株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

文部科学省の英語新指導方針について

   

最近読んだ新聞に掲載されていた文部科学省の英語新指導方針について思うところがありましたので、中高の英語教育について少し考えてみたいと思います。

文部科学省の新方針

日経新聞等の報道によると、文部科学省が早ければ2018年度から全国約400の大学で基礎的な授業内容を共通化する方針を固めました。

「話す」、「書く」力を強化することに重点を置き英語で討論するディベートの授業や自分の考えを英語で表現する授業を大幅に増やすとのことです。

また、同省によると、全国の公立中学・高校の英語教員で英検準1級以上に相当する資格を持っているのは2014年度の調査では中学で28.8%、高校で55.4%でした。

2017年度までに中学50%、高校75%にするという目標を掲げていますので、現実とは大きな乖離があります。

中高英語教員の英語力

英検準1級のレベルとは…

高校生の時から感じていましたが、英語を教える立場の人間が英検準1級以上のレベルにないということはいくらなんでも酷すぎると思います。

また、塾の先生についても概ね同様で、大学の時も塾講師のアルバイトをしていた時にこんな英語できない人たちにお金を払って教えてもらっている生徒が可哀想だなと感じていました。

こんなやり方ではできるようになるわけがないといつも感じていました。

遠い先のことですが、自分が中学生の時に体験した素晴らしい塾の先生のように、英語で苦労しない人を育てられる英語教室を開くことが夢です。

そのためにも、もっと勉強して株式投資で成功を収めないと実現できませんので頑張りたいと思います。

少し脱線してしまいましたが、英検準1級とは、英語を仕事にする人にとってははっきり言って全く使えないレベルです。

英語を教える立場にある人には最低でもTOEIC860点以上の実力はあってほしいです。

日本の英語教育は6年間も習うのに使える英語が身に付かないと言われますが、そもそも教える立場の人ができないのですから、当然といえば当然の結果であると思います。

読む力と国語力が土台

「話す」、「書く」力は日本人の英語に最も足りない能力であることには同意しますが、基本的な英語力がそもそも乏しい人に「話す」、「書く」力を強化することに重点を置いた授業をして何の意味があるのでしょうか?

さらに言えば、「話す」、「書く」力は、「聞く」、「読む」力が土台になるので、これらがしっかりと確立していないと絶対に伸びません。

そして、その土台となるのは、その人の日本語力であり国語力です。帰国子女でもない限り、母語以上に英語ができるようになることはありません。

また、子供の語学力向上に成果が出ないのは、英語教員の英語力や指導力が足りないとの厳しい意見もあります。

ただ、英語教員の給料やインセンティブも低い中で、教員に対して能力だけを求めても酷な話ですから、待遇改善を国家政策として実施しないと変わらないと思います。

指導教員が悪いのではなく、文部科学省を中心とした政策を考えるサイドにこそ問題があると思わざるを得ません。

使えない受験英語と私の経験

受験英語は実生活では全く使い物にならないという声を聞くことも多いですが、これについては大学受験に特化した「英文法」を中心とした授業であることが一番の諸悪の根源であると思います。

もちろん、この他にもいろいろありますがここでは触れないでおきます。

私は公立中学の期末テスト19点から、東京外国語大学合格及びTOEIC満点まで留学せずに独学で到達しました。

その経験から言いますと、完全に受験英語偏重の勉強をしてきましたが、単語と文法を覚えたこと以外は全く役に立ちませんでした。

むしろ、英文法を体に染み込ませるように叩き込んだせいで、英語を話そうとすると文法が邪魔してきてスムーズに言葉が出なくなるという弊害もありました。

とはいえ、こうした受験英語は、その後の勉強の基礎・土台にこそなりましたが、6年という長い期間勉強してきたことを考えるとかなりの時間を無駄にしていると思います。

平成30年度から英検準1級 or TOEIC780点以上でセンター試験満点扱い

自分で作成したカリキュラムで勉強した私の高校時代

私自身が経験したこうした無駄な時間を排除して最短時間で英語を習得できる人が増えればという思いもあり、私の英語勉強の過程を本ブログで紹介しています

英語を教える立場の英語教員が、これほどまでに英語ができないことを改めて知り、私みたいな田舎の公立校出身で英語力を伸ばしたいのなら、学校の授業に頼らずに自分のカリキュラムで勉強する必要があるという思いをさらに強めました。

実際、私の経験を述べますと、私は高校1年生の夏頃に限界を感じ、学校の授業を聞くのをやめて自分で組み立てたカリキュラムを基に勉強しました。

英語教員からすれば、授業も聞かない生意気な奴だと思われていたと思いますが、その授業に頼っていたらできるようにならないので仕方ありませんでした。地方の公立校の英語レベルとはそんなものです。

それでも、大学に合格するのが目先の一番の目的だから、それを求められる以上、受験英語型の学校の授業をやらなければならないと思う方もいるかもしれません。

しかし、「CNN ENGLISH EXPRESS」や海外ドラマを利用した勉強をやっていれば、生きた英語が学べると同時に受験英語もカバーできるので問題ありません。

英検準1級あるいはTOEIC780点以上でセンター試験満点

平成30年度からは英検準1級あるいはTOEIC780点以上でセンター試験満点扱いになるようです。

これにより、「CNN ENGLISH EXPRESS」や海外ドラマを通じた生きた英語の勉強が大学受験でも有利になる方向に動いています。

英検準1級はTOEICに換算すると730点くらいですが、単語レベルも高校生には難しいため、TOEIC780点を目指した方が効率的であると思います。

TOEICの問題は簡単ですが、時間内に処理する問題が多いです。この点がセンター試験と似ています。ただし、TOEICはセンター試験に比べて圧倒的に速読力が必要になります。

私はセンター試験本番では3問違えて186点と納得いかない点数でした。しかし、TOEIC満点の今受けても同じくらいの点数だと思います。

ミスしない凄い人もいますが、大抵の人はどんなに問題が簡単でも数問は間違ってしまいます。この新しい制度はぜひ利用した方がいいと思います。

まとめ

誰かが高校生の私に「CNN ENGLISH EXPRESS」を紹介してくれて、この頃から生きた英語を勉強できていれば、私はここまで苦労せずに英語ができるようになったと思います。

努力してくれている教員の方もいると思いますが、学校教育の英語に頼っていたら、いつまでたっても本物の英語力は身に付きません。早い段階から気付いて自分でアクションを起こす必要があります。

BE動詞すらわからなかった公立中学英語19点の私ですら留学せずにTOEIC満点になったのですから、然るべき方法でやれば必ずできるようになります。

 - 英語勉強法