通訳学校のオススメは? スパルタの「サイマル」と「インタースクール」の実体験から授業内容などを紹介

語学マスター
スポンサーリンク

英語が得意な人は多いですが、通訳学校に通ったことがある人は多くないと思います。

 

そこで、通訳学校の経験を実体験を交えて書くことで、「通訳学校に行こうか悩んでいる人」、「通訳を目指している人」、「通訳学校の実情を知りたい人」などの参考になれば幸いです。

 

群馬の至宝
群馬の至宝

この記事を書いている私の英語力はというと、学生時代は英語の試験がまさかの10点台でしたが、海外留学や語学学校に通わずに大学生の時に独学でTOEIC990点(満点)を取得したことが2回、英検1級保持している程度です。

 

今回は、通訳学校を比較すると共に、受講料や通訳学校を選ぶ基準についても簡単に触れつつ、実際の体験談を元に授業内容や感じたことを紹介します。

 

ちなみに、私は下手なりに通訳経験が少しあった状態で、サイマルアカデミーに1年、インタースクールに1年の計2年間の経験があります。

 

 

群馬の至宝
群馬の至宝

私は留学経験などもなく英語を独学で習得したため、英語に関しては自信がある方でしたが、初めて通訳学校に行った時は完全に自信を失うほどに出来なくて軽くショックを受けました。

 

【中学英語19点からTOEIC満点までの道】私の勉強法や参考書などを紹介します
今でこそ洋画を字幕なして観れるくらいに成長しましたが、ここまで到達するのにはかなり苦労しました。私がどういった経緯を辿り、中学英語19点からTOEIC990点まで到達したのかについて、中学、高校、大学及び社会人の4区分に分けて当時の勉強法等を振り返ってみたいと思います。特に、中学時代の英語力はひどいものでした...
スポンサーリンク

通訳学校の比較 どこを選ぶべきか?

通訳学校と言えば、サイマル、インタースクール、ISSインスティテュートが3大通訳学校として君臨しています。

① サイマルアカデミー:圧倒的な知名度かつ実績

通訳ならサイマルと言われるほど、圧倒的な知名度かつ実績があります。 

 

マスコミや官公庁などの層にも強く、卒業後にフリーランスの通訳者となり、国際会議をこなしたりするのを最終目標としている人達に合っています。

 

また、既にフリーランスとしてバリバリ通訳されている人がサイマル・アカデミーに入るケースもありますが、通訳学校としてレベルが高いとか、講師の質が良い、歴史があるという通訳学校の実績としてではなく、サイマルがそうした卒業後の仕事に直結しやすい部分、コネみたいなものを作りやすい面があることがその理由として考えられ、卒業後の仕事を見据えている人に人気があります。

 

授業については、少なくとも私が参加したコースを担当した先生は、かなりのスパルタ方式かつ高圧的な先生で、なんでお金払ってるのにこんな怒られるのかというくらい厳しかった記憶があります。

 

授業中、時計を100回くらいみるくらいには毎回帰りたいと思わされました()

② インタースクール:社内通訳者や会議通訳者になりたい人向けのビジネス色が濃い

会議通訳に強く、将来社内通訳者や会議通訳者になりたい人向けのビジネス色が濃いという特色があります。

実際、私が参加していた通訳コースも、経済ニュースを扱った題材が多く、企業通訳を養成するためと思われる教育が多かった印象があります。

 

また、受講者についても、経済系のニュースについては強いものの、国際情勢に関するニュースになると知識がなくて訳出出来ない人がたくさんいました。

 

授業の難易度については、サイマルよりも1段階ほどレベルが落ちるのでは?と個人的には感じました。

また、レベルチェックテストについても、こちらの方が簡単かつ上のクラスに入りやすい印象があります。

③ ISSインスティテュート:情報がなくて…

ISSインスティテュートについては授業を受けた経験もなく、検索しても参考になる記事がありませんでしたので、ホームページに掲載されていた特徴に倣います。

 

私の知り合いにも通っていたことがある人がいませんし、正直、上記2校と比べるとオススメ感は落ちますが、私が知らないだけで何か秘めたるものがあるのかもしれません。

「人材育成」と「現場経験」の双方向のサイクルを「インターメソッド」と呼んでいます。
インタースクールで学んだ方にはスキルを実践で使い、活躍していただける機会を(株)インターグループが提供しています。「スクールで学び、現場で試す」。この相乗効果で確実に実力をつけることができます。
また、通訳・翻訳などの第一線で活躍した人材が講師となり、現場経験をそのままスクールに還元しています。生身の講師を通じて、あたかも現場を体験したかのような臨場感を感じることで実践的な語学力を身につけていただけるのです。

 

→ ISSインスティテュートについては実際に受けたことないので分かりませんが、サイマルとインタースクールであれば、インタースクールの方が遥かに体系的に通訳技術を教えてくれる感がありました。

 

サイマルについては、そもそも実力が高い人材が集まって意識も高い人が多いので、基礎的な部分はあまりやらずに進めているような印象を受けました。

あなたが通訳学校を選ぶ基準は?

