株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

英国、EU離脱により深刻な…

calendar

本日(2016年6月24日金曜日)の日経平均は−1286円(−7.92%)、TOPIXは−94.23円(−7.26%)で年初来安値を更新しました。私のPFは概算で前日比−10%程度下げました。これを受けて、ツイッターでも触れたとおり、以下の銘柄を買い増しました。

 

 

一つだけ悔しかったのが、前から気になっていた銘柄がストップ安付近まで下げた際にビビってしまって買えずにいたら、あっという間に10%以上回復をして買えなかった点です。ボラティリティーが高い銘柄を選んでいる以上やむを得ないことですが、流石にここまでやられるとイライラします。他方で、昨年のチャイナショックから始まり、今年年初の暴落及び今日の英国EU離脱による暴落を身を持って体験できた経験は大きいです。資産が大きい段階でこれをまともに受けていたら、今の私の精神力では立ち直れないレベルのダメージですが、わずか数百万での運用ですので、こうした時にいろいろ試行錯誤できます(数百万の運用とはいえ、ここまで下げると少し辛いです)。

今年は年初からの暴落に始まり、なかなか一筋縄ではいかないですが、年初来20%以上で終われるでしょうか?

先週の下げの時にも買い発動していたので、あとはもう見守るだけです。現在の保有銘柄は買い増す理由はあれど、売る理由は何ひとつありません。

とりあえず、今の心境としては、今は早くボーナスとFPGの配当が待ち遠しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す