株式投資を行う上での心構え・考え方を学び投資哲学を確立する上で役立つ本を紹介します

株式投資を行う上での心構え・考え方を学び投資哲学を確立する上で役立つ本を紹介します

今回は、株式投資を行う上での心構え・考え方を学び投資哲学を確立する上で役立つ本を2冊紹介します。

 

とはいえ、圧倒的にオススメしたいのは、バフェットとソロス勝利の投資学 最強の投資家に共通する23の習慣です。

 

株式投資を行う上で、他人のアドバイスや意見なんかゴミだと思えるほど、自分の中で確固とした投資哲学を作ることは大事だと思います。

 

実際、そういう人ほど負けていません。

 

当然、これは独善的になれと言っているのではなく、他者の言葉にも耳を傾ける柔軟性を備えた上でこうした確固たる信念を作る大切を述べています。

 

このバランスを如何に取るのかは難しい問題ですが、いずれにせよ、まずは自分の中での投資哲学を形作る上でも先人たちの知恵に学ぶのが最も効率的だと思います。

バフェットとソロス勝利の投資学 最強の投資家に共通する23の習慣

本書のテーマは以下の3つに大別できます。

 

世界で最も著名な投資家、バフェットとソロスの投資哲学や投資戦略はどのようなものか

投資哲学や投資戦略の背景にあり、両者に共通する「習慣」は何か

そうした習慣を一般投資家が身につけるにはどうしたらいいか

本書が特にユニークなのは、バリュー投資家(バフェット)とトレーダー(ソロス)という一見対極にあるスタイルを持つ2人に共通する要素を抽出している点です。

この本の根幹を成す主張は、「誰かが上手くやれることであるなら、他人も上手い人の習慣を学ぶことで必ずできるようになる」という著者の信念です。

神経言語プログラミングを学んだ著者は、「正しい知的習慣を持つかどうかが、あなたのやることを全てにおいて成功か失敗かを決める」というように、成功は共通の知的習慣がもたらすという前提に立っています。

バフェットとソロスの投資手法

【バフェット】

バフェットの手法は「質の良い事業を価値を下回る価格で購入する」と要約でき、「事業の質」こそが、バフェットが分析する対象となります。

バフェットによれば、株価は事業の質とは無関係ですので、株価が下がったということは値引率が大きくなったということになります。

 

すなわち、「安全余裕度」が大きくなったということです。

【ソロス】

一方、ソロスは「ミスターマーケットの気分の変化を予測して利益を上げる」と言えます。

将来起きることについて仮説を立て、その上で仮説が正しいかどうか判別するために少額の資本を投じて「市場の声を聞く」ことで仮説を検証します。

ここで鍵となるのが、「再帰性理論」です。

ソロスは再帰性理論で、ミスターマーケットの躁鬱的な感情の揺れを説明します(ソロスによれば、再帰性理論は市場の感情がいつ変わるのかを特定する方法となり、「市場の考えを読む」ことができる)。

次の行動はミスターマーケットが仮説を肯定するか否定するかによって変化します。

すなわち、ソロスが分析するのは「自分の仮説の質と事態の展開」となります。

投資の7つの大罪

著者は、23の成功する習慣の対極にある誤った信仰として、「投資の7つの大罪」を挙げ、これを否定しています。

  • 投資の大罪1 次にマーケットがどう動くか予測しなければいけない

 

  • 投資の大罪2 導師信仰

 

  • 投資の大罪3 インサイダー情報こそが大金を稼ぐ道

 

  • 投資の大罪4 分散投資 

 

  • 投資の大罪5 大きなリターンをとるためには大きなリスクをとる覚悟が必要

 

  • 投資の大罪6 システム信仰

 

  • 投資の大罪7 将来何が起こるのかわかっていると信じている

 成功する23の習慣

本書は上述した信念に基づき、「達人」と「負け犬」の違いとして「成功する23の習慣」を挙げていますが、ほとんど全員が「負け犬」の項目にどれかひとつは心当たりがあるのではないのでしょうか?