では、次に通訳学校を選ぶ基準ですが、通訳学校を選ぶ基準が、「通訳技術を習得することなのか」、また、「その先の仕事に繋げたいのか」など各人によって基準が異なると思います。

 

他の考慮要素として考えられるのは以下のようなところでしょうか?

・学費
・通学期間
・場所
・講座日程
・評判
・説明会や見学の印象
・教える人(講師)
・友人の紹介

 

これらを踏まえ、通訳学校の比較でも触れましたが、卒業後の仕事に繋げたいという視点で選ぶのであれば、「サイマル」一択だと思います。

通訳学校の受講料

次に、気になる受講料ですが、だいたい、どこの学校を選択しても入学金で数万円、そして半年の講座で20〜30万円くらいかかりますので年間50〜60万円というところが相場なので学校による違いはそんなにありません。

 

したがって、受講料ではなく、自分がなぜ通訳学校に行く必要があるのかという視点で選ぶことが1番大事になってくるのではないでしょうか?

 

すなわち、純粋な通訳スキルを身に付けたいのか? あるいは、その後の仕事まで見据えているのか?

 

大きくはこの2つの視点で選び、通訳スキルの純粋な向上であればインタースクール、実績やその後の仕事まで考えているならサイマルという選択肢が必然かなと思います。

通訳学校の体験談

「総評」:「英語が話せる=通訳ができる」という等式は成り立たない

全体的な総評として、既に簡単な通訳経験はあり、それなりに出来るとの自信を持って臨みましたが、ガチの通訳学校は、TOEIC990とか、英検1級くらいのレベルであっても全然ついていけません。

 

ある程度英語力に自信を持っている人でも、気軽に無料体験レッスンに行くと、完膚なきまでに自信を根こそぎ刈り取られます。

 

群馬の至宝
群馬の至宝

普通に聞くのと違って、人に伝えようとすると、全然訳せないし、聞いたことが記憶にも全然残らないことに驚きを隠せず、こんなはずではないと軽く絶望しました。

 

似たような経験は大学でもある人がいるのではないでしょうか?

 

中途半端に英語が得意で上智や東京外大の英文科に行ったりすると、周りのレベルが高過ぎてネイティブの授業について行けずに英語が嫌いになったりする人もいたりしますが、あれと似たような感じです。

 

 

群馬の至宝
群馬の至宝

英語には自信を持っていたのですが、通訳は全くの別技術であり、ここに通って英語がしばらく嫌いになり英語を聴くのさえ嫌になりました。

 

TOEIC900点とはTOEICの終着点!【990点(満点)は目指さなくて良い理由】
TOEICは860点を越えればネイティブ並みと評価されてAランクなのですが、世間では900点超えくらいから英語ができるやつだと認識される風潮があるかと思います。 今回は、「TOEIC900点」と「TOEIC990点(満点)」を取得した...

サイマルアカデミー体験談

私は会社から半ば強制的に行かされたのですが、当時サイマル・アカデミーに入るためにはまず、英語のレベルチェックテストを受ける必要がありました。

 

レベルチェックテストには2つのテストがあり、1つはテープを聞いて聞いた内容をそのまま書き出すディクテーションと呼ばれるもの、もう1つはネイティブ講師との面接です。

 

ここでレベル1~7に振り分けられ、通訳コースに入れるのはレベル7の生徒だけでした。

 

サイマル・アカデミーには通訳コースのほかに、翻訳コースや実践英語コースという英語を勉強するコースもあり、レベル7に届かなくても、実践英語コースで英語レベルを上げれば通訳コースに入ることが可能でした。

 

レベルの目安は、TOEIC860以上がレベル6~7とされていました。

 

→ 英語力が高くても、通訳は向き不向きが出やすいので一概には言えませんが、これだけ合っても全然対応できない人がほとんどだと思います。

 

