【榛名神社】戦艦榛名の聖地として有名な群馬の最強パワースポット!

教養
スポンサーリンク

群馬県高崎市に鎮座する、関東屈指のパワースポットと名高い「榛名神社」をご紹介します。

 

群馬県出身であり、「株式投資に目覚めた群馬の至宝」ブログを運営する私としては聖地とも言える場所です。

 

榛名神社公式サイトより引用

スポンサーリンク

榛名神社とは

榛名神社は、創建1400年の由緒ある古社です。

 

徳川時代の末期に至るまで神仏習合の時代が続き満行宮榛名寺などと呼ばれて上野寛永寺に属し、明治初年神仏分離の改革によって榛名神社として独立しました。

 

赤城山、妙義山と共に、上毛三山のひとつである榛名山の神様を祀っています

御祭神とご利益

御祭神は主祭神として火産霊神 (ほむすびのかみ:火の神)、埴山毘売神 (はにやまひめのかみ:土の神)を祀っています。

 

火産霊神は、神産みの神話においてイザナギとイザナミとの間に生まれた神です。

 

火の神であったために、出産時にイザナミの陰部に火傷ができ、これがもとでイザナミは死んでしまいました。

 

その後、怒ったイザナギに十拳剣(とつかのつるぎ)」で殺されてしまいました。

 

埴山毘売神は、火産霊神を産んで死ぬ間際のイザナミの大便から産まれた神で土の神とされています。

 

主祭神の他に、大山祇神(おおやまづみのかみ)、大物主神 (おおものぬしのかみ)、木花開耶姫(このはなのさくやひめ)、七福神等、多くの神社が祀られており、ご利益は天下泰平、五穀豊穣、開運、縁結び等とされています。

最強のパワースポット

関東屈指、群馬最強のパワースポットとのクチコミも多い榛名神社ですが、その理由は「火、土、木、水、金」のエネルギーが集まっていることにあると考えられています。

 
榛名神社には、上述の火産霊神 (ほむすびのかみ)「火の神」、埴山毘売神 (はにやまひめのかみ)「土の神」の他に、榛名山に生い茂る「木の神」、榛名湖や榛名川からの「水の神」、「金の神」が存在します。

 
このように多くの神のエネルギーがそろう場所は中々なく、「天」のエネルギーが最も強まる場所とも言われており、すべての運気が上昇し、大きな願望が叶うと言われています。 

加えて、関東屈指の龍穴スポットのひとつであるため、大地の気がみなぎっているため、どんな願いでも叶えてくれる「万能神社」と言われています。

御姿岩(みすがたいわ)

榛名神社のご神体といわれる御姿岩、携帯の待ち受けにすると、勝負運がアップすると言われて一時期話題になりました。

 

本殿の背後にある巨大な岩で、今にも崩れそうな絶妙なバランスで岩が重なっています。

御姿岩 「榛名神社紹介サイト」より引用

 

榛名神社の「七福神」

長い参道の要所に七福神が待ち構えています。

 

そして、なぜか最後には天狗がいます。

 

七福神の中には、日本出身の神様は恵比寿様ただ1人なので、なぜ神社に七福神がいるのか疑問でした。

 

恵比寿様 「榛名神社紹介サイト」より引用

毘沙門天・・・勝負事に強くなる、融通招福、大願成就の神

寿老人 ・・・長寿延命、富貴長寿の神

布袋尊 ・・・笑門来福、夫婦円満、子宝の神

福禄寿 ・・・招徳人望、子孫繁栄の神

恵比寿 ・・・商売繁昌、除災招福の神

弁財天 ・・・知恵財宝、学業成就、愛嬌縁結びの神

大黒天 ・・・福徳開運、子孫愛育の神

神社になぜ七福神がいるのか? 答えは「本地垂迹説」の影響

神社検定のテキストを参照してみると、神社に七福神がいるのは、どうやら本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)の影響であることが分かりました。

 

明治維新の直後に、明治政府が神仏分離を行なって、神社とお寺を区別しました。

 

それ以前は、仏こそが神の真の姿「本地」であり、日本の神々は人びとを救済するために、仮に神という姿で日本に現れた「垂迹」であるという「本地垂迹説」が主流でした。

 

この説によって、神は仏と同体(神仏習合)と考えられるようになりました。

 

こうした背景があり、弁財天様などの仏が神様として神社に祀られるようになった模様です。

戦艦榛名の逸話

榛名は金剛級戦艦の3番艦であり、榛名の艦名は、群馬県にある上毛三山の1つの榛名山に由来します。

 

太平洋戦争で榛名はマレー攻略戦やミッドウェー海戦に参加するとともに、ガダルカナル島の戦いでは、姉妹艦の金剛とともに大量のアメリカ軍航空機を破壊しています。

 

太平洋戦争時には榛名神社からの分祀で、戦艦「榛名」に艦内神社がありましたが、戦艦が大きな傷を負うことはなく、歴代艦長が生還したことから榛名神社は「奇跡の強運神社」と呼ばれています。

 

榛名の名前は海上自衛隊の護衛艦に引き継がれて2000年代まで運用されていましたが、現在は退役しています。

艦隊コレクションの聖地巡礼

そんな戦艦榛名ですが、艦隊コレクションではこのようなお姿で登場しており、艦隊コレクションの聖地巡礼の場にもなっています。

 

 

御朱印

 

image1(1) のコピー 5

 

まとめ

榛名神社は山岳信仰/神仏集合の霊場であり、大自然に囲まれた山道に大迫力の境内で神社の魅力が凝縮されています。

 

私自身も大好きな神社のひとつですし、「株式投資に目覚めた群馬の至宝」ブログを運営するものとしては外せないスポットです。

 

戦艦榛名が、太平洋戦争での激しい砲撃をくぐり抜けて奇跡的に生還したという逸話もあるように、とても御神徳が高い神社ですので、群馬に行った際にはぜひとも参拝してもらいたい神社です。

 

上野国(群馬県)の一ノ宮は世界遺産に登録された富岡製糸場がある富岡市に所在しますので、世界遺産へ行った際には日本3大下り宮として有名な一ノ宮貫前神社への参拝がもお忘れなく!

 

【日本三大下り宮】群馬の至宝が一之宮貫前神社(群馬県)を参拝!
神社は通常、階段を上がった先などにあることが多いですが、群馬県富岡市にある貫前(ぬきさき)神社は社殿が階段を下りたところにある特殊な神社として、「日本3大下り宮」に数えられています。 群馬の至宝 貫前神社は、...

 

乃木坂46の聖地の乃木神社も気になりますよね?

 

【乃木神社】乃木坂46ファンの聖地 縁結びのお守りも有名!ご利益や御朱印は?
乃木神社がある乃木坂といえば、乃木坂46が有名です。乃木坂46は乃木神社の宣伝大使を務めたこともあり、メンバーも乃木神社で成人式を挙げています。乃木坂46のイメージカラーは紫ですが、これは乃木神社のお守り「勝守(かちまもり)」が紫色であることに因んでいるのではないかと思います。
教養
スポンサーリンク
関連コンテンツ
群馬の至宝をフォローする
株式投資に目覚めた群馬の至宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました