株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

週間投資成績(2017年第35週)

   

2017年第35週のパフォーマンスは-2.8%となり、年初来では+20.0%となります。

(9月の月次は-0.4%)※ 8月の月次は+0.4%

 

今週は北朝鮮による日本列島超えのIRBM発射で大きく下がるかと思いきや、逆に堅調に推移しました。

 

これについては下記の記事で詳細に記述しました。

北朝鮮による弾道ミサイル発射で下がらない株価

これを受けて、普段はこんな対応しませんが、どうしても違和感を感じたので、その感覚を試してみたく勝負してみようと日経が上がるごとに徐々に無慈悲な日経レバショートを断行していたこともあり、今週はマイナスで推移しました。

今般のICBM搭載用の水爆実験を受けて、株価は下がるのだろうか?

そうした中、本日ICBM搭載用の水爆実験に成功との北の重大発表を受けて「来週今週ずっと感じていた違和感が現実になるのか?」に注目しています。

 

前回の日本上空を通過する弾道ミサイルには反応しませんでしたが、今回のICBM用の水爆は反応してもおかしくない意味不明な動きをして悩ましてくるのが相場だと思うので明日の動きに注目しています。

 

今度こそ下に掘削してほしいですが、決め打ちはせずに動きに逆らわずに、前回みたいに全戻しでダメなら損切りしようと思います。

 

 

 

分かる人は分かると思いますが、「核実験ある可能性は誰もが分かっていたから」とかのレベルではない技術進展で、気象庁発表のマグニチュードから推定すると、水爆成功は確定的です。

 

しかも、北はEMP攻撃も可能であるとか主張しています。

 

EMPとか海外ドラマの「24」で初めて知った単語で現実世界で耳にするとは驚きですが、ついに発動される時がくるのでしょうか…

 

※ EMP攻撃とは上空で核爆発を起こし、広範囲で都市機能を破壊するものです。かなり広範囲でブラックアウトが起き、都市機能が壊滅します。詳しくは「24」を視聴してください!

 

高確率で近日中にICBM発射か?

加えて、後ろに前回発射したICBM火星14号っぽい弾頭部が映っていて、やる気満々ですね…

 

ICBM搭載の核攻撃能力の誇示は近いうちにあるとみられるものの、実際に米本土に打ち込む可能性は皆無でしょうが、EMP攻撃くらいならやってきそうで少し怖いです。

 

このように、私自身無慈悲なショート状態なので下がってほしい希望的観測の下で少なからずバイアスはあるものの、先般の列島越えのIRBMに続いてのこのタイミングでの水爆実験なので、上記写真でチラ見せしている北の次の一手がほぼ確実に読めて、普段から何も起きないと思っているものの、今回ばかりは米国・中国の対応次第では何か偶発的に起きる可能性もあるのでガチで少しだけ怖いです..

保有銘柄

現在の保有銘柄は以下のとおりです。銘柄コード順に記載。

  • 1357:日経ダブルインバース上場投信
  • 1570:日経平均レバレッジ上場投信(ショート)
  • 3671:ソフトマックス
  • 6618:大泉製作所

※ パフォーマンスにほぼ影響ない少数保有銘柄は省略

 - 投資成績, 株式投資