株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

2014年の投資成績

      2016/01/05

私は、2014年6月に初めて株を購入し、個人投資家としてデビューしました。

既に、都内にマンションを購入しているため、資金に余裕がなく、約100万程度でスタートしました。

初めて購入した銘柄

初めて、購入したのはサマンサタバサ、薬王堂、日本フラッシュの3銘柄でした。その後、いくつかの銘柄を買ってみたものの、自信が持てずに僅かな利益や損失で撤退し、2014年は主にこの3銘柄で勝負しました。

サマンサタバサについては、赤字からの業績回復、薬王堂についてはドッラクストア業界で明らかな割安性、日本フラッシュについては成長性の割に株価が低評価過ぎると思い購入しました。

サマンサタバサと日本フラッシュについては約2倍になったところで売却し、薬王堂については3倍になりました。

株価の上昇は嬉しいですが、売り時が分からなくてサマンサタバサについては3倍以上になったのに、倍になったところで売却してしまいました。

逆に、薬王堂はずっと保有しているため、3倍の恩恵を得られたものの、2015年末現在では約1.000円近くも下落してしまっており、売るタイミングの難しさを実感させられました。

2014年のパフォーマンス

2014年は後半に日銀の追加緩和の影響もあり、相場環境が良好であったことから、年利48%という成果を残すことができました。現在の自分の能力と比較すると出来過ぎだと評価せざるを得ません。

最初の1年は勉強で損失でも仕方がないと考えていたにも拘わらず、自分の当初の想定よりもはるかに好成績を上げることができましたが、相場環境や運の要素が強いと思われ、現時点での自分の能力ではこの成績を継続するのは不可能であると思います。

現在の資産を定年までに1億円〜2億円貯めるためには、年利20〜30%で運用できれば実現可能であることから、年利20〜30%を今後の目標に設定したいと思います。

余裕資金を株式投資に回せればいいのですが、ローン返済もあり当面は厳しい戦いになりそうです。かなりのペースで返済しているので、年間で5万円くらいしか増資できなそうです。

当然、年利20〜30%もとても難しい目標でありますが、目標は高く設定しないと自分が成長できないので、厳しく設定し、この挑戦を楽しみながら実現できればと思います。

 - 投資成績, 株式投資