株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

赤坂日枝神社

      2015/12/26

赤坂日枝神社は、太田道灌(おおたどうがん)が江戸城築城の際に、江戸城守護のために川越日枝神社から勧請(かんじょう)したことがその起源とされています。

当時は江戸城の守護神社のひとつであったが、現在でも御朱印に「皇城の鎮」とあり、皇居を守護していることがわかります。

赤坂日枝神社の巫女ブログより引用

出典:赤坂日枝神社の巫女ブログ

御祭神とご利益

御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)であり、山頂の偉大な神、転じて頂上を支配する神という別名の山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)とも呼ばれます。

大山咋神の「咋」は、主という意味で、大山の主であるとともに、広く地主神として崇められてきました。

山、水を司り、大地を支配し万物の成長発展、殖産の興隆を守護し給う広大なる御神徳を有し、商売繁盛、社運降昌にご利益があるとされています。

赤坂日枝神社は経営者や政治家の参拝で有名ですが、前述したような赤坂日枝神社の御祭神の性質を理解すると納得できると思います。

大きな目標や決意を願う神社なのです。

猿神様の縁結び

また、赤坂日枝神社の社殿の両側には夫婦の狛犬の代わりに、神使いの「猿神様」がいます。

言霊で猿(えん)と縁が通じることから、良縁をもたらす縁結びの神社としての側面も持ち合わせています。

また、猿が子供に対して愛情深く接する姿から、「安産の神」としても崇められています。

Travel.jpから引用

出典:Travel.jp

山王社と呼ばれる理由

古事記によりますと、この神は淡路国(滋賀県)の日枝山に鎮座する。

また、葛野(京都県)の松尾に鎮座され、鳴鏑を用いる神とされています。

この神様は、総本社である滋賀県大津市の日吉(ひよし)大社と比叡山との関係から山王社とも呼ばれます。

日吉大社は天台宗の御法神とされてきた経緯があり、日吉大社が山王と呼ばれるのは天台宗の中国の本山が「山王元弼真君(さんのうげんひつしんくん)」を御法神とされていたことによると言われています。

この他にも、大山咋神が、山頂の偉大な神であることから山王と呼ばれている可能性もありますね。

ちなみに、日枝神社の読み方は、本来は日枝山、比叡山の「ひえ」でしたが、後に「吉」という好字を当てて、「ひよし」とも呼ばれるようになった模様です。

御朱印はこちら

赤坂日枝神社は、初詣に御朱印を頂きに参拝しました。エスカレーターがあるので、利用しようと思ったらあまりの人混みで無理でした。

御朱印を頂くのにも20〜30分もかかってしまいました。

御朱印はこちらになります。

赤坂日枝神社-御朱印

 - 御朱印