ちなみに、レベル7の基準は、「どんな話題についても、ネイティブスピーカーと不自由なくやりとりができる。自分の意見をまとまりのある文章で、流暢に、明確に表現することができ、国内外のビジネスシーンにおいて、不自由なく英語でコミュニケーションをとることができる」とされていました。

 

通訳コースは下から、準備科(半年)、入門科(半年)、通訳科(前後期で一年)、同時通訳科(前後期で一年)という構成でした。

 

カッコの中の期間はその科の授業が行われる期間であり、進級には学期末の進級テストに合格する必要があり、不合格なら次の学期も同じ科をやり直しです。

 

群馬の至宝
群馬の至宝

私はレベル7の判定を受け、入門科(半年)、通訳科(前後期で一年)に半年ずついましたので、通訳科の卒業はしていません。

宿題の量も多く、授業はきついしで辞めたくて仕方ありませんでした。

 

インタースクールの体験談

インタースクールもサイマルと基本的には一緒です。

 

ただ、インタースクールのレベルチェックの方が、ディクテーションではなく実際の日英・英日の訳出でレベルを見ているので自分の実力に見合ったコースに割り振られることも多く、本人の納得感もあるのではないかとレベルチェックテストからは感じました。

 

通訳コースの会議通訳コース(本科Ⅰ~Ⅳ)のレベルとしては、以下のような方を対象としてました。

TOEIC® 950点程度以上
実用英語技能検定1級程度以上
TOEFL iBT®110点程度以上
IELTS®8.0程度以上
群馬の至宝
群馬の至宝

私は英日レベルは「本科Ⅲ」なるも、日英は「本科Ⅰ」水準とレベルチェックテストで判定されました。

こちらはレベルチェックテストの内容も経済系のニュースが多かったと記憶しています。

通訳学校の授業内容 

授業内容についてはサイマルとインターでさほど違いはありませんが、インターの方がより基礎的な面から教えてくれ、サイマルは既に通訳を実戦でやっている方も生徒に多かったりするので、それくらい出来て当然です的なスタンスでした。

 

どこの学校を選んでも大体以下のような授業を行うことに違いはありません。

① 情報保持 (リテンション)・訳出 (デリバリー)・演出(パフォーマンス)

通訳をするために必要なスキルは、聴いた内容を記憶する「情報保持 (リテンション)」と、それを別の言語でアウトプットする「訳出 (デリバリー)」、そして、上級者になると、通訳そのものをプロらしくうまく演出する「パフォーマンス」が必要になります。

 

よって、必然的にこうした能力を伸ばす授業が多くなります。

 

そもそも、基礎中の基礎である聴いた内容を記憶する「情報保持 (リテンション)」ができなければ、訳せませんが、これが私は致命的に苦手でした。

 

 

群馬の至宝
群馬の至宝

どれくらい苦手かと言うと、英語ではなく日本語でメモを取らずに何の話をしていたのか復唱してと言われても出来るか不明なほどのリテンション力です。

 

これを補うための記憶の補助として、自分なりに記号を決めておいて記号を使ってメモを取るように指導されますが、例えば、withは「w/」と訳したり、increaseとかは「⬆️」とします。

 

 

群馬の至宝
群馬の至宝

私は、壊滅的にメモ取りも苦手でしたので、メモを取るよりも、頭で理解して覚えた方が訳出しやすいのでメモも諦めました。

 

リテンションも苦手かつメモも苦手なので当然、訳出も話者の発言を正確に訳出するというよりも、発言の意図を理解するようにして自分で解釈しないとできないので、どうしても自分の解釈が大きく入ってきてしまうとよく注意されました。

 

通訳は完全に向いていないと悟りましたし、これを職業としてやっている人は並大抵の努力ではできないと実感しました。

 

海外出張に偉い人たちに同行し、通訳としてではなくロジとメモ取りみたいな役割でなら、議事録を作ったりするのは問題ないくらいに聞き取れるのですが、通訳として人に理解させようとすると途端に聞き取れなかったりします。

 

この他、お決まりのトレーニング方ですが、以下のようなトレーニングもしました。

 

これらは、通訳だけでなく、英語そのものの練習にもとても役立つと思います。

② ディクテーション:耳で聴いた通りに書き取る

ディクテーションとは、「英語の音声を聞き取って、それを一語一句書き起こしていく」というトレーニング法です。

 

内容的にはだいたい理解していてもも、いざ文字で書き起こそうとしてみると、細かい部分、例えば冠詞のtheや前置詞など、あちこち聞き取れない部分があるはずです。

 