  1. 最重要事項は元本を確保することだと信じている。それこそが彼の投資哲学の礎石である。

  2. (習慣1の結果として)リスク回避的である。

  3. 自分の性格、能力、知識、好み、および目的に基づいて独自の投資哲学をつくり上げている。結果として、非常に成功している投資家の投資哲学は一つとして同じにはならない。

  4. 投資を学び、自分独自の銘柄選択および売買手法を開発し、実証している。

  5. 分散投資なんて小鳥のやることだと信じている。

  6. 税金(や取引コスト)を嫌い、合法的に税金を最小化するべく手段を講じる。

  7. 自分に理解できるものにだけ投資する。

  8. 自分の基準に合わない投資は拒絶する。合うもの以外には躊躇なく「ノー」と言える。

  9. 自分の基準に合った新しい投資機会をいつも探しており、自分自身で積極的調査を行う。自分の基準に合う投資対象が見つからないときは、見つかるまでいつまでも待てるだけの忍耐力を持つ。

  10. 決めたらすぐに行動する。

  11. うまくいった投資は、事前に決めた手仕舞う理由が現実になるまで手放さない。

  12. 神に従うがごとく自分のシステムに従う。

  13. 自分があてにならないことを意識している。間違いがわかったらすぐさま正す。その結果、損はほとんどの場合少しですむ。

  14. いつも間違いを学習経験として扱う。

  15. 経験を積めば積むほどリターンも高くなる。

  16. 今では金儲けのために過ごす時間は減ったように見える。「修行は積んだ」

  17. 自分が今やっていることはほとんど人に言わない。自分の投資意思決定について他人がどう思おうが気にしないし、心配もしない。

  18. すべてではないにせよ、ほとんどの仕事を他人にうまく任せている。

  19. 稼ぎに比べてずっとつつましく暮らしている。

  20. 刺激と自己充足のためにやる。金のためではない。

  21. 投資のプロセスに深い思い入れを抱く(また自己充足もそこで得る)。個別の投資対象には思い入れを持たない。

  22. 一日中投資のことを考えている。
  23. 全財産をかけて投資をする。

投資家の3つの元型

著者によると、投資家には「アナリスト」、「トレーダー」及び「アクチュアリ」という3つの元型があり、彼らはそれぞれの投資哲学に基づき、市場に対してまったく異なるアプローチを取ります。

アナリストはウォーレン・バフェットに象徴される。賭け金を置く前に、ありうるすべての結果を注意深く検討する

トレーダーは基本的に無意識的能力で動く。この元型はジョージ・ソロスが典型であり、市場の感触に基づいて行動する。しばしば不完全な情報に基づいて、自分の「直感」を信じて断固とした行動を取る。いつでも急いで逃げることができると絶対の自信を持っている。

アクチュアリは数字と確率で勝負する。保険会社のように全体を通じての結果に集中し、個別の結果にはとらわれない。アクチュアリ的投資戦略は、おそらく、『ランダム性に騙されて』の著者ナッシム・ニコラス・タレブが代表例だろう。元々は数学者であり、現在では ヘッジファンドを運用している彼は、数百もの小額の損失を耐え忍び、そのうちやってくる大きな利益を待ち続けることができる。アクチュアリ的な発想に基づいて、彼は、そのときの利益が積み上がった損失を取り返してくれると知っているのだ。

印象に残った点

投資の達人の優れている点は、他の人に見えないものが見えるということではなく、見たものの解釈の仕方にある。加えて、自分が最初に思ったことを確認するために「もうあと数マイル」歩みを進めることを厭わない点にある。(163ページ)

間違いを犯すのは普通。間違いを繰り返すのは性格—作者不明(203ページ)

(ソロスの発言)他の人にとって間違っているというのは恥であるようだ。私にとって間違いを認めるのはむしろ誇りである。そもそも人間は物事を不完全にしか理解できないとわかってしまえば、自分の間違いを認めることは恥ではない。間違いを正せないことこそが恥なのだ。(205ページ)

能力の代わりになるものはありうるが、粘り強くやり続けることに代わるものはない。能力では代わりにはならない。能力があるのに成功しない人などいくらでもいる。天才も代わりにはならない。不遇の天才という言葉はほとんど決まり文句だ。教育も代わりにはならない。学のある落伍者も掃いて捨てるほどいる。粘り強さと決意だけが万能なのである。易経にも言う。忍耐に勝るものなし。(271ページ)

