株式投資に目覚めた群馬の至宝

株式投資と柴犬実成(さねしげ)の成長日記

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

   

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

毎日30分の習慣で1億円儲けた買い方、売り方を教えます!

本書は著名個人投資家DUKE。氏(メーカー勤務のサラリーマン投資家)である著者が「億」を超える資産を築いた投資法をコンパクトにまとめた本です。

本書は紆余曲折を経た自身の投資経験からはじまり、銘柄選択手法の分かりやすい説明、エントリーポイントや建玉、損切りの基準及び資金管理に至るまでが丁寧に解説されています

試行錯誤の末に編み出された投資法

著者も投資を開始してすぐに成功したわけではなく、多くの投資家と同様、初めの数年は何度もの失敗を繰り返し、現在の投資法にたどり着いているようです。

特に、2006年のライブドアショック、2008年のリーマン・ショックに至る本格的な下げ相場ではそれまでの上昇相場で得ていた資産を大きく目減りさせ、今まで得た利益を全て吐き出して振り出しに戻ってしまったといいます。

著者の手法で気になった点

○ ネルヴィニが提唱する利益と株価の4つのステージ

基本的に株価は企業業績が良くなると上がり、業績が悪化すると下がります。

その動向は、全体を通じて4つのステージに分けることができるというミネルヴィニの主張を引用されています。

02_fourstages

○ ディストリビューションデイに対する意識(オニールの影響)

(株価が下げた日に出来高が前日より増えていると、機関投資家が思いっきり売っている場合が多い。四週間のうちにこれが五回続くとドカ下げが来る)

○ 新高値投資では、株価が最低でも50%以上上昇するような会社を投資対象(林則行氏の影響)

○ おおよそ時価総額500億円以下の会社を投資対象

○ ボックス理論での売買(ニコラス・ダーバスの影響) 

○ チャートは自分の想定と異なる動きが起きたとき、自分の考えが間違っていたことを教えてくれる。

感 想

ポジションサイジングの大切さ!

発売日にツイッターなどでも話題になっていましたので、本書については多くの個人投資家の方が既に読んでいると思います。

本書の内容自体は、第1章から第4章までは、オニール、ミネルヴィニ、ニコラス・ダーバスの考え方を紹介しつつ、柱の新高値投資法についても、筆者も参考文献として言及していますが、林則行氏の手法をかいつまんだものとなっています。

こうした本を既に読んでいる方に対しては、銘柄の発掘方法については、やっていることはそんなに変わらないなという感じを受けると思います。

しかし、それなのに、実際のパフォーマンスに大きく差が出てくるのは、やはり「ポジションサイジング」の問題が大きいと思います。

実際、2016年10月時点で、私は年間10%程度のパフォーマンスとくすぶっていますが、資金の半分以上投入している主力株が冴えないとはいえ、保有株のイーガーディアンは2~3倍、ビューティガレージは倍になってたことを踏まえると、やはり自分の「ポジションサイジング」が悪くて大きな利益を上げ損なっていると言わざるを得ません。

著者のようにずば抜けて上手い人はこの「ポジションサイジング」が優れているので全体的なパフォーマンスに大きく差が出てくるのだと強く再確認しました。

特に、この点については本書の第5章を通じて、ご自身のルールを惜しげもなく公開されており、非常に参考になると思います

本書はこの部分を読むだけでも一読の価値があると思います。

理論的には優れているが、手法習得は至難の業

先述したように、筆者は50%以上値上がりする銘柄を狙って投資するとあります。

そして、損切りポイントは10%です。

この場合、5銘柄に投資した際、1銘柄は利益が50%以上。損失は最大4銘柄×10%=40%になります。

そうすると1銘柄だけ成功しても勝てるので、まさにこれこそが「1勝4敗でもしっかり儲ける」という筆者の主張なのだと思います。

理論的には全くその通りですが。損切りが多い場合は精神的な負担も多いと思いますし、そもそも損切りは人によっては簡単じゃなく、この手法は身につくまでは時間がかかると思います。

私自身、割安成長株を仕込んでいるので、機会損失という観点に立つと、時間を無駄にしている可能性がありますが、なかなか上手く波に乗れる自信がないので今のスタイルを柱にしています。

ただし、この手法が自分のスタイルに合うようであれば、繰り返し実践で試行錯誤を経て身に着けるようにできれば、大きな利益を短期間で上げられる可能性が高いのは事実だと思います。

繰り返しになりますが、それでもこの手法は人を選ぶと思います。

最後にはなりますが、私自身も本書から非常に多くのことを参考にさせて頂くとともに、実際に成功されている方の体験を読めてモチベーションも上げることもできました。

目 次

第1章 サラリーマン投資家でも資産1億円
第2章 株は新高値で買え! 新高値ブレイク投資術のキホン(1)
第3章 ビッグチェンジを探せ! 新高値ブレイク投資術のキホン(2)
第4章 ここを押さえておけば勝率が上がる 新高値ブレイク投資術の実践(1)
第5章 私の買い方、売り方を教えます 新高値ブレイク投資術の実践(2)
第6章 どんな相場でも勝つ投資、負けない投資

 - 投資本, 株式投資