株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

幸せの1ページ

   

基本情報

原題: Nim’s Island
ジャンル: アドベンチャー
上映時間: 96分
製作国: 2008年  アメリカ
監督・脚本: マークレヴィン(Mark Levine)
出演: アビゲイル・ブレスリン(Abigai Breslin)、ジョディ・フォスター(Jodie Foster)、ジェラルド・バトラー(Gerard Butler)等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:42点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバーにはある秘密があった。それは、自分が書く勇気あるヒーロー、“アレックス・ローバー”からは想像もつかないほど、問題を抱えた人物だということ。対人恐怖症で外出恐怖症、おまけに極度の潔癖症の引きこもりだったのだ!しかし、ある日、南の島で暮らす少女ニムからSOSのメールを受け取り、彼女の生活は一変する・・・!
出典:角川エンタテインメント

予告動画

感 想

 予告編がミスリーディング!

原題のタイトルにあるように明らかにニム(アビゲイル・ブレスリン)が主役なのに、アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)を全面に出すマーケティングを行って失敗した感がすごかったです。実際、作品を見ていても、本作でのジョディ・フォスター演じるアレクサンドラ・ローバーは邪魔でした。完全にジョディ・フォスターの無駄遣いでした。ただ、その点を無視して、アビゲイル・ブレスリンとジェラルド・バトラーの親子愛の映画として見ればそれなりに面白い作品だと思います。私はアビゲイル・ブレスリンとジェラルド・バトラーが好きなので、わりと楽しめましたが、それ以外の人にはジョディ・フォスターの演技が明らかに邪魔していて少しイラつくのではないかと感じました。本作品では特に、ジェラルド・バトラーの父親役がとても良かったです。

作品から学ぶ英語表現

 I’m a little prone to motion sickness.  We’re not moving yet.

対訳:ちょっと乗り物酔いしやすいのよ。まだ、動いてもないのに(?)。

motion sicknessは「乗り物酔い」の意味。

 - アドベンチャー , ,