株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

週間投資成績(2016年第7週)

calendar

reload

スポンサーリンク

全 般

今週はTOPIXの+8.0%に対し、私は+15.5%と急回復しました! 年初来ではTOPIXの-16.5%に対し、私は-9.4%でTOPIXをようやくoutperformし、先週の無慈悲な下げから躍進しました。

今週は銘柄の入れ替えを少しだけ行いました。今週の日経は上がりましたが、まだまだ下げトレンドで、為替が円高に振れたらまた無慈悲に下げそうで怖かったので、信用で買った銘柄を一部利確・損切りして日経ダブルインバースを購入しました。また、ビューティガレージを現引きするための資金を捻出するため、FPGを一部利確しました。

PFの保有割合

個別銘柄の前週比は以下のとおり。

  • FPG:+8.5%
  • 日本商業開発:+12.9%
  • NMS:+15.2%
  • 北の達人: +10.6%
  • ビューティガレージ:New Entry
  • 日本エスコン:38.3%

先週の金曜日にNMSと日本エスコンの決算を受けて、両銘柄の動きに注目していましたが、いい意味で私の予想を裏切り好調に推移してくれました。日本エスコンのストップ高は驚きました。

PFの保有割合

PFの保有割合

個別銘柄の動き

FPG

先週の無慈悲な下げのわりには、戻しが弱くて少しはがゆい思いをした週でした。それでも、木曜日には完売2件、募集1件のIRが確認されました。これにより、私の試算では既に会社予想を超過していると思うので、3月には怒涛の完売IRが予想されることを踏まえると、今年も去年みたいに3月に2回目の上昇修正があるとみています。ただ、その前に、もう一度全体相場の連れ安に巻き込まれて大きく下げる可能性もあるのではと思っています。FPGについては動きが全く読めないので、業績の推移を確認しながら日々の動きに一喜一憂せずに信じて保有していくのが一番よいと考えています。

日本商業開発

日本商業開発には期待していますが、本決算で来期の予想数値が出るまでは大きく動かないのではないかとみています。今週は疑問点をIRに質問したのですが、回答をよく読んでみると、私の質問の仕方に問題があったこともあり、少し意図が伝わっていない箇所がありましたので、再度質問をして回答を待っています。現在、株価は軟調な動きですが、この会社は前回の決算といい、IRの姿勢がとても素晴らしい企業だと思います。こんな株価で終わる企業ではないと思いますので、これからも微力ながら応援したいと思います。

当ブログ:日本商業開発の決算について

NMS

私はこの決算では下がると思っていましたが、予想をはるかに上回る堅調な動きでした。先週の時点では売却も検討しましたが、現在は事業構造改革の影響で利益率が向上する体質に変化している途中とみられますので、しばらく注意深く様子をみていきたいと思います。

当ブログ記事:NMS第3四半期決算

北の達人

先週から特に変化はありません。500円以下で買いたい人が多いような印象を受けました。今期は広告宣伝費の影響で利益が伸びませんが、新商品が続々発売される来期以降の業績に期待です。

ビューティガレージ

ビューティーガレージは次の成長株候補として、打診買いしました。高値からかなり調整しており、近々東証1部昇格も控えていますので、この水準からならわりのいい勝負ができるのではないかと思います。

日本エスコン

ストップ高には驚きました。今週は38.3%も上がりましたが、保有比率が小さいのでパフォーマンスへの影響は軽微なものです。材料が多いものの、経営に対する不安もあるので、今までは大きく買えませんでしたが、マイナス金利導入で評価を上げるか否か現在検討しています。日本商業開発もそうですが、不動産関連は仮に下げても、もともとの評価が低い上に今後の追加緩和も期待できるし、悪くない勝負ができるのではないかと考えています。特に、これまではマイナスの評価でしかなかった「有利子負債」の多さがポイントになり、借金の多い小型企業の方がマイナス金利の効果を享受できるとみています。

日本エスコンの有利子負債依存度の推移

年 度 平成 2 5 年 1 2 月期 平成 2 6年 1 2 月期 平成 2 7年 1 2 月期
有利子負債依存度 72.5% 70.7% 68.4%

「今週読んだ本」:マネーの公理(毎年1回は読みたい本です)

当ブログ記事:マネーの公理

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す