 独自の投資哲学を持つ

本書は投資手法を扱った本ではなく、投資に対する姿勢を中心に扱っています。

さらっと読み流す類の本ではなく、何度も見返すべき類の本だと思います。

実際、私も投資を始めた初期に初めて読んで以来、何回も読み直しています。

本書は自分の思考を深める示唆に富む内容になっていますので、読んでいない人にはぜひオススメしたい内容だと思います。

 

本書の中で、私が特に共感したのは、「習慣3の独自の投資哲学を持つ」です。

達人は、「自分の性格、能力、知識、好み及び目的に基づいて独自の投資哲学を作り上げる。

 

結果として、非常に成功している投資家の投資哲学は一つとして同じにならない」とされているが、

私の場合で言うと、「国際情勢のアナリストを過去やっていたという経験もあり、企業を調べる際には定性的な要素を好み、また、中長期的な視点で物事を見る傾向がある」という点が銘柄選択の際の要諦となっている部分ではないかと感じました。

 

最近、ふと思ったのですが、最初は勉強と称して様々な投資本を読み始めたのですが、今では趣味の範疇に入ってくるくらい、いろんな本を読むのが楽しくなってきました(^ ^)

リスク・テイカーズ

相場を動かす8人のカリスマ投資家

■独自の相場観で巨額報酬を得るカリスマ投資家
2008年のリーマン・ショック。
誰もが混乱に陥るなか、危機から巨額の利益を上げた投資家たちがいる。
その特別な投資家たちは危機を事前に察知することができたばかりか、その後の長期の強気相場を言い当てることができた。
なぜ、彼らは未来を見通せたのか。
これからの世界をどう捉えているのか。
私たちはどうしたらその視点を手に入れられるのか。
■強烈な個性溢れる8人
本書では、ダニエル・ローブ、デイビッド・テッパー、デイビッド・アインホーン、ビル・アックマン、ジム・チェイノス、レイ・ダリオ、カイル・バス、ウォーレン・バフェットを取り上げる。
強い信念を持ち、リスクを恐れずに果敢に市場と向き合ってきた歴戦の猛者たちはどんな人生を歩み、成功の秘密にたどり着いたのか。
投資総額30兆円、巨額の利益を稼ぎ出す投資家たちに迫る。
■米連邦準備制度理事会(FRB)など各国中央銀行もその挙動に注目
【本書に登場するカリスマ投資家8人】日本に上陸した大物──ダニエル・ローブヘッジファンド報酬ランキングトップ──デイビッド・テッパーリーマン危機を見抜いた空売りの旗手──デイビッド・アインホーン物言う株主の代表格──ビル・アックマン中国が標的の空売り王──ジム・チェイノス運用資産15兆円、世界最大級のヘッジファンド──レイ・ダリオ日本の「不吉な未来」の予言者──カイル・バス伝説のバリュー投資家、オマハの賢人──ウォーレン・バフェット

ダニエル・ローブ

たくさんのことを知っていることが大事なわけではない。むしろ、その時々でもっとも重要なことは何かを察知できる能力の方が重要だ。(27ページ)

人生のすべてを投資に捧げてきたという自負がある。その「誰にも負けない投資への情熱」が、厳しい市場に打ち勝ってきた最大の要因だ。

デイビット・アインホーン

株式を自分が買ったときには、反対側にそれを手放した売り手がいる。
その売り手は、投資先の企業を理解したうえでここが売り時と判断しているはずだ。
自分が相手よりも投資先の企業のことを深く理解していなければ、その売り手に勝つことはできない。
はたして自分にはそこまでの確信があるのかーーー。
自問自答を繰り返しながら、冷徹な市場に自分が打ち勝てるのかを徹底して問う。そこまでやるのが、投資家として生き残る道だと説く。(97ページ)

ジム・チェイノス

ボールドウィンの一件から、チェイノスは2つの重要なことを学んだ。
ひとつは、どんな局面でも自分の信念を貫き通すこと。
市場は往々にして間違える。
そんなときでもぶれない姿勢を持たなければ、厳しい市場で生き残ることはできない。
もうひとつの気づきは、空売りという投資手法は莫大な利益をもたらす可能性を秘めているということだった。
市場が間違えれば間違えるほど、真実が明らかになったときに空売りで得られる利益は莫大になる。(161ページ)

