚悟で(2度目)無理やり抜け出してインバを買い戻して終了しました。

こうした対応が出来たので、イギリスの時は10%以上の下げを喰らいましたが、今日はマイナス2%程度で済みました。

ただ、前からどうしても欲しかったリファインバースを安易に昨日打診買いしたら掘りまくったので、これが余計でした…

一時は全体でマイナス8%くらい下げていてリアルに死んでいました…

悔しいですが、前回の反省は少しは活かせていたのではないかなと思います?

ただ、再び年初来マイナスに転落してしまい、今年はお金が増えていません…

 - 株式投資