このように、ディクテーションをすると自分が聞き取れなかった部分の誤魔化しがきかないので、弱点を認識し、英語力を強化することができるようになります。

 

③ シャドーイング:スピーチを聴きながら一息遅れて全く同じに繰り返す

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。

 

英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは、聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。

 

「聞く」、「発音する」を同時に行うわけですから、難易度の高い学習法ですが、ポイントをしっかりおさえて繰り返し練習することで、確実に英語スキルは上達していくはずです。

 

シャドーイングで期待できる効果

シャドーイングが英語学習の方法として注目されている理由は、ネイティブスピーカーならではの「発音」、「英語のリズム」、「音の強弱」、「イントネーション」などを改善し、より伝わりやすい英語を身につけることができるからです。

 

練習を重ねることで「リスニング力」、「スピーキング力」、「語彙力」の強化にも繋がります。

 

④ サイトトランスレーション:読んだ順に頭からなるべく自然な文にしつつ訳す

これは通訳訓練の定番です。

 

サイトトランスレーションとは、英文を「チャンク」と呼ばれる意味のかたまりごとに区切り、前から訳していくトレーニングの方法のことです。

 

一般的に日本の英語教育では「英文は文の終わりから訳すこと」や「最後まで読み終えてから訳すこと」が教えられていますが、このような英文理解の方法では正確に訳せてもスピードが遅いという大きなデメリットがあります。

 

サイトトランスレーションは従来の英文和訳とは正反対で、語順通りに日本語へ訳していきます。

 

従来の英文和訳に慣れている場合、サイトラ開始当初は難しいと感じるかもしれませんが、継続していくうちに問題なく訳せるようになります。

 

⑤ リプロダクション:1節ずつ英語で聴いた内容を自分の言葉で英語で言う

リプロダクションとは「再生、再現」ということで、シャドーイングのように後について話すのではなく、音声を止めて、聞いたことをまるごと繰り返します。

 

聞いたことを頭の中で記憶しておかなければならず、シャドーイングよりも難しいトレーニングです。

 

内容をきちんと理解できていないと再現することができないので、リプロダクションによって聞いて理解する力が高まります。

 

⑥ パラフレージング:同じ内容を別の表現で言い換える

パラフレージングとは、文章を聞いたり読んだりして、同じ内容を、別の言い方に変えてみる訓練法です。

丸暗記して同じ文章を再現する、というトレーニングもありますが、パラフレージングでは、自分が持っている語彙のなかから、別の表現で再現することで、表現力の強化を図るものです。 

まとめ

圧倒的な知名度かつ実績を伴うのはサイマルです。

 

既に通訳経験がある人もサイマル卒という箔を付けたり、今後の仕事を見据えたコネを作りたい方はサイマルが良いでしょう。

 

他方で、インターは社内通訳者や会議通訳者になりたい人向けのビジネス色が濃い授業を特色として、授業もサイマルより丁寧なので純粋な通訳技術の向上という目的であれば、インターが最も良い選択肢となるでしょう。

 

個人的にはこの2校両方の通訳コースに通った経験がありますが、生徒のレベルはサイマルの方が上ですが、講師の雰囲気や指導法はインターの方が自分には合っていました。

 

繰り返しになりますが、英語が出来るから通訳が出来ると考えるのは大間違いです。

 

どちらの学校に行ったとしても、通訳学校は、英語力と通訳はイコールの関係ではないので、ある程度英語力に自信を持っている人でも、気軽に無料体験レッスンに行くと、完膚なきまでに自信を根こそぎ刈り取られますので、悩む前に一度行って徹底的にやられて自信を喪失してきましょう!

 

そこからサイヤ人みたいに復活して強くなります。

 

 

群馬の至宝
群馬の至宝

私も何度英語に絶望したか分からないほど絶望した後に飛躍的な成長を遂げました。

 

外国語を学習するメリットは? 英語・韓国語・ロシア語を独学で習得した経験から考えてみる
外国語を学ぶ利点・メリット 翻訳・通訳ツールの目覚ましい発展の中、自分で外国語を習得しなくても平気な時代が近い将来到来するだろうに、そんな中で外国語を学習するメリットがあるのかと疑問を持つ方も多いと思います。 今回の記事で...
語学マスター
スポンサーリンク
関連コンテンツ
群馬の至宝をフォローする
株式投資に目覚めた群馬の至宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました