株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

太宰府天満宮

      2015/12/26

太宰府天満宮は菅原道真の墓所の上に社殿を造り、お祀りしている神社です。

受験生に人気の神社で修学旅行生の参拝が後を絶ちません。

出典:太宰府天満宮ホームページ

出典:太宰府天満宮ホームページ

御祭神とご利益

御祭神は菅原道真で、ご利益は朝廷の守護、芸術、無実の罪を晴らす、学業成就等とされています。

菅原道真

太宰府の御祭神である菅原道真は日本史にも登場する人物であり、他の神話に由来する神様と比べると馴染み深い方が多いと思います。

学問の名家に生まれ、文章や詩歌に優れ、政治的にも右大臣(太政大臣・左大臣に次ぐ地位でNo.3)にまで上り詰めた優秀な方でした。

しかし、その才能を恐れた時の左大臣藤原時平等により、無実の罪に問われて左遷されてしまいます。

その2年後、菅原道真は太宰府の地で身の潔白を訴えながら亡くなりました。その、墓所の上に造られたのが太宰府天満宮です。

菅原道真の死後、都では災害や天変地異が続発し、人々は菅原道真がこの世に怒りを招き、天変・天候を司る火雷天神になったと考え、怒りを鎮めようと崇めるようになりました。

ご利益

こうした背景があり、太宰府天満宮は、菅原道真の生前の業績から、朝廷の守護神、和歌の神、無実の罪を晴らす神としても信じられ、様々な神として信仰されるようになりました。

江戸時代になると、「学問の神様」として寺子屋や藩校などの学校で祀られました。

また、書道の神様としても信仰されています。

こうした経緯を経て、菅原道真は全国でお祀りされています。

菅原道真と牛

全国の天満宮や天神様を参拝すると、境内には必ずと言っていいほど、牛の像があります。

その理由は、菅原道真は丑年生まれで牛を大切にしたこと、太宰府に落ちてゆく途中で、命を狙われた際に白牛に助けられたこと、菅原道真が死去した際に遺体を牛車で運ぶ等、菅原道真が牛と深い関わりがあったからとされています。

ちなみに、菅原道真が死去した際、牛車で遺体を運んでいたが、途中で牛車が動かなくなったのでその場所に埋葬することになりました。

その場所こそが太宰府なのです。

太鼓橋( 過去・現在・未来を表す橋)

太宰府天満宮の心字池に3本架かる御神橋に有名な言い伝えがあります。

手前から過去・現在・未来を表し、三世一念の仏教思想を残したものとされています。

この橋を渡ると心身ともに清められるとも言われています。

この橋には、「振り返ってはいけない、つまずいてはいけない、帰りは通ってはいけない」という言い伝えがあります。

出典:太宰府天満宮ホームページ

出典:太宰府天満宮ホームページ

御朱印はこちら

太宰府天満宮は2回目の参拝でした。

高校生の時、修学旅行で参拝しました。

当時は、みんなお守りを買うだけで、あまり境内の中を見ることもありませんでした。

大人になってからもなかなか、九州の方に行く機会はないのですが、たまたま、福岡に行く機会があり、今回じっくりと参拝できました。

九州を旅行すると、太宰府天満宮に限らず、日本神話所縁の神社がたくさんあり、九州に住んでいる人が羨ましくなります。

image1(1)

 - 御朱印