株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

週間投資成績(2017年第4週)

   

全 般

2017年第4週のパフォーマンスは+7.7%となり、年初来では+15.7%となります。

12月も単月で+22.5%と出来過ぎで1月はダメだと思っていたので、非常に驚いています。

大半は運の要素が強いとは思うものの、それでも昨年後半から試行錯誤を重ねてきた結果も少しはあるのかなと思ったり思わなかったりしています。

信用取引も使用しているものの、未だ自信を持って使いこなせるレベルにはない練習段階ですので、基本的にはファンダの裏付けがあり、需給とチャートが良さそうな銘柄の簡単な値幅を取って利確しているため、全体のパフォーマンスへの影響は1~2%くらいで利益の大半は現物銘柄です。

 

私としては十分満足ですが、信用を上手く使える人ならもっと大きく利益を伸ばせるんだろうなという所感を持ちました。

今週の大きな利益に貢献した銘柄はインスペック、アズジェント、マイネットの3銘柄です。

インスペックは12月から主力に据えましたが、今のところ期待通りの動きをしており、来週以降高値を超えてくるか注目しています。

水曜日に丸の内で説明会があったので参加してきましたが、遠隔医療やAI等の話題性が取り上げられがちですが、スマホ、ウェアラブルの増加によるプリント基盤の検査受注増加は堅い案件だというのがよくわかりました ^^)

アズジェントは水曜日あたりに謎の急騰があったので半分利確しましたが、再びチャンスがあれば買い戻したいです。

マイネットは今期も来期も2~3倍くらいの利益を出してくることが明らかになっているので、決算でPERが20倍台になれば正直さらに上がりそうな気もしますが、購入から2週間程度で30%以上の利益をもたらしてくれたので満足していったん利確することにしました。

他方で、大泉製作所、日本一ソフトウェアが軟調でした。

大泉製作所は、この2週間で20%以上上げていたので仕方ないものの、日本一ソフトウェアは少し気がかりです。

また、稼げるときに稼いでおきたいとの気持ちはあるものの、既に年間の目標に近い利益を得ているため、今週は銘柄の整理と利確を進めることを優先して現金が一時は50%以上の比率になりました。

それにしても堅調な相場で逆に不安になります。

個人的には日経は一度20,000円に到達する想定でいますが、保有株が大きく下げない限りは30%以上の現金を保持して警戒したいところです。

売買履歴

  • アズジェント  :半分利確
  • 日本一ソフトウェア :追加購入
  • 大泉製作所    :追加購入
  • FPG :全利確
  • JIA :再購入利確再購入利確
  • ビーロット :新規購入
  • ベガコーポレーション利確
  • ウェッジホールディングス利確再購入利確
  • インスペック部分利確一部再購入
  • ユニバーサルエンターテインメント購入利確

ついにFPGとお別れしました…

私が数千万円単位で運用していたら確実に保有を継続する良い銘柄だと今でも思っていますが、今の段階ではいったんお別れです。

PFの保有割合

個別銘柄の前週比は以下のとおりです。保有比率順に記述。

  • 大泉製作所:  -3.5%
  • インスペック :  +13.8%
  • アズジェント+8.6%
  • ビーロット: 再購入
  • 日本一ソフトウェア-3.0%

【怪しそうな本ですが、私の中では非常に参考になる考え方を提示してくれた本でした】

 - 投資成績, 株式投資