株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

ピーター・リンチの株式投資黄金律

   

ピーター・リンチの「20の黄金律」

  1. 投資家としての強みはウォール街のプロから得るものではなく、すでにあなたが持っているもののなかにこそ見出される。土地勘のある企業に投資することによって、あなたの強みは発揮され、プロをも打ち負かすことが可能となる。
  2. 過去20年の間に、株式市場は一群の機関投資家によって占められるようになってしまった。皮肉にも、このおかげで一般投資家がよい成績を上げることがやさしくなっている。専門家集団を無視することで市場を打ち負かすことができるのである。
  3. しばしば数ヶ月間、時には数年間の株価の動きと企業業績の動きには相関関係が見られないときがある。しかし、長期にわたっては、企業の成功と株価の上昇には密接な関係がある。両者の不均衡に着目することが、株で利益を上げる秘訣である。成功している企業を辛抱強く持ち続けることが、必ず良い結果に結びつく
  4. 何をどんな理由で保有しているのか知っていなければならない。「大丈夫、この銘柄は上がる」式のアプローチはあてにならない。
  5. 大穴は常にはずれるものである。
  6. 株を買うということは子供を養うのと同じである。世話を見ることができなくなるほど持ってはいけない。職業としないかぎりは、8〜12社以上を十分に調査していくことは難しい。ポートフォリオは5銘柄を超えて保有してはならない。
  7. 投資したいという株がみつからないなら、見つかるまで資金は銀行に預けておくのがよい。
  8. 企業の財務状態を十分理解しないうちに投資してはならない。財務体質の悪い企業への投資は大きな損失につながる。
  9. 人気業界の人気企業は避けたほうがよい。冷え切った成長性の乏しい業界でうまくやっている企業への投資は、往々にして良い投資結果に結びつく
  10. 小型企業への投資は、その企業が利益を出しはじめるまで控えたほうがよい。
  11. 1.000ドル投資すれば、失う金額は最高で1.000ドルである。もし辛抱強く持てるなら、一万ドルあるいは五万ドルにまで増やすことは可能である。投資を実りあるものにするためにも、良い企業を数社見つけることが重要である。
  12. どの業界でも、どの地域でも、観察力が鋭ければ、アマチュアであってもプロが見つける以前に高度成長企業を見出すことは可能である。
  13. 株価の下落は、一月のコロラドに吹雪が吹き荒れるのと同じくらい頻繁に起こることである。株価の下落は、慌てふためいて逃げ出した投資家が残していった割安株を拾う絶好の機会である。
  14. 株式投資で利益を上げるのに必要な知能程度は、誰もが持ち併せている。ただ誰もが肝が座っているわけではない。慌てふためいて何もかも売却してしまうような性格であるなら、株や株式投資信託は避けたほうがよい。
  15. 心配の種はどこにでもある。週末の後ろ向きの考えや、ニューキャスターの恐ろしい予言には耳を貸してはいけない。企業のファンダメンタルズが悪化しているのなら株を売ってもよいが、この世の終わりがくるという予言は株を売る理由にはならない
  16. 正確に金利、経済、株式市場を予測できる者はいない。そのような予測は忘れ去って、投資した企業に何が起こっているかに注意を払うべきである。
  17. 10社の調査を行えば見通しが明るくなっている企業が一社はあるものである。50社を調査すれば5社はそのような企業であろう。株式市場にはいつでもウォール街が見過ごしている企業群がある
  18. 調査なしで投資することは、手札を見ないでポーカーするのと同じである。
  19. 優良企業に投資しているのなら、時間はあなたの味方になる。我慢できるからである。たとえ最初の5年間のウォールマートに投資できなくとも、次の5年間所有していれば満足のいく結果が得られた。オプションを保有していると、時間は敵になる。
  20. 十分な銘柄調査の結果でき上がったポートフォリオは、債権やその他の金融商品のポートフォリオよりも長期的には利回りは良い。長期であっても選別が不十分であれば、ベッドの下に現金を置いておくほうがましである。

参照『ピーター・リンチの株式投資の法則(313〜317ページ)』

 - 勉強内容, 株式投資