株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

週間投資成績(2017年第7週)

   

全 般

2017年第7週のパフォーマンスは+1.0%となり、年初来では+24.3%となります。

(2月の月次は+3.3%

今週は、そーせい大泉製作所が決算発表を受けて下がるとみていたため、それなりの下落を心配していましたが、大泉製作所は順当に下がったものの、そーせいが逆に上昇に転じました

まだ懐疑的ではあるものの、潮目が変わったように感じています(希望的観測)。

今週は現在の保有銘柄ではそーせい以外全て下げましたが、運良く信用で買い増していたAWSホールディングスが分割を発表して上昇したことに加え、その他の銘柄による小さな利益の積み重ねで、全体としては辛うじて+で終えることができました。

また、今週は一時的に爆買いして信用維持率が60%くらいまで行く場面もありましたが、無理する必要はないので、一転して売りまくって現金30%程度を確保することにしました。

2月に入り、なかなか資産が増加しない中で、上手い方が大きく増やしてるのを見て、自分も利益を狙いにいこうとしましたが、思い直して資産を減らさないようにコツコツ利益を積み上げていくという従来の今年の方針に無事回帰できました

現在の自分が保有している銘柄に自信を持っているものの、購入したいと思う魅力的な銘柄がいくつかあるため、目移りしてしまいそうになるときもありますが、自信を持って購入したい水準にはないため、現在の保有銘柄の買い増し資金として使いたいです。

これが本音なのですが、今月に入り保有銘柄が軟調な一方で、監視銘柄の方が上昇率が高いので、損はしていないのにメンタルにジワジワときます…

主要売買履歴

  • マイネット:購入→損切り
  • AWSホールディングス:追加購入→利確
  • ゲンキー:購入→利確
  • 日本一ソフトウェア:購入→利確
  • ベネフィット・ジャパン:購入→利確
  • イマジカ・ロボット ホールディングス :新規
  • 大泉製作所:追加購入

信用ポジションは全て閉じるとともに、現物もしっくりこない銘柄はいったん全て売却しました。

ゲンキー日本一ソフトウェアベネフィット・ジャパンは長めに保有しようと購入したのですが、自分の中で最近リズムが悪く上手く乗れている感じがしないので、いったん売却しました。

そして、何と言ってもマイネットは大反省事案ですね…

どんなに業績よくても需給に希望がない難しいタイミングで買ってはダメだとFPGで強く学んだので、仮にここから上がったとしても近寄らないように自分に強く言い聞かせます。

他方で、FPGについては、2Qに向けて元々上がる頃合いとみていたこともあり、需給も好転してきている感がありますので、少し買い戻したい気持ちもあります…

PFの保有割合

個別銘柄の前週比は以下のとおりです。保有比率順に記述。

  • インスペック : -2.1%
  • 大泉製作所: -6.0%
  • そーせい : +6.5%
  • エスクロー・エージェント・ジャパン: -1.0%
  • イマジカ・ロボット ホールディングス :新規

最近、意識せずに仕込んだ株が、仕手株的な株に遭遇することが多くっている気がします。

典型的な仕手株ではないものの、値動きや板を見ていると、「明らかに何かいるのでは?」と感じたことのある方も多いと思います。

最近私が購入した銘柄ですと、「アズジェント」でそうした雰囲気を感じました。

堅実な投資をやる上では、個人的にはこうした銘柄は極力避けた方が良いとは思いますが、意図せずに仕手株的な動きをする銘柄に巻き込まれることもあると思います。

食わず嫌いせずにこの本を読んでおいて良かったと心から思いました。

私と似たような疑問を感じていた方には参考になるかもしれません。

 - 投資成績, 株式投資