映画や海外ドラマを利用した学習で英語リスニング力は向上するか?

映画や海外ドラマを利用した学習で英語リスニング力は向上するか?

以前、私が映画を活用してどのように英語をマスターしたのかという経緯を中心に記事にしましたが、今回は具体的なやり方については紹介し、映画や海外ドラマを利用した学習で英語リスニング力は向上するのかについて記事にしたいと思います。

 

教材としては映画よりも海外ドラマの方がリスニング強化には良い

映画だとセリフが少ないことが多く、ドラマの方がやりやすいのでドラマを選択した方が良く、私の場合は「FRIENDS」「How I Met Your Mother」、「Big Bang Theory」をセリフを暗記するくらい見ました。

 

 

特に、「FRIENDS」はスラングもたくさん覚えられるし、英語もそこまで難しくないので絶対的にオススメです。

 

最も簡単な教材を求める方は「Full House」から始めるのがいいと思いますが、楽しくできることが前提なので、継続できるように自分が好きな作品が一番です。

 

【How I Met Your Mother】名作フレンズを超えたオススメの海外ドラマ 

リスニングが聞き取れない原因は2つ

さて、映画のストーリーは既に頭に入っており、意味の分からない単語がわずかしかなかったという状態で聞き取れないと、自分が「リスリングの能力値が絶望的に低いようだ」と自己分析をされる方もいるかもしれません。

 

私は、リスニングが出来ない方は以下の2つのパターンに大別できると考えています。

① 英語音声そのものが理解できていないパターン

② 英語音声は聞こえているのに、意味が取れないパターン

 

①のパターンが圧倒的に多いですが、意外に②のパターンで理解できない人もいます。

 

これは音声と意味が紐づけられて頭に入っていかない場合と、そもそも日本語で聞いても意味が理解できないような内容である場合もあります。

 

英語はほとんど聞き取れないけども、ある特定の分野に対する知識が豊富な場合、いくつかの単語が聞き取れるだけで何の話をしていたか理解できた経験があると言う方も多いと思いますが、背景知識が圧倒的に不足していることが原因で聞き取れていても理解できない場合もあります。

 

逆に、意味の分からない単語がわずかしかないのに聞き取れなかったということは、どうやら英語の音声そのものが聞き取れていない可能性が高いと思います。

 

私自身もそうでしたが、受験英語で勉強してきた人間は「英語の発音について」体系的指導を受けてきていない方が多く、母語である日本語の音との漠然とした比較で英語を聞いて発音していると思います。

 

本来踏むべき手順としては、リスニングと発音の向上には、私たちが無意識のうちに影響を受ける日本語と英語の音声の基本構造と音の変化の特徴をきちんと把握するのが重要なのですが、こういったアカデミックな音声学的なアプローチは物凄くつまらいので、なるべくそうした要素を排して、自然と身に着けるためには、繰り返し音読(この場合は自分が役者になりきって俳優と同じスピードでスクリプトを音読する)することだと身を持って経験したので、音読を推奨します。

 

(できれば、プラスアルファとして毎日洋楽を聞いたりして英語に毎日触れる環境作りも同時進行してほしいです)

 

その前提として、絶対的な基礎力が足りず、リスニングが全くできないと感じられている方は、まず作品を何度も見て内容を把握したら、スクリプトを見て意味が取れるか確認してみてください。

 

そして、初見で役者の方と同じ速度で音読できるか試してみてください。

 

自分が同じ速度で読めない限り、基本的には絶対に聞き取れません

 

また、意味を取る際にも、サイト・トランスレーションを必ずしてください。

 

これらを経てからの映画を通じた英語聞き流しです。

ネットフリックスと海外ドラマを利用したリスニング強化の親和性

この点、今はネットフリックスが素晴らしい機能を提供してい驚きました。

 

私が学生の頃なんて、スクリプトなんてあまりなかったので気合いで何度も聞いて音から想像して単語の意味を調べたりしていました

リスニングとサイト・トランスレーションの関係

これも日本語と英語の構造からくる違いと受験英語の弊害ですが、文章を読むときに日本人は日本語の語順でしか英語を処理することに慣れていないので、文末で意味が完結しないことが往々にしてあります。

 

短い文や短文なら聞き取れても、2つ、3つ文が続いたり、接続詞や関係詞節のある文になるとついていけないということになります。

 

これを解決するために必須なのがサイト・トランスレーションです。

 

これは通訳訓練の定番です。

 

