株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

日光二荒山神社

      2015/12/26

日光東照宮は、江戸時代に造られた比較的新しい神社ですが、日光二荒山神社は1,200年以上も前に建立され、修験道の聖地として古くから信仰されてきました。

下野国一之宮であり、伊勢神宮に次いで全国で2番目の敷地面積を誇る神社です。

日光二荒山神社は古くより、霊峰二荒山(ふたらさん)を神が鎮座する御山として崇拝したことから、二荒山を御神体山と仰ぐ神社で、日光の氏神様でもあります。

1352102791_316

出典:日光観光ライブ情報局

御祭神とご利益

御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと:二荒山)、田心姫命(たごりひめのみこと:女峰山)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと:太郎山)です。

日光三山をそれぞれ御祭神としており、縁結び、夫婦円満、子宝等にご利益があるとされています。

大己貴命

大己貴命の大己貴は功績多く著名なという意味です。

また、大己貴命は大国主神の別名であり、大国主とは大国を治める帝王を意味しています。

古事記によると、大国主神は初めて日本国を統治する大国主となったが、苦労して開拓した国を神武天皇に譲渡させられてしまった国譲りの神様としても有名です。

大国主神は国譲りの際、天に届くような大きな宮殿を建ててほしいという願いを条件として提示しており、これが現在の出雲大社にもなっています。

大国主神は、サメに皮を剥がれたウサギを助けた心優しい神様としても有名で、農業、商業、医療の神として信仰されています。

田心姫命

田心姫命は福岡の宗像神社に祀られている3女神のひとりです。

味耜高彦根命

味耜高彦根命の味耜は切れ味の鋭い鉄製の鋤(すき:農具)を意味します。

これは雷と縁があることから、味耜高彦根命は農耕の守護神たる雷神とされています。

 

 杉の木のご神木

日光二荒山神社の見所として、ご神木の杉の木があります。この杉の木のご神木には楢(なら)の宿り木があり、「杉と楢が一緒」=「好きなら一緒」という語呂合わせで恋愛にご利益があると言われています。

 

御朱印はこちら

日光東照宮を参拝した際に、日光二荒山神社にも参拝してきました。

実は、日光二荒山神社は下野国一之宮であるにも拘らず、私はその存在を知りませんでした。

今回の参拝を経て日光二荒山神社の経緯を知ると、日光東照宮よりも日光二荒山の方が有名になってもよいのではないかと思うようになりました。

日光に旅行に来た際は、日光東照宮だけではなく日光二荒山神社にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

ところで、日光二荒山神社の御朱印を見ると、日光だいこく様という刻印があります。

大国主神の大国が「だいこく」と読めることから、七福神の大国主神は大黒様と同一視されます。

ちなみに、大黒様は元々は、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラという神のことです。

image1(1) のコピー 7

 - 御朱印