株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

生涯投資家 投資家目線の村上世彰氏の真意

calendar

reload

スポンサーリンク

投資家目線の村上世彰氏の真意

本書は、上場企業としてあるべき姿を実現するために、国家のために身を粉にして十数年間務めた通産省を退職し、制度を作る側から自らが市場で「プレイヤー」として変革しようと村上ファンドを立ち上げ、その後インサイダー取引の容疑で逮捕された村上氏が、投資家目線で上場企業はどうあるべきかを語った本である。

 

村上氏については、メディアで頻繁に取り上げられた「お金儲けは悪いことですか?」の言葉が印象に残っている方が多いだろう。

 

村上氏がメディアを騒がせていたのは私が大学生の頃であったが、当時は自分の勉強が忙し過ぎて、時事ニュースを見ていないながらも、完全に悪者扱いされているなくらいの印象を持っていたと記憶している。

 

何事も事実については様々な側面から見ないと判断できないので、本書は村上氏から見た当時の様子を知るのにとても有益である。

 

実際、少なからず美化している要素もあるだろうし、利害関係者から見ると、内容に文句をつけたくなる人もいるだろう。

 

そうしたことを差し引いても、今年読んだ本の中で最も面白かったと言える。

 

村上氏の主張自体は、株式投資をたしなむものなら周知な基本的な原理・原則の話に過ぎないのだが、それがこんなにも注目を浴びたのは、翻って日本市場が歪んでいる証左であるということだろう

 

とても平易な文書で読みやすく、小説を読んでるみたいな印象を受けたのも私だけではないと思う。

 

村上氏が官僚であることを本書を読む前は知らなかったが、外務省の国際情報局主任分析官であった佐藤優氏の著書『外務省犯罪黒書』を読んだ時と似たような読後感に包まれている。

 

本人も著書の中で言及しているが、村上氏は頭が良過ぎる上に、曲がったことを見逃せない実直な性格であること、コミュニケーション能力に欠けることから、自分の真意が伝わらずに主張が歪曲されて誤解されることも多かったと容易に推測できる。

また、当時はSNSが発達しておらず、メディアしか情報を発信できず、支持する声が見えにくかったということも村上氏にとっては不運であったとしか言いようがない。

村上氏の投資術

村上氏の投資スタイルの根底にある考え方は以下の部分に端的に示されている。

私の投資スタイルは、割安に評価されていて、リスク度合いに比して高い利益が見込めるもの、すなわち投資の「期待値」が高いものに投資をすることだ。 

手堅く見積もっても、IRRの数字が15%以上であることが基準となる。

投資につきものであるリスクを査定する際には、定量的な分析よりも定性的な分析が重要なポイントとなる。

数字や指標の判断よりも、経営者やビジネスパートナーの性格や特徴をつかむことだ。

私はファンドで投資する銘柄を選ぶ際、時価総額に占める現預金(不動産、有価証券など換金可能な資産を含む)の割合、PBR、株主構成などを点数化してスクリーニングする。

失敗しない投資など投資とは言えない……投資家として大事なことは、失敗した時がついたときにいかに素早く思い切った損切りができるか。下がり始めたら売る決断をいかに速やかにできるか、ということだ。それによって失敗による損失を最小限に止めることができる。

投資につきものであるリスクを査定する際には、定量的な分析よりも定性的な分析が重要なポイントとなる。数字や指標の判断よりも、経営者やビジネスパートナーの性格や特徴を掴むことだ 

「国家というものを勉強するために、ぜひ官僚になれ」

最も尊敬している投資家は「父で」あり、投資哲学は、すべて父から学んだという点、またその父から「国家というものを勉強するために、官僚になれ」と言われていた点などはとても興味深かった。

 

私は本書を読むまでは村上氏が官僚出身とは知らなかったが、こういう優秀な人ほど辞めてしまうのが非常に残念でならない。

優秀な人間ほど変わり者として槍玉にあげられてしまう…

村上氏の主張は投資家であるなら納得できる部分が多いが、日本では人と違うことをしていると「変り者」扱いされて槍玉にあげられてしまうところがある。村上氏の事例や先に似たような印象を受けたと述べた佐藤優氏の事案などが代表例である。

 

村上氏の言っていることは正論ではあるのだが、本人も認めているように方法論や言動から否定されることが多かったことは事実である。

 

人柄や言動ではなく、主張内容の当否によって正当に評価されるのが望ましいが、そんなに大人な人間は少ないので、それを望んでも難しいだろう。

 

というのも、本書自体は楽しく読めたものの、私も器が小さいので、仮に私が既得権益者であったら、全力で村上氏を潰してしまうだろうと思ってしまうので…

 

最後になるが、本書の「おわりに」の部分がとても素敵なので、そこだけでも立ち読みでいいから読んでほしい。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す