サイトトランスレーションとは、英文を「チャンク」と呼ばれる意味のかたまりごとに区切り、前から訳していくトレーニングの方法のことです。

 

一般的に日本の英語教育では「英文は文の終わりから訳すこと」や「最後まで読み終えてから訳すこと」が教えられていますが、このような英文理解の方法では正確に訳せてもスピードが遅いという大きなデメリットがあります。

 

サイトトランスレーションは従来の英文和訳とは正反対で、語順通りに日本語へ訳していきます。

 

従来の英文和訳に慣れている場合、サイトラ開始当初は難しいと感じるかもしれませんが、継続していくうちに問題なく訳せるようになります。

 

やり方ですが、まず、文を意味の固まりごとにスラッシュを入れながら読み、それぞれの意味の固まりの意味を出てきた順番に掴んでいきます

 

常に文全体の構造の把握に努め、意味の固まり同士の文法上のつながりと、意味上のつながりを考えながら読みます。

 

実際には、自分の理解を確かめる意味で、それぞれの固まりを日本語に置き換えていきます。

 

最初はきれいな日本語にならなくてもよいので、自分の理解を日本語に置き換えていきます。

 

言葉にするとややこしそうですが、やることは至って簡単です。

サイト・トランスレーションの具体的なやり方

文脈がわからないのと文章が短いので例としては悪いですが、例えば、以下のようにスラッシュを引いた固まりで理解していく作業を繰り返します。

 

普通に訳す場合は黄色のハイライトのように訳しますが、サイト・トランスレーションの場合は、綺麗な日本語にしなくて意味の固まりで自分の頭の中で理解できる程度の役で十分です。

And you read my writing upside down. 今、逆さまから読んだね。

You see what I mean? John, you’re a soldier. It’s gonna take you a while / to adjust to civilian life.

いいかい、ジョン。あなたは兵士なの。しばらく時間がかかるの、一般市民(の生活)に適合するには。(軍人から一般社会の生活に慣れるには時間がかかるの)

And writing a blog about everything / that happens to you / will honestly help you.

ブログに逐一日々の出来事を書く、あなたの身の回りで起きることを、(それが)あなたの役に立つだろう。

(毎日の出来事をブログに書けば、気持ちの整理もつくと思うよ。)

このプロセスを経て、音読が同じ速度でできるようになったら音声が聞こえるようになっているはずです!

 

最初はめんどくさいと感じるかもしれませんが、次第にこうした下作業が必要ならなくなり、日本語字幕→英語字幕→字幕なしのステップに移れるので、最初は軌道に乗るまでは諦めないで1作品は終えてほしいところです。

 まとめ

私は海外ドラマや映画で浴びるように英語を聴き続けて、留学なしにTOEIC満点、英検1級取得までいけましたので、国内で楽しみながら海外ドラマや映画を見つつ、この記事で指摘した点を意識してやっていけば リスニング力の向上は可能だと思います。

 

さあ、アマゾンプライムで気になった海外ドラマや洋画を見まくって、あなたも英語を得意にしましょう

 

Amazonプライムビデオで無料のオススメ洋画をランキング形式で紹介【随時更新】

Amazonプライムビデオで無料のおすすめ海外ドラマをランキング形式で紹介【随時更新】

おまけ:映画予告編を通じたリスニングとサイトトランスレーション

映画本編をオススメしますが、映画は長いから見る時間がないという人は映画の「予告編」を使用したリスニング力強化を行うことをオススメしたいです。

 

この方法も私は採用していました。「予告編」のリスニングは文脈がなくて唐突感があるので難易度は高めですが、「予告編」は2分くらいでかなり短いですから何回を聞いてぜひ挑戦してみて下さい!

 

それでは、映画「(500日)のサマー」を題材として「予告編」を通じたディクテーションを実施してみたいと思います。

 

以下に私が実施したディクテーションの例を提示しますが、まずは見ないで自分でやってみてください。けっこう、聞き取りにくい部分もあると思います。

 

この時のZooey  Deschanelは最高でした!

「500日のサマー予告動画

英文聞き取り(ディクテーション)

Summer: I love The Smiths.

Tom:  Sorry?

Summer: I said I love The Smiths. You– you have a good taste in music.

Tom: You like The Smiths?

Summer: Yeah. “To die by your side is such a heavenly way to die.” I love ‘em.

