株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

2番目のキス

      2016/02/08

基本情報

原題: Fever Pitch
ジャンル: ロマンティック・コメディ
上映時間: 104分
製作国: 2005年  アメリカ
監督・脚本: ファレリー兄弟(Farrelly brothers)
出演: ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:51点

ストーリー

キャリア・ウーマンのリンジーは30間近の独身。大きな仕事は任されるし、友人もたくさん、人生順調組を歩んでいた。そんな彼女の前に、高校教師のベンが現れ、リンジーに一目ぼれをした。こうして2人の恋は順調にスタートした。ところがある日、リンジーの両親に会う日を目前にして、ベンが予定をキャンセル。この日から、ベンがレッドソックスの熱狂的ファンであることが判明! ソックスに何よりも情熱を注ぎ、リンジーにも一緒に観戦して欲しがるベン。リンジーも彼にあわせようと頑張るが、仕事はたまるいっぽう。互いにすれ違いを感じるようになってきたリンジーとベン……果たして2人の恋の結末はどうなる?
出典:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

予告動画

出演者に関する豆知識

ドリュー・バリモア

ETで末っ子の役を演じていました。その後、「25年目のキス」(原題:Never Been Kissed)、「チャーリーズ・エンジェル」(原題:Charlie’s Angels)、「デート・ウィズ・ドリュー」(原題:My Date with Drew)等に出演しています。ロマンティック・コメディには欠かせない存在です。

感 想

特別面白いという作品ではないですが、ドリュー・バリモアが出演していることから安定して見れるロマンティック・コメディ作品だと思います。

レッドソックスの熱狂的ファンという男性の共感を誘う内容で、自分の趣味について干渉されたくないと思っている人は楽しく見れると思います。私もサッカーや野球等の国際大会は干渉されずに一人で見たかったりする方なので共感する点が多かったです。

「25年目のキス」、「50回目のファースト・キス」に続く3作品目のキス作品ですが、今作品のタイトルは女性ウケを狙って失敗した感があります。

ドリュー・バリモア出演作品ではアダム・サンドラーと共演した「50回目のファースト・キス」の方が良かったと思います。

個人的に一番の見所は、「セックス・アンド・ザ・シティ」でキャリーの幼なじみのゲイの大親友役を演じたウィリー・ガーソンがベンの友人の麻酔科医役で出演していた点です。

作品から学ぶ英語表現

One day Ben’s mom says enough moping around and she calls her brother Carl to take him somewhere… anywhere, just to get the kid out of the house.

対訳:ある日、ベンの母親がベンに対していじいじするのはもうやめなさいと言い、兄のカールに電話してどこでもいいからベンを家から連れ出すように頼んだのです。

mope aroundは「浮かない顔をする」の意味。

 - ロマンティック・コメディ, 映画鑑賞