株式投資

3/4ページ
  • 2016.10.09

【1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術】個人投資家DUKE。氏

出典:amazon.co.jp 毎日30分の習慣で1億円儲けた買い方、売り方を教えます! 本書は著名個人投資家DUKE。氏(メーカー勤務のサラリーマン投資家)である著者が「億」を超える資産を築いた投資法をコンパクトにまとめた本です。   本書は紆余曲折を経た自身の投資経験からはじまり、銘柄 […]

  • 2016.09.14

【スーパーストック発掘法】3万時間のトレード術を3時間で知る

3万時間のトレード術を3時間で知る ○本書は、確実性を重視してリスクを最小化したい多数派の投資家には縁のないものですが、リターンを最大化するためには確からしさを捨てても良いと考える投資家に向けて書かれた本です。   本書の前半は物語調なのでスラスラと読めますが、後半は「スーパーストックのス […]

個人投資家オフ会 イコタさん編

先日、ツイッターで仲良くさせて頂いているイコタ(icota)さん(個人投資家パフォーマンスランキングで常に上位:2014年:+76%、2015年:+171%、2016年8月末現在:+57.4%という凄腕投資家さんです)と会食する機会がありました。 以前から株式投資をやられている方との交流には興味はあ […]

  • 2016.08.27

【生き残りのディーリング】変わりゆく市場に適応するための100のアプローチ

変わりゆく市場に適応するための100のアプローチ   損切りを早めにし、その損を機会利益のためのコストと考える。   これがまさに本書のタイトルにある「生き残りのディーリング」なのですが、この方法には次のような留意点があります。①コストをできる限り、低く抑える、②そのコストを払っ […]

  • 2016.08.18

億万長者の情報整理術

出典:amazon.co.jp あらゆるニュースをお金に換える 億万長者の情報整理術 本書は「金持ちの教科書」の作者が、マネー情報リテラシーを説いた本です。昨今、情報の絶対量が確実に増加する中、情報の山に埋もれることなく、それを自身の活動に生かしていくためには、適切に情報を選択するスキル、つまり情報 […]

  • 2016.08.03

お金持ちの教科書

お金持ちになりたくない人は読まないでください。 本書は大別すると、「お金持ちとは実際にどのような人を指すのか」、「お金持ちの思考回路」、「どうすればお金持ちになれるのかという具体策」の3部構成となっています。その中から、私が気になった興味深い項目を2つご紹介したいと思います。 割り勘男がお金持ちにな […]

  • 2016.07.27

ビューティガレージ株主総会(第14回)に参加して過去最高レベルの満足感を得ました

TKPガーデンシティ永田町で開催されたビューティガレージの株主総会に参加してきました。   こじんまりとした会場で、年齢層は比較的高めの方が中心でしたが、私くらいの年齢層もちらほら見かけることができました。   また、女性の株主が多いのだろうと思っていたら、今次総会の出席者に限定 […]

  • 2016.07.21

勝つ投資 負けない投資

日経平均は上がっているのに、なぜあなたは勝てないのか 「勝つ投資 負けない投資」を読んでなかったので、さーっと読んだら、片山晃さんの考え方が自分の考え方にとても似ていた(^^)こうしたやり方で、大きく成功された存在は励みになる! もともと本を読むのは好きだけど、こういう株本読むのは、もはや勉強とかで […]

イーガーディアン 隠れ優待銘柄

金曜日に10%高と大幅高になったイーガーディアンですが、同銘柄は東証1部上場を目指しており、最近株主分割も行っています。直近の株主数も2,200人にわずかに満たない数字でした。 さて、そんなイーガーディアンは、公式的には株主優待を実施しておりませんが、実は隠れ優待銘柄です。なんと、議決権を行使すると […]

  • 2016.06.27

伝説のファンドマネージャーが実践する株の絶対法則

シンプルなアプローチこそ利益への近道 本書は「株の公式」の実践版になります。前著では投資のプロセスのうち8割は機械的な作業で、考える部分は2割と紹介されていました。本書では、その投資では最も難しい2割の考える部分を体系的に説明することに主眼が置かれています。本書の投資方法を一言で表現すると、「長期的 […]

  • 2016.06.24

英国、EU離脱により深刻な…

本日(2016年6月24日金曜日)の日経平均は−1286円(−7.92%)、TOPIXは−94.23円(−7.26%)で年初来安値を更新しました。私のPFは概算で前日比−10%程度下げました。これを受けて、ツイッターでも触れたとおり、以下の銘柄を買い増しました。   ビューティガレージを1 […]

イー・ガーディアン、株式分割を発表

イーガーディアンは6月10日、6月30日付で株式の2分割を発表しました。「何で分割を今発表するの?」というのが最初の印象です。 ツイッターや週間投資成績でも言及しましたが、上値を抑えつけられているような最近の値動き、四季報発売に合わせたこのタイミングでの分割発表、直後にヤフーでイーガーディアンの活動 […]

【北の達人の株価が10倍でテンバガー】会社の信頼性や商品の評判の疑念が拭えずに持ち続けれませんでした

先日、「【10倍に大化けするテンバガーの見つけ方・特徴】過去の10倍株を一覧にまとめてその難しさについて考える」と題する記事を書いたこともあり、過去に保有していた10倍株の「北の達人」について、過去私が書いていた記事をまとめてみました。   【10倍に大化けするテンバガーの見つけ方・特徴】 […]

  • 2016.04.17

年収300万円、掃除夫の僕が1億円貯めた方法

 街角ウォッチで誰でも有望株が見つかる 本書の著者は、年収300万円で清掃員をしながら約13年で資産を1億円にした凄腕個人投資家です。楽天ブログでwww9945の公開プロフィールというブログも運営されており、ご存知の方も多いと思います。 スカイツリー型ポートフォリオ 著者はPER10倍以下、PBR0 […]

  • 2016.03.29

【伝説のファンドマネージャーが教える株の公式】新高値投資法!

