株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

N.Y.式ハッピーセラピー

   

基本情報

原題: Anger Management
ジャンル:  コメディ
上映時間: 105分
製作国: 2003年  アメリカ
監督・脚本:  ピーター・シーガル
出演:  ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー、マリサ・トメイ等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:54点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

ニューヨーク。子供の頃から気が弱く、優柔不断で本音を言えないデイヴ(アダム・サンドラー)は、恋人リンダ(マリサ・トメイ)との関係を中々前進できないでいた。そんなある日、飛行機内での誤解から生じたトラブルで逮捕されたデイヴは、裁判の判決により、怒りを抑制するセラピーを受けることになる。彼の前に現われたのは、機内でデイヴの隣に座っていた危険な男、バディ医師(ジャック・ニコルソン)。デイヴはバディの患者…

予告動画

 

感 想

N.Y.式ハッピーセラピーという訳の分からないタイトルになっていますが、原題のようにAnger Management(怒り抑制セラピー)と言った方が的確です。前半は、アダム・サンドラー演じるデイブが機内でスチュワーデスの腕にちょっと触れただけで暴行罪で逮捕され裁判にかけられる等、理不尽な展開に始まり、クレイジーなセラピスト役のジャック・ニコルソンの奇行にイライラさせられましたが(演技力が抜群)、最終的には予想通りの展開に落ち着きそれなりに楽しめました。

アダム・サンドラーの豊富な人脈によるカメオ出演も注目点です。キリング・ミー・ソフトリー等に出演していたヘザー・グラハムを始め、ニューヨークヤンキースのロジャー・クレメンス、テニスプレイヤーのジョン・マッケンロー、さらに、元ニューヨーク市長であるジュリアーニ等も登場しています。

蛇足ですが、本作当時のアダム・サンドラーは、アメリカでは大人気でした。私もアダム・サンドラーは好きなのですが、彼の出演作を多く見た感想として、出演映画(コメディ)の大半がアメリカ人向けに作られたものが多いということもあり、日本ではそれほど認知度も高くなく、人気もありません。また、彼のジョーク等は英語圏の文化を知らないと理解できないことが多く、日本語字幕にすると意味が伝わらないこともあると思います。ですが、英語として理解できるようになると、コメディ映画の面白さは格段に倍増すると思います。

最後に、本作出演時のマリサ・トメイは素敵でした!

 - コメディ, 映画鑑賞