株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

ミサイル防衛【SM3】【PAC3】

   

資料源:防衛白書

連日、北朝鮮による弾道ミサイル発射が取り上げられ、メディアが日本へ弾道ミサイルが発射される危機を煽ってきますが、日本の弾道ミサイル防衛についてきちんと知っているでしょうか?

北朝鮮による弾道ミサイル発射で下がらない株価

日本の弾道ミサイル防衛は、上図で示すようにイージス艦から発射するSM-3による上層での迎撃とPAC3による下層での迎撃を基本としていることは多くの方が知るところだと思いますが、具体的にイメージできる方は少ないと思います。

弾道ミサイルが発射されて着弾するまでには3つの過程

弾道ミサイルが発射されて着弾するまでには3つの過程がありますので、これを覚えておくだけで格段にミサイル防衛の理解が違います。

 

なぜなら、ミサイル防衛の各システムがそれぞれのフェーズに対応しているからです。

ブースト段階

その名の通り、弾道ミサイル発射後、エンジン燃焼によるブーストでミサイルが上昇していく段階。

 

この段階での迎撃システムは日本にはありません。

ミッドコース段階

エンジンの燃焼が終了し、慣性誘導によって宇宙空間を飛翔している段階

 

この段階でイージス艦によるSM-3による迎撃を試みます。

ターミナル段階

大気圏に再突入して着弾するまでの段階

 

この段階でPAC3による迎撃を試みます。

 

※ 今話題の北朝鮮のICBMは、弾頭の再突入技術が話題になっていますが、この段階での話であり、大気圏に再突入する際に高温になるため、それを防ぐ技術を北朝鮮が保有しているか否かが話題になっています。

燃えているように見えることから、未だ再突入技術を確保したとはみていないというのが専門家の見方です。

 

THAAD

米国のTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)システムが韓国に導入されて中国が韓国に露骨な経済的嫌がらせをするくらい怒っていますが、このTHAADはミッドコース段階のSM-3による迎撃範囲とブースト段階でのPAC3がカバーしていない間の部分を埋めるシステムです。

 

イメージにするとこの図がとても分かりやすいです。

 

終末高高度防衛ミサイルとか聞くとかなり高い高度で迎撃するかと思いがちですが、極めて低層のターミナル段階での高高度での迎撃です。

 

現在、日本政府はTHAAD導入の検討をするとともに、イージス艦を現在の4隻体制から8隻体制へし、PAC3及びSM-3の能力向上を図っています。

 

この整備が終わるのが平成32年~33年ですが、北朝鮮による弾道ミサイル開発ペースが異常なため、これでも遅いくらいと感じてしまう方もいるかもしれません。

 

ミサイル防衛は無駄?

日本の弾道ミサイル防衛の要であるSM-3、PACともに80%以上の迎撃率があります。

 

こういうと、20%も迎撃できない可能性があるシステムに大金をつぎ込むのは無駄だと考える人もいるかもしれませんが、そもそも100%迎撃成功できるシステムなんて作れるはずがありません。

 

被害の甚大性から、1%でも失敗したら大惨事だということは分かりますが、韓国のようにキル・チェーンで発射の兆候を捉えたら先制攻撃できるシステムがない専守防衛というふざけた足枷のある日本は、迎撃できる確率は1%でも上げた方がよいでしょう。

北朝鮮から狙われる可能性が最も高いとみられる場所

 

 

北朝鮮自身が在日米軍基地攻撃を担当する部隊があると宣言していることからも明らかですが、北朝鮮の弾道ミサイルの標的となる可能性が最も高いのは在日米軍基地のあるエリアだと思います。

 

あくまで北朝鮮は米国しか意識しておらず、日本なんて眼中にありませんが、在日米軍基地についてはこの限りではないとみられます。

 

在日米軍基地は北は青森県の三沢から横田や厚木などの関東、南は沖縄にまで展開されています。北朝鮮が狙うとするならば基本的に在日米軍基地の中でも重要な拠点か日本海側にある攻撃の拠点となる基地だと思います。

 

このように考えた場合、候補にあがるのは本土最大の空軍基地である青森県の三沢基地、東京にあり在日米軍司令部のある横田基地、そして海兵隊などの実働部隊がいる山口県の岩国基地周辺などが最も危険なエリアでしょう。

 

実際に弾道ミサイルなんて発射してくることはないでしょうが、仮にあった場合、こうしたエリアや原発所在地、人口密集地帯が可能性が高いでしょう。

 

日本の弾道ミサイル防衛はまだまだと考えている人もいるかもしれませんが、少なくともお隣の韓国よりはイージス艦の数も多いですし、韓国はPAC2しか保有していませんので日本の方が優秀です。

 

ただ、韓国には在韓米軍のPAC3とTHAADが導入されましたが…

 

いずれにせよ、北朝鮮問題だけが問題ではありませんが、一刻も早く北朝鮮による弾道ミサイル発射が相場に影響を与えない相場に戻ってほしいところです。

歴史好きが高じて、こうした軍事関連の話が好きになってしまいました…

 - 投資全般, 株式投資