【投資家も知っておきたい日本のミサイル防衛】SM3とPAC3が基本だが、北朝鮮からの弾道ミサイルの脅威に対処できるのか?

【投資家も知っておきたい日本のミサイル防衛】SM3とPAC3が基本だが、北朝鮮からの弾道ミサイルの脅威に対処できるのか?
資料源:防衛白書

連日、北朝鮮による弾道ミサイル発射が取り上げられ、メディアが日本へ弾道ミサイルが発射される危機を煽ってきますが、日本の弾道ミサイル防衛についてきちんと知っているでしょうか?

北朝鮮による弾道ミサイル発射で下がらない株価

日本の弾道ミサイル防衛は、上図で示すようにイージス艦から発射するSM-3による上層での迎撃とPAC3による下層での迎撃を基本としていることは多くの方が知るところだと思いますが、具体的にイメージできる方は少ないと思います。

弾道ミサイルが発射されて着弾するまでには3つの過程

弾道ミサイルが発射されて着弾するまでには3つの過程がありますので、これを覚えておくだけで格段にミサイル防衛の理解が違います。

 

なぜなら、ミサイル防衛の各システムがそれぞれのフェーズに対応しているからです。

ブースト段階

その名の通り、弾道ミサイル発射後、エンジン燃焼によるブーストでミサイルが上昇していく段階。

 

この段階での迎撃システムは日本にはありません。

ミッドコース段階

エンジンの燃焼が終了し、慣性誘導によって宇宙空間を飛翔している段階

 

この段階でイージス艦によるSM-3による迎撃を試みます。

最近話題のイージス・アショアもこの段階での迎撃です。

秋田と山口へのイージス・アショア配備は正距方位図で確認すると、確かにハワイとグアムへのルートの途中にあるから憶測を呼ぶ気持ちは理解できる…

 
 

ターミナル段階

大気圏に再突入して着弾するまでの段階

 

この段階でPAC3による迎撃を試みます。

 

※ 今話題の北朝鮮のICBMは、弾頭の再突入技術が話題になっていますが、この段階での話であり、大気圏に再突入する際に高温になるため、それを防ぐ技術を北朝鮮が保有しているか否かが話題になっています。

燃えているように見えることから、未だ再突入技術を確保したとはみていないというのが専門家の見方です。

 

THAAD

米国のTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)システムが韓国に導入されて中国が韓国に露骨な経済的嫌がらせをするくらい怒っていますが、このTHAADはミッドコース段階のSM-3による迎撃範囲とブースト段階でのPAC3がカバーしていない間の部分を埋めるシステムです。

 

イメージにするとこの図がとても分かりやすいです。

 

終末高高度防衛ミサイルとか聞くとかなり高い高度で迎撃するかと思いがちですが、極めて低層のターミナル段階での高高度での迎撃です。

 

現在、日本政府はTHAAD導入の検討をするとともに、イージス艦を現在の4隻体制から8隻体制へし、PAC3及びSM-3の能力向上を図っています。

 

この整備が終わるのが平成32年~33年ですが、北朝鮮による弾道ミサイル開発ペースが異常なため、これでも遅いくらいと感じてしまう方もいるかもしれません。

 

北朝鮮が保有する弾道ミサイルの種類

昨年から毎月のように発射される北朝鮮の弾道ミサイルですが、大半の人は何となくは分かるのでしょうが、興味ない人は弾道ミサイルなんて分からないと思います。

 

簡単に北朝鮮が保有する弾道ミサイルのことを説明すると以下のようになります。

そもそも弾道ミサイルとは?

弾道ミサイルとは一言でいえば、「放物線に近い飛翔経路をとるミサイル」のことを言います。

 

すなわち、下図のように放物線を描いて一度大気圏外に飛翔し、そこから落下して目標地点に弾頭を誘導するミサイルの総称です。

射程距離での分類

様々なヤードスティックがありますが、一般的には米国国防省などが下記のような射程距離で弾道ミサイルを区分しています。

 

今回発射した火星12号は、中距離弾道ミサイル(IRBM)ですので一般的には飛翔距離は2400kmから5500kmとなります。

 

大陸間弾道ミサイル(ICBM) 5,500km以上
中距離弾道ミサイル(IRBM) 2,400~5,500km
準中距離弾道ミサイル(MRBM) 800~2,400km
短距離弾道ミサイル(SRBM) 150~800km

