株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

俺たちフィギュアスケーター

      2016/01/23

基本情報

原題: Blades of Glory
ジャンル: コメディ
上映時間: 93分
製作国: 2007年  アメリカ
監督・脚本: ウィル・スペック(Will Speck)、ジョシュ・ゴードン(Josh Gordon
出演: ウィル・フェレル(Will Ferrell)、ジョン・ヘダー(Jon Heder)、ウィル・アーネット(Will Arnett)、エイミー・ポーラー(Amy Poehler)等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:86点

ストーリー

男子フィギュアスケートシングルズ界のツートップ、セクシー・マッチョなチャズ・マイケル・マイケルと、繊細で純情な天才美青年ジミー・マッケルロイ。長年のライバルだった2人は、同着1 位の表彰台で大暴れ。競技から追放され、やさぐれていた2人がトップの座への返り咲きを賭けて選んだ手段….それは男同士のペア・フィギュアだった。
出典:ドリームワークス

予告動画

出演者に関する豆知識

ジョン・ヘダー

「バス男」(原題:Napoleon Dynamite)でナポレオン・ダイナマイト役を演じたジョン・ヘダーが、主役のひとりとして出演。

ジョン・ヘダーは日本に住んでいた経験があるため、日本語がある程度できるが、本作品中でも日本語を披露するシーンが設けられています。

ルーク・ウィルソン

ルーク・ウィルソンが、セックス依存症のカウンセラー役としてカメオ出演。

ジェナ・フィッシャー

ジョン・ヘダーが恋心を寄せるライバルスケーターの妹役として出演。

海外ドラマ好きな人には、スティーヴ・カレルが出演した『ザ・オフィス』のアメリカ版のレギュラーとして出演したことでブレイクしたことでも有名です。

ベン・スティラー

「ナイト ミュージアム」(Night at the Museum)等で主演を務めるベン・スティラーが本作品の製作に携わっています。

感 想

男同士のペア・フィギュア

冬になると、毎年フィギュアスケーターが盛り上がりをみせますが、今年は羽生結弦選手の影響もあってか大人気でした。 本作品は、フィギュアスケートを題材にした非常に珍しい作品です。といっても、前代未聞の男性同士によるフィギュアスケートですが。

ストーリの説明にもあったように、2人は抜群の能力があったにも拘らず、国際舞台で大げんかをして醜態をさらしてスケート協会から追放されていました。

それから3年が経ち、今でも諦めきれないジミーのもとに思わぬ知らせが届きます。 ジミーの熱烈なファンが法の抜け穴をみつけフィギュアスケートなら出場可能であることを教えてくれるのです。このファンがとんでもなくキモいキャラです。

北朝鮮でしか試したことがない「アイアン・ロータス」

再起の足掛かりを見つけたジミーが女性のパートナーを探そうと足を運んだ場所で働いていたのが、大げんかをした相手のチャズでした。2人はここでも騒動を起こし、落ちぶれた元金メダルスケーターとしてニュースのネタになります。

しかし、その2人の喧嘩のニュースを見たジミーの元コーチが、この2人なら過去に北朝鮮国内でしか試したことがない「アイアン・ロータス」という禁断の技が可能なのではないかと思い、これを武器に2人で金メダルを目指すように諭します。

このアイアン・ロータスという技は、失敗すると相手の首を切断してしまうというショッキングな技なのですが、北朝鮮で試したという設定で実際の映像が公開されるのですが、もう笑いがとまらなかったです。 この他にも演技シーンではとんでもない技が繰り出させるので、そこだけでも見て欲しいです。

ジミーがデートに誘うシーンは必見!

また、本作品はとことん笑いを追求した作品ですが、スゴイ面白いシーンとそうでないシーンの差がすごいです。 個人的に一番うけたシーンは、アイアン・ロータスでの北朝鮮のシーンと、ジミーがデートに誘うシーンです。 「今度一緒にかき氷でも食べに行かない?」という誘い文句は衝撃的でした。

本作品の大会に登場する選手の苗字が実在選手のものである点も注目点です。 私は本人役で登場した金メダリストのサーシャ・コーエンくらいしか印象に残りませんでしたが、フィギュアスケートに詳しい方が見るとまた違うのではないでしょうか。 最後に、私は楽しく見れましたが、ウィル・フェレルのノリが苦手な人にはあまりお勧めできません。

作品から学ぶ英語表現

O.K. I will cut to the chase.

対訳:よし、まず要点から述べよう。

cut to the chaseは「余計なことは抜かして要点を述べる」の意味。

He just nailed it.

対訳:(彼の演技は)完璧に決まった。

この場合のnailは釘を打つではなく、「うまくやる、すごい」等の意味。

 - コメディ, 映画鑑賞 ,