株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

箱根神社

      2015/12/26

箱根神社は約1250年前に現在の地に里宮が建てられ、源頼朝から徳川家康まで武家による信仰の篤い神社として栄えました。

現在も「箱根を背にするのものは天下を制す」と言われる関東屈指の神社です。

index

出典:芦ノ湖温泉旅館組合

御祭神とご利益

箱根神社の御祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫である瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと)、妻の木花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと)、子の彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと)です。

瓊瓊杵尊は、高々と稲穂を積み上げた高千穂の霊峰に天孫降臨した神様です。

ご利益は、心願成就、交通安全、開運厄除け、勝負運等とされています。

特に、スポーツや仕事運などの勝負事に非常に強いご利益があるとされています。

実際、スポーツ関係、財界に熱心な崇敬者が多いです。

例えば、巨人軍の長島監督のご子息の一茂さんは箱根神社で結婚式を挙げていました。

また、箱根の神様は、一生懸命やる人には本当に真剣に接して下さると言われています。

私もこうした箱根の神様のご利益に預かりたいと思い、御朱印帳は箱根で購入しました。

箱根の不思議

箱根の不思議のひとつに、箱根界隈には松が少ないことが挙げられます。

これは伝承によると、箱根の神が周辺をパトロールしていた時に松にぶつかり、眼を傷つけたから松を抜いたと言われています。

これが何を意味するかというと、神道は言霊を大事にしますから、「松がない」=「待つがない」=「待たない」ということで、一生懸命な人に対しては待たずに導いてくれるという風に解釈できるのです。

何か頑張っているけども、いまいちどうしたら良いのか分からないという時は、誰にでもあると思います。

そうした時には、是非箱根神社を訪れて自分自身を見つめ直したいですね。

御朱印はこちら

箱根神社は今回初めての参拝でした。バスで箱根関所資料館まで行き、資料館を見学した後、歩いて箱根神社まで行きました。

歩いて箱根神社に行っている人は私だけでした。

御朱印はこちらになります。

箱根神社-御朱印

 

 - 御朱印