北朝鮮の保有している弾道ミサイル

北朝鮮が現時点で保有しているとみられる弾道ミサイルの種類は、各種報道を簡単にまとめると以下のとおりです。

 

【トクサ】
射程約120kmの短距離弾道ミサイル。固体燃料推進方式を、北朝鮮で初めて採用した弾道ミサイルと言われている。

 

【スカッドB、C、ER】
30年以上も前から北朝鮮に配備されている短距離弾道ミサイルで、最新式のスカッドERの射程距離は約1,000kmもあると言われており、日本の一部はその射程内に入っています。

 

ノドン
スカッドの技術を基にしているノドンの射程距離は約1,300kmに達する準中距離弾道ミサイル。その射程距離内に日本のほぼ全域が入っています。

 

【ムスダン】
ムスダンの射程距離は約2,500~4,000kmに達し、日本の全域に加え、グアムなどがその射程内に入っていると言われています。

 

【テポドン】
北朝鮮が衛星と称する弾道ミサイル。今回の火星12号を除き、日本の上空を通過したのは全てこのミサイルです。テポドン2の射程距離は2段式のもので約6,000km、3段式のものでは約1万km以上におよぶ可能性があるとの指摘があります。

 

【火星12号】
ムスダンを改良したとみられるのが今回発射された火星12号と指摘されています。その射程距離はムスダン以上とみられています。

 

【火星14号】
この新型ミサイルこそ米国を狙うICBMであり、北朝鮮自身は米国全域が射程と主張しています。すなわち、射程は12000km程度とみられます。

【火星15号】

 

 

【潜水艦発射弾道ミサイルSLBM(北極星1)】
北朝鮮が唯一保有する弾道ミサイル発射潜水艦で運用して発射されるSLBM。射程は1000km程度との指摘

【北極星2型】
北極星2型はSLBMの地上発射型との指摘。射程は1000~1500kmとの指摘

北朝鮮が保有する弾道ミサイルのコード名

その前に、北朝鮮が保有する弾道ミサイルについて、北朝鮮名称、米国コード、公開されている射程等についてまとめてくれている素晴らしい表を発見しましたw

北朝鮮が保有する弾道ミサイルの射程は以下のようになるみたいです。

防衛白書

 

ミサイル防衛は無駄?

日本の弾道ミサイル防衛の要であるSM-3、PAC3ともに80%以上の迎撃率があります。

 

こういうと、20%も迎撃できない可能性があるシステムに大金をつぎ込むのは無駄だと考える人もいるかもしれませんが、そもそも100%迎撃成功できるシステムなんて作れるはずがありません。

 

被害の甚大性から、1%でも失敗したら大惨事だということは分かりますが、韓国のようにキル・チェーンで発射の兆候を捉えたら先制攻撃できるシステムがない専守防衛というふざけた足枷のある日本は、迎撃できる確率は1%でも上げた方がよいでしょう。

北朝鮮から狙われる可能性が最も高いとみられる場所

 

 

北朝鮮自身が在日米軍基地攻撃を担当する部隊があると宣言していることからも明らかですが、北朝鮮の弾道ミサイルの標的となる可能性が最も高いのは在日米軍基地のあるエリアだと思います。

 

あくまで北朝鮮は米国しか意識しておらず、日本なんて眼中にありませんが、在日米軍基地についてはこの限りではないとみられます。

 

在日米軍基地は北は青森県の三沢から横田や厚木などの関東、南は沖縄にまで展開されています。北朝鮮が狙うとするならば基本的に在日米軍基地の中でも重要な拠点か日本海側にある攻撃の拠点となる基地だと思います。

 

このように考えた場合、候補にあがるのは本土最大の空軍基地である青森県の三沢基地、東京にあり在日米軍司令部のある横田基地、そして海兵隊などの実働部隊がいる山口県の岩国基地周辺などが最も危険なエリアでしょう。

 

実際に弾道ミサイルなんて発射してくることはないでしょうが、仮にあった場合、こうしたエリアや原発所在地、人口密集地帯が可能性が高いでしょう。

 

日本の弾道ミサイル防衛はまだまだと考えている人もいるかもしれませんが、少なくともお隣の韓国よりはイージス艦の数も多いですし、韓国はPAC-2しか保有していませんので日本の方が優秀です。

 

ただ、韓国には在韓米軍のPAC3とTHAADが導入されましたが…

歴史好きが高じて、こうした軍事関連の話が好きになってしまいました…

教養カテゴリの最新記事