レイ・ダリオ

そもそも失敗とは、現実をありのままに受け入れ、適切に行動することができなかった結果としてあるものだ。
多くの人が過ちや弱さは悪いものだと考えているが、「それは大きな誤りだ」とダリオは主張する。
なぜなら、失敗や過ちを通じて、人々には学ぶ機会が与えられるからだ。失敗したことと真摯に向き合い、苦い経験をどう乗り越えていけるかがその後の人生の決定的な違いを生む。
投資の世界で長らく戦ってきたダリオだが、自らの運用戦略がいつも正しいとは限らない。
だいたい3分の1ぐらいは失敗といってもいいぐらいだ。
なぜ失敗したかを学ぶことで、投資家としても成長できる。「私は過ちや、問題を愛している。」ダリオはそう語る。

 リスク・テイクについて

読後に一番感じたことは、もう少しリスクを取るべきかなという漠然と感じていた気持ちに対する解を得たという気持ちです。

 

一発で退場するリスクを軽減するためにも適度な分散は必要だと思う反面、運用額が億以下であるなら強気な集中投資をしないと資金が増えないという現実について最近自分の中でかなり問題視しています。

 

というのも、1億くらいなら株なんかやらなくても辛いお仕事していれば将来的に貯まるので、なるべく早く資金を増やすことが自分の中で今最も重要視されるべきことだとみなしていることがその背景要因としてあります。

 

とはいえ、なんの勝算もない無謀な勝負に出るほど愚かではなく、リスク・リワード・レシオが著しく有利な時や絶対的に自信がある時限定で使いたいと考えています。

 

失敗すれば大きなダメージを伴う諸刃の剣であることは重々承知していますが、私のように運用資金が1億以下という少額の場合は特に、資産を大きく増やすためには、この段階でまぐれでもなんでもいいので大きく勝負に出る必要があると常々考えています。

 

最近は投資を始めた当初に比べ、プロセスや手法よりも、まぐれでもなんでもいいので結果を出す重要性を強く意識するようにしています。

空売りに対する考え方が変化

私は本書を読んで空売りについての考え方が多少変化しました。

 

より正確に言えば、変化したというよりも、あまり興味なかったので知見がなさ過ぎた可能性も大です。

昔は訓練を重ねれば、どんな人でも優秀な空売り投資家になれるのだとの考えの下、空売り投資家になるには一定の「資質」が必要と考えていた。
他人に間違っているとずっと言われ続けながら、それでもそうした意見に抵抗していくのはとても大変な作業だ。
反対の声にじっと耳を傾け、何か自分が知らない情報が含まれていないかを確かめた上で、あなたの考えはわかったが、私はこう思うと主張するということをできる人は意外と少ないと思う。
何より大事なのは、自我の中に絶対的な核を持つことだ。
どんなに周囲から批判されるようとも、これだと信じるものがあれば、自らの道を突き進む。
人々の心理が複雑に交錯する市場の波にのまれ、その雑音に振り回されていてはだめだ。

「自分の考えを貫き通す意思の強さ」と「他者の意見も取り込むことができる柔軟性」、この二つのバランスを取ることは口で言うほど簡単ではありません。

 

自分では努めて他者の意見に耳を傾けるようにしていますが、それでも自分の考え方に合わない考え方は、仮に正当な主張であっても感情的かつ無意識的に排除することもあると思います。

 

それが自分が嫌いと認定した相手の発言であるなら仮に正しいことを言っていても受け入れらないのが人間の性だと思います。

 

また、空売りについては、挑戦せずに自分には出来ないと諦めるのも非合理的なので、少額でやっていますが、現段階ではそのレベルに達していないので、今は買いでしっかりと継続して利益を出せるように足元を固めることを優先したいと考えています。

 

全般的な印象として、心に刺さる言葉等もいくつかありましたが、読み物としては少し内容が浅い感じがしました…

 

一読する価値はあると思いますが、私の中では何度も繰り返し読み直すような類の本ではありません。

投資関連の書籍カテゴリの最新記事