株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

日光東照宮

      2015/12/26

日光東照宮は、徳川幕府の初代将軍徳川家康を御祭神にお祀りした神社です。現在は世界文化遺産にも登録されています。

日光は古くから霊山である男体山からの力強いエネルギーと女峰山からの柔らかいエネルギーが交わる陰陽バランスの取れた強力な龍穴スポットのひとつです。

また、日光は江戸のほぼ真北に位置する土地です。

風水を重視して陰陽道で都市計画を立てた徳川家康は徳川家の繁栄を願い、江戸を守護するために自分の墓所を日光に築くよう指示したとされています。

h08_photo-main

出典:文化遺産オンライン

御祭神とご利益

御祭神は徳川家康(東照大権現)、豊臣秀吉、源頼朝です。ご利益は仕事運、上昇運、勝運等とされています。

特に、周囲とともに発展するイメージを持った方の参拝が良いと言われています。

ところで、なぜ豊臣秀吉と源頼朝が一緒に祀られているのかという疑問が湧きませんか?

徳川家康が源氏の子孫であることから、源頼朝はわかりますが、家康は豊臣家を滅ぼそうとしていたので豊臣秀吉はおかしいですよね。

一説には、徳川幕府を打倒した明治政府が徳川家によって大明神としての神格を否定された豊臣秀吉を日光に合祀することで徳川家に対して牽制を図ったとされていますが、本当のところはどうなんでしょうか?

次回、日光東照宮に行く機会があったら聞いてきたいと思います。

日光の由来

日光の由来については諸説ありますが、2つの有力な説があります。

二荒山(ふたらさん)説

二荒が日光になったのは、弘法大師空海が二荒山(男体山)に登られた時、二荒の文字が関心しないと言って、「ふたら」を「にこう」と音読し、良い字を当てて日光にした。

補陀落山(ふだらくさん)説

二荒山が、観音菩薩の住処である補陀落山と似ていたことから、二荒山になり、それが日光になった。

彫刻の数が5,000以上

日光東照宮には約5,000以上ある彫刻の一つひとつに意味があります。

「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿は有名ですが、これは幼少期には悪事を見ない、聞かない、言わない方がいいという教えを意味しています。

もうひとつだけ例を出すと、「眠り猫」は、踏ん張った姿勢でいることから、家康を守るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢を示しています。

こうした彫刻の意味を調べながら見て回るのも楽しいですね。

tochigi001

出典:写真で巡る旅日記

御朱印はこちら

日光は中学生の時に修学旅行で行きましたが、当時は何も考えずに綺麗な神社だな程度の感想しかなかったのですが、大人になってから改めて訪れると印象が全然違ってビックリしました。

大人の修学旅行という感じでとても楽しかったです。

image1(1) のコピー 6

 - 御朱印