株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

パパVS新しいパパ

   

基本情報

原題:  Daddy’s Home
ジャンル: コメディ
上映時間: 96分
製作国: 2015年  アメリカ
監督・脚本:  ショーン・アンダース
出演:  ウィル・フェレル、 マーク・ウォールバーグ、リンダ・カーデリーニ等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:56点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

マーク・ウォールバーグとウィル・フェレルが繰り広げる実父vs継父のガチンコ勝負! 完璧な家庭を築くことを夢見てきたブラッド(フェレル)は、 新妻(リンダ・カーデリーニ)の子供たちのため最高の継父になることを心に誓う。しかし子供たちの実父ダスティ(ウォールバーグ)が突然現れたことで、 穏やかだったブラッドの家庭生活は激変し、ブラッドはダスティに真っ向から勝負を挑むことになる。 ブラッドはラジオ局の重役として、人生も安定し、性格も穏やか。バツイチで子持ちのリンダ・カーデリーニと結婚することで、お父さんになりたい夢が、ようやく叶った。 しかし品行方正で真面目なところが子どもたちにとっては、ちょっと退屈な義理パパだった。いまひとつ子どもたちからの支持を得られずにいるさなか、 妻の前の夫で特殊部隊勤めのワイルドなダスティが、子どもたちに会いにやって来た! まったくタイプの違う二人のお父さんのうち、より素敵なお父さんはどちらか?! 子どもたちの支持をめぐって、実の父のダスティと義理の父のブラッドとがジェラシーの火花を散らし、お互いの人気を奪い合う意地の張り合いを始めてしまう…! !
出典:パラマウント

予告動画

感 想

ウィル・フェレルの作品はなかなか日本で公開されず、日本では人気がありません。少し引いてしまうような過激なシーンや、英語として理解せずに字幕に変換されると面白さが半減されること等が大きな要因ではないかと思います。私も字幕で見ている頃は、何が面白いのかよく意味がわかりませんでした。

640

私は、ウィル・フェレルが1番好きなコメディ俳優ですので、ウィル・フェレルの出演作は全て見ていますが、彼の出演作の中では、本作は少し物足りない感じです。個人的には、いつもはやりたい放題のとんでもない役を演じるウィル・フェレルが、本作では「品行方正で真面目」な役をやっているというだけで、面白かったです。ただ、作品全体としては、ターゲット層がよくわかりません。私みたいなウィル・フェレルが好きな人は見ますが、普通は積極的に見ないのでは…?とはいえ、少しでもウィル・フェレルのファンが増えてくれることを望むばかりです。

 - コメディ, 映画鑑賞