マイホームは「資産」あるいは「負債」なのか?

マイホームは「資産」あるいは「負債」なのか?

私が資産運用に目覚めるきっかけのひとつとなった「金持ち父さん、貧乏父さん」においては、お金持ちになる人の考え方として、マイホームは「負債」として扱われていましたが、果たしてそのとおりでしょうか?

 

今回はマイホームは資産であるのか負債であるのかという点についてみていき、マイホームの購入問題について考えていきます。

資産運用の知見があると「負債」とみなす傾向が高い?

資産運用に対するある程度の見識を有する方は圧倒的に「負債」と考える方が多いと思いますが、私はこの問題については、住んでいるエリアによって全く異なる見解になると考えています。

 

実際、多分に主観的な要素も入ってきますが、都心の限られた物件以外については「負債」というのは事実であると思います。

大半の持ち家購入は負債

大半の持ち家購入は「負債」となる

 

これについては異論はないと思います。

 

持ち家を購入した人が良く言う台詞に、「家賃払うのがもったいない」ということをよく聞きますが、こういう人は大抵、資産運用の概念をよく理解していない方が多いのではないのでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナーを名乗る方が、若いうちにマイホームを購入するメリットと題する記事をよく書いていたりしますが、不動産業界からのキックバックがない限り、私には全く理解ができません。

 

私の同僚も、貯金もわずかしかないのに、(確実に買ってすぐに値下がりする)郊外の新築マンションや戸建てを3000~4000万程度の借金をして35年ローンの変動金利で購入し、日々の通勤に1~2時間くらい費やしており、値下がりした持ち家かつ多額の住宅ローンを抱えて、自分自身を正当化するために社畜の道まっしぐらです。

 

付言すると、賃貸や社宅あるいは実家でこういうところに住んで資金を貯めて資産運用の資にすることは、忍耐力が強い上に賢いやり方だと思いますが、こうした地域の新築マンションを買うのは資産運用という観点からは完全にアウトだと思います。

 

誤解のないように言い換えると、個々人の選択の問題ですので、批判しているわけではなく、あくまでも資産運用の観点からは望ましくない行動というだけです。

 

本人が満足されているならそれはそれで良いとすら感じています。

 

持ち家価格>住宅ローン」の時に成り立つ公式であるという理解が欠落しているようです

都心6区に限定した場合、購入はありか?

さて、前置きが長くなりましたが、都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区)に限定した場合、購入時期にもよりますが、ほとんど損をすることなく、「負債」ではなく「資産」になる可能性が極めて高くなります(さらに、このエリアで割安の物件を探すことが肝要)。

 

実際、同エリアのマンション価格は、2013年以降、年13%ずつ上昇しています。2012年以前についても、下図で示すように2007年(不動産プチバブルの時期)を除くと、どの年に購入しても含み益が出ている状況です。

 

他方、同エリア以外の都市圏では総じて購入時よりもマイナスになる可能性が高いので、資産運用という観点からの購入については控えた方が良い状況にあることは一目瞭然です。

p_20160925_132513
出典:プレジデント

持ち家は、価格が値上がりしても売らなければ経済的なメリットは具現化しませんし、値下がりしても住み続けることが前提であれば、そこまで問題にはなりません。

 

ただし、資産運用の観点からは、確実に「持ち家価格>住宅ローン」の状態にすることが大事だと思います。

自宅マンション投資なら敷居が低い?

実際は、この資金を持ち家ではなく、株式投資に当てた方が効率的に資産運用できると現在では思いますが、世の中には株式投資に抵抗がないという方ばかりではないと思います。

 

こうした中で、持ち家を利用した不動産投資という方法は、敷居が低い資産運用の選択肢のひとつになりうると考えています。

 

その理由として、株式投資に抵抗がある人でも、総じて持ち家を買うために銀行から多額の借金を背負うことに対してはリスクを感じない奇特な方が世の中には多いというか、むしろ大半なので、都内で働いている方の場合に限っては、自分の与信を最大限利用して持ち家を不動産投資と捉えて、少し高いと思っても郊外ではなく都心6区エリアで比較的割安な時期に値下がりしにくい立地のマンションを購入しておけば、損をする可能性は限りなく小さくできると考えられます。

 

仮に失敗したとしても、自分が気に入ったマンションに住み続ければいいやくらいの気持ちでやると、一歩踏み出すハードルが低くなると思います。

 

私は株式投資については、自分で運用して増やした額ならまだしも、いきなり数千万円で運用するのは怖かったこともあり、なくなっても我慢できる最初は100万から徐々に入金しつつ、自分で増やしていくスタイルを採用しました。

 

現在は、最新の分譲マンションに住む快適さを享受しているだけでなく、含み益も出ている状況で満足しています。

 

当然、安く設定したマンション売却(査定)価格>住宅ローンになっており、一応純資産は●000万以上になっています。

 

仮にこれからマンション価格が下がったとしても、そもそも資産価値が下がりずらいエリアに割安価格で購入しているため、相当なことが起きない限りはマイナスになるのは考えにくいとみています。

 

定期的に最低年1回は相場を調べるとともに、査定を実施しています。

 

まとめ:買いたい時が買い時ということもある

資産運用の観点から見ると、マンションは基本的には負債ですが、欲しい時が買い時であるので理屈では割り切れない時もあるかもしれません。

 

賃貸ではなくマイホーム購入という選択は、個々人の選択の問題ですので、そのマイホームが負債だとしても、その人が納得して入ればプライスレスなもになります。

 

ただし、あくまでも資産運用の観点からは、「持ち家価格>住宅ローン」になるように意識する必要があります。 

 

持ち家が欲しいけど、負債になるようなものは買いたくないという人には、マイホームを利用した不動産投資という方法は、敷居が低い資産運用の選択肢のひとつになりうるかもしれません。

 

その理由として、株式投資に抵抗がある人でも、持ち家を買うために銀行から多額の借金を背負うことに対してはリスクを感じない人が大半ですので、自分の与信を最大限利用して持ち家を不動産投資と捉えて、少し高いと思っても郊外ではなく都心6区エリアで比較的割安な時期に値下がりしにくい立地のマンションを購入しておけば、損をする可能性は限りなく小さくできると考えられます。

不動産投資カテゴリの最新記事