 大化け株を見抜く13のルール 本書のエッセンスを一言でいえば、「新高値を更新した銘柄を選び、今後も大きな成長が続くかどうか検討する」となります。 銘柄選択のキーワードは「新高値」と「成長」です。本書の狙いは株価が倍以上になるような大化け株を見つけることにあります。 新高値投資法チェックリスト 重要 […]

  • 2016.03.27

割安成長株で儲ける収益バリュー投資術

 お宝銘柄がザクザク見つかる勝率9割の分析法 本書は、割安成長株投資に必要なPER以外の収益に対する評価方法、証券会社や雑誌の推奨銘柄を鵜呑みにしないための定量分析方法、企業の「強み」を理解するための定性判断のやり方等を説明するとともに、具体的にどのようなステップを踏んで銘柄を選べばいいのかまで丁寧 […]

  • 2016.03.18
  • ,

FPG分析レポート(シェアードリサーチ)

FPG分析レポートのポイント FPGの業界での立ち位置 FPGは業界シェア35.8%のトップ企業として日本型オペレーティング・リース(JOL)取引の市場拡大を牽引する企業である。 オペレーティング・リースの組成力 オペレーティング・リースの組成力に関しては、オランダに本社、シンガホ […]

  • 2016.03.16

中期投資のすすめ

きっちりコツコツ株で稼ぐ中期投資  本書は、著者が提唱する「中期投資」の構造上の概略を説明するとともに、具体的なデータの集め方、記録の方法等、さらには中期投資を実践する上でのポイント、心構えについて解説しています。中期投資では、従来の基準とは異なり、①将来の予測は不要、②予測ではなく事実の観察を重視 […]

  • 2016.02.25
  • ,

【日本マニュファクチャリング(NMS)に投資】シャープ買収で注目の鴻海が業界トップのEMS事業を展開

現在私が投資しているNMS(日本マニュファクチャリングサービス)は、人材派遣を組み合わせた新たな形のEMS事業を展開しています。   そこで、今回のシャープ買収で注目を集めているものの、一般的にはあまり馴染みがないと思われるEMS事業について取り上げたいと思います。   EMS企 […]

【オニールの成長株発掘法】  CAN SLIM法で株価が大幅上昇する7つの特徴を掴む

今回の記事では、CAN SLIM法が有名なオニールの成長株発掘法について紹介していきます。 CAN SLIM法の要点 本書は1880年代まで遡って米国株式を調べ、株価が大幅上昇する銘柄は7つの特徴があると指摘しています。   オニールはこの7つの特徴について「CAN SLIM」と名付けてい […]

これならできる!有望株の選び方

マット・セトの株式投資の分類に基づく投資手法 本書はマット・セトの株式投資の分類、①成長株、②バリュー株、③シクリカル株(景気循環株)、④企業再生株に従い、各投資スタイルの大まかな特徴について説明しています。そして、ファンダメンタル分析上の分類を「シクリカル株(企業再生株)」、「成長株」、「バリュー […]

  • 2016.02.18

【マネーの公理】一度読んだら絶対に薦めたくなる良書!

給与だけでは金持ちにはなれない。必要なのは投機だ! 本書は、「投機」の知恵について記した本です。本書で紹介するマネーについての約束事「チューリッヒの公理(12の公理と16の副公理)」は、すべてリスクとそのマネジメントに関するものです。 同書では、「もしもスイス人のように合理的にリスクをとることを厭わ […]

「鎌倉式」株投資法でストップ高連発株が続々見つかる!

独自理論の株式投資 本書は株式投資ブログ「鎌倉雄介の株道場」を運営されている著者が、「鎌倉式株投資法」と銘打ち、独自の修正PER理論を軸足に置きつつ、売買のタイミング及び株価に影響を与える材料を基にした投資手法を中心として、半年程度の短期間で利益を上げることを目標にする株式投資法を説明します。 &n […]

株で勝つピーター・リンチの株式投資の法則 【投資哲学や銘柄選びの秘訣】

伝説の投資家ピーター・リンチとは… ピーター・リンチとは、全米NO.1ファンドマネジャーとまでいわれた株式投資界の伝説の人物です。   アメリカの株式市場が不況に吹き荒れていた1977年から1990年の13年間で、2000万ドルだったマゼラン・ファンドを140億ドルという驚異的 […]

日本商業開発代表取締役のエッセイ

僕が不動産ビジネスであたり前だと思うことについて 本書は日本商業開発代表取締役・松岡哲也社長のエッセイです。松岡社長は本書執筆理由について以下のように述べています。 不動産の仕事について、どうも世間とのズレを感じたからだ。私が思っている「あたり前」は、世の中では「あたり前」ではないらしい。そう気付い […]

1 3 4