株式投資に目覚めた群馬の至宝

大化け株を掴みたい人生でした…

ビューティガレージ平成28年4月期決算(2016年)

   

ビューティガレージの決算は、今期は少し想定より低く、来期予想はきっちり20%を超えてきて無難な印象をまず持ちました。ただし、4Qの前年同期比で見ると、為替が円高に振れている効果が明らかに出ており、売上+17.2%営業利益+91.7%等、私の想定以上に健闘していました!この決算では上がるか不安でしたが、素直に好感され+180円(17.82%)の大幅高となりました。決算が順調な時は気になる要素は大してありませんが、少しだけメモしておきます。

販管費の売上比率推移

11年:30.7%、12年:30.2%、13年:28.7%、14年:28.5%、15年:27.1%と、売上比に占める販管比が順調に下がっています。

ECサイトの動向

ビューティガレージの最も重要な販売経路である「BEAUTY GARAGE Online Shop」 経由の売上高は前年同期比+27.2%と順調に伸長。 中でも、 モバイル経由全体(スマホECサイト+スマホアプリ+携帯ECサイト)の売上高は前年同期比+98.6%と大幅に伸長。

為替の影響

下記の四半期別の業績伸び率の推移を見ると明らかですが、ここ数年間は為替の円安トレンドにより苦しめられていたところ、16年4Qでは円高に振れた影響が顕著に出てていることが分かると思います。個人的には、円高に振れたことによる利益率の改善具合が評価された結果としての株価の大幅高というように認識しています。

直近2年間の業績伸び率

年 度 売 上 営業利益 経常利益 純利益
15年 12.7% 24.1% 32.5% 44.8%
16年 15.4% 17.3% 7.2% 6.8%
17年予想 15.6% 20.6% 24.1% 31.2%

また、決算補足説明資料において、「2014年6月9日に発表しました中期経営計画におきましては、3か年目である2016年度の目標値を「売上高100億円 、 経常利益7億円」としておりますが、「業績予想値」としましては、 実現可能性の高い保守的数値にて発表させて頂いております」となっています。今期決算は計画値にわずかにですが未達であったため、来期は固く出してきたという解釈をしています。

四半期別の業績伸び率

年 度 売 上 営業利益 経常利益 純利益
15年4Q 8.1%  -34.6% -33.8% -19.9%
16年1Q 19.4% 31.4% 29.4% 33.3%
16年2Q 15.6%  -12.8%  -19.7%  -18.1%
16年3Q 9.2%  -58.3% -62.5% -66.7%
16年4Q 17.2% 91.7% 78.3% 65.9%

今回の決算において、東証1部への鞍替え、あるいは海外展開に関するなんらかの発表があると思っていましたが、こちらは想定外でした。

最後に、チャートに目を向けると、今回の決算で年初来高値を更新し、昨年の上場来高値を射程距離に捉え、新高値に挑戦する局面になりましたので、今後の推移を見守りたいと思います。

chart.yahoo.co.jp

 - 株式投資, 決算