Tom: Holy shit

Narrator: This is a story of boy meets girl. The boy, Tom Hansen, grew up believing that he’d never truly be happy until the day he met the one. The girl, Summer Finn, did not share this belief. You should know up front this is not a love story.

Summer: I think we should stop seeing each other.

Tom’s sister: Just like that?

Tom: Just like that.

Tom’s sister: Start from the beginning and tell us what happened.

Tom’s Co-worker: I tried to talk to her in the coffee room she’s totally not having it.

Tom: Maybe she was just in a hurry.

Tom’s Co-worker: And maybe she’s an uppity, better-than-everyone superskank.

Tom: In college they called me perfectly adequate Hansen.

Summer: They used to call me anal girl.

Summer: I was very neat and organized.

Tom’s Co-worker: So do you have a boyfriend?

Summer: No. Who needs it? We’re young, might as well have fun while we can.

Tom: Wait. Wait. What happens if you fall in love?

Summer: Love. You don’t believe in that. Do you?

Tom: What. It’s love, not Santa Claus.

Tom: I think it’s official. I’m in love with Summer. I love how she makes me feel.

Tom: Did you ever even have a boyfriend?

Summer: Of course.

Tom: What happened, why didn’t they work out?

Summer: What always happens? Life.

Summer: Get over her.

Tom: I don’t want to get over her. I want to get her back.

Summer: We’ve been like Sid and Nancy for months now.

Tom: We have some disagreements but I hardly think I’m Sid Vicious.

Summer: No I’m Sid.

Tom: Oh, so I’m Nancy.

仮 訳

サマー: 私もスミスが好きなの。

トム:  えっ?

サマー: 私もスミスが好きって言ったのよ. あなたの音楽の趣味は素敵だわ。

トム: 君もスミスが好きなの?

サマー: ええ。“あなたの側で死ねるなんて、とても素敵な死に方だな.” とても素敵な歌だわ。

トム: なんてこった!

ナレーター: これは男の子が女の子に出会う話である。男の子のトム・ハンセンは運命の人に出会うその日まで本当の幸せは訪れないと信じて育ちました。女の子のサマー・フィンは同じような考え方をしていませんでした。先に言っておくが、この話はラブストーリーではありません。

サマー: もう会わないほうがいいと思うの。

トムの妹: 何の前触れもなく?

トム: 前触れはなかった。

トムの妹: 出会いから今まで何があったか教えてよ。

トムの同僚: 休憩室で話しかけようとしたんだけど、関わり合いはごめんよって感じだったよ。

トム: よくわからないけど、何か急用で急いでいただけじゃないの? 

トムの同僚: それか傲慢でやな女の可能性もあるけどね

トム: 大学では、平均点のハンセンと呼ばれていたよ。

Summer: 私は肛門女と呼ばれていたわ(英語ではanalは肛門と几帳面なという意味がある)

サマー: とてもきれい好きで整理整頓をきちんとしていたから。

トムの同僚: 今、彼氏とかいるの?

サマー: いないわ。彼氏なんていらないでしょ?私たちはまだ若いんだから、楽しめるうちにたくさん楽しまないと。

トム: ちょっと待って。もし恋に落ちたらどうするの?

サマー: 愛なんて信じていないでしょ?

トム: えっ?サンタクロースみたいな話じゃなくて愛だよ。

トム: 完全にサマーに惚れているみたいだ。彼女といることで幸せな気持ちになれる。

トム: 今までに彼氏がいたことあるかい?

サマー: もちろんあるわ。

トム: なんで上手くいかなかったの?

サマー: だって恋愛ってそういうものでしょ。

トムの同僚: 彼女のことは忘れろよ。

トム:彼女のことを忘れたいんじゃない。彼女の心を取り戻したいんだ。

サマー: 私たちここ数ヶ月の間、シドとナンシーみたいだわ。

トム: 確かにお互い上手くいかないとこもあったけど、僕はシド・ヴィシャスには程遠いと思うけど

サマー: いいえ、私がシドよ。

トム: それじゃ、僕がナンシーってことかい。

 

久しぶりにディクテーションやったら、メチャメチャ疲れた上にけっこう時間かかりました。

音読が楽なので一番いいと思いますが、たまにはこうした時間のかかるディクテーションをやることで、自分がどういう部分が聞き取りが弱いのか確認できるのでオススメです。

気合い入れてやると挫折してしまうので、気が向いたときにやるくらいのスタンスでいいと思います!

語学マスターカテゴリの最新記事