株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

ギャング・オブ・ニューヨーク

   

基本情報

原題: Gangs of New York
ジャンル:  コメディ
上映時間: 168分
製作国: 2002年  アメリカ
監督・脚本:  マーティン・スコセッシ
出演:  レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、リーアム・ニーソン、ダニエル・デイ=ルイス等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:71点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

マーティン・スコセッシ監督が70年代に同名ルポに出会って以来、映画化を希望してきた作品が遂に完成。同時多発テロの影響などで公開が1年延期となった話題作。1846年、移民たちがそれぞれギャング団を結成し、縄張り争いに明け暮れるニューヨーク。目の前で父を殺された少年アムステルダムは、15年後、父を殺したギャング団のボス、ビルへの復讐を果たそうとする。街もまた、大きな変革期を迎えようとしていた。

予告動画

感 想

マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオのコンビの作品ということで期待が大き過ぎたせいか、個人的にはもう一声欲しい作品でした。誤解がないように言い換えると、この2人の作品にしてはイマイチであり、全体としては興味深く見ることができました。

640

特に、本作でのディカプリオの演技力もさることながら、ギャングのボスとしてのダニエル・デイ=ルイスの存在感が凄まじかったです。実質的な主人公は、ダニエル・デ イ=ルイスだと思わされるいぶし銀な演技です。監督、出演者は文句ないものの、時代設定が古いことやギャングの抗争を扱った作品であるため、映画好きでない限り積極的に見てみようとはならない作品であるとみられ、見る人を選ぶ作品であると思います。多民族国家アメリカの難しさもよくわかる作品でもあり、食わず嫌いせずに見て頂きたい作品のひとつです。

 - ヒューマンドラマ, 映画鑑賞