株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

久し振りの日経平均1000円安!長く続いた上げ相場が終わり下落相場入りに突入か?

calendar

久し振りの更新になりますが、しっかりと生き残っています。

ツイッターでは元気に活動しているのですが、ブログの更新が途絶えたので退場してしまったのではと思われた方もいるかと思いまして、久しぶりに更新です。

それにしても、先週の下げは厳しかったですね…

 

ショートを持っていたのにこのダメージはダメだと思います。

 

昨年9月から持っていた含み損のやつがナンピンを繰り返しましたものの、ようやくプラス圏に浮上しそうですw

 

とはいえ、短期的には少し売られ過ぎかなと思う反面、2016年1月-2月の下げに比べれば、まだ下げ足りない感がありますし、実際、皆さんもまだまだ余裕があるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

ありえないだろうことは実際に起こると思っておかないと今年は大きくお金減らしそうだから気をつけろ俺

私は今年1月は運よく最高値でおそらく+30%くらいありましたが、この厳しい下げで一時はマイナスに転落してしまいました。今は+5−10%の間くらいに浮上していると思います。

 

今回の対応については暴落の直撃を受けたこと以外はそこまで悪くなかったと思いますが、暴落1日目をマイナス3%で切り抜けられたのに、ここで信用分利確せずにレバを落とさず翌日甚大な被害を受けたのはまずかったです。

 

やはり昨年暴落もなく直ぐにリバウンドしていて慣れてしまっていた影響は否定できないと思います。

 

他方で、今回はレバをかけていない現物だけの人でも1日でマイナス10%くらいのダメージを受けている方も多く散見されました。

 

この絶望下げの中で唯一の希望の光は、最主力銘柄だけは、連れ安で下げてはいるものの、連日スーパーリバウンドで下げ渋ってる感が半端なかったことです。この銘柄がなかったら、今もマイナス圏にいた可能性が高く、かなりキツイ展開だったと思います。

 

また、奥さんの口座も合わせて240万しか使えないので大して影響はありませんが、この下げを利用して去年使い忘れたNISAを有効活用できたことは褒めたいですw

 

まだまだ、乱高下が激しい相場が継続すると思うので、この相場で機会損失を強烈に感じるだけならまだしも、押し目買いして実際に取り返そうと思って買いポジションが膨らんでいくのだけは避けたいと思います。

 

そうした中、この辛い暴落の中、

ご家族いる方はムキになって信用ナンピンとかは止めてほしいなあ。わたしみたいな独身はまあ適当に生きたり死んだりでもいいと思うんですが

 

との発言をされている方を見て、どんなに自信があり、仮に99%の確率でいけると思っても、絶対にこれだけはしてはいけないとの気持ちを更に強固にできました。ありがとうございます

今後の戦略

本格的な調整のはじまりと捉えて行動してる人もいれば、いつもの押し目と捉えて買っている人もおり、他方で、分からないから静観している人もいる状況だと思います。目先下げることはあっても本格的な調整モード突入との前提でいる人はまだ少ないみたいですが、私は本格的な調整モード入りした可能性が高いとの想定のポジション構築をして乗り切ろうと思います。

もともと、昨年の9月頃からそのように考えていましたが、無慈悲に焼かれて心が折れかかっていました,,,

 

全体相場の予測などは当然できないものの、下落相場に入ったのか否かくらいのざっくりとした方向性だけは常に意識しておかないと、仮にいい銘柄でもスター銘柄以外は、ファンダで見るとまだ安いとか判断して押し目買いしてしまい、死ぬ未来が見えて悩ましいので、こうした想定で動こうと考えています。

 

上げ相場の中での下落局面しか経験がないので、安易に押し目を買うのは避けたいとの思いが強いです。

 

当然、自分の想定が間違っていて、日経が20000円くらいまで下落してまた上をい目指す展開の方が嬉しいですが,,,

 

現物フルポジの姿勢は変えませんが、基本的にどちらに動いても良いようにポジション管理をしていきたいと思います。

その上で、特に、昨年は基本的に誰でも勝てる相場で上手い人が分かりにくかったので(それでもリスク取りまくってでも、凄まじいパフォーマンス上げた人は純粋に凄いと思いますが…)、今年継続してこの厳しい環境が続くと仮定して、いったんノーポジにせず常に市場にいる人限定で(ノーポジに出来るのも能力だと思いますが…)、どれくらいのパフォーマンスを出せるのか、また、どれくらいの人が指数を大きくアウトパフォーマンスできるのか、とても興味があります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す