【倍率100倍を超える人気職業の大学職員】年収・難易度・仕事内容・魅力からオススメ度を考えてみる

【倍率100倍を超える人気職業の大学職員】年収・難易度・仕事内容・魅力からオススメ度を考えてみる

先日、マツコ会議というテレビ番組を見ていて、個人的にはとても驚くことがありました。

 

番組には大学職員を目指している女の子が出演していたのですが、彼女曰く「大学にいるのが楽しくなり、もっと大学にいたいという理由で大学職員を目指している」とのことでした。

 

驚いたのはその倍率で100倍を超える人気職業で、40代で1,000万を超える年収だというデータです。

 

彼女も書類だけでも30校以上落ちていると言っていました。

 

実は、私の友人も現職の国立大学の職員なのですが、大学職員がそんな人気があると同時に、待遇が良いという認識が全くありませんでした。

 

失礼を承知で本音を言えば、大学職員なんて公務員試験に落ちて行くところがなかった「窓口にいる態度の悪い人たち」くらいの印象しかありませんでしたので、今回は気になる大学職員について少し簡単にまとめてみました。

 

大学職員の年収

まずは、みんな気になるお金の面からみていきます。

 

大学職員の年収の平均は、国立大学の職員の場合と私立大学の職員で全く違います。

年によって若干の変動はありますが、国立大学の職員の場合は国家公務員の行政職に準ずる給与体系ですので550万程度となっていますが、私立大学の場合は、約700~750万円程度となっていました。

 

また、大学によって異なりますが、私立の大学職員の場合は40代で1,000万円を越える水準のところが少なくないのが実情な模様です。

 

すなわち、大学職員の年収ですが、そこそこの規模の大学なら、日本の一流企業水準の年収です。

 

【気になる平均年収やランキング】東証1部上場企業勤務はエリートなのか?

 

実際、東洋経済が出している平均年収の高い会社を見ても、日本航空とか資生堂と同じくらいの年収水準ということになります。

 

大学別年収ランキング

国立大学

国立大学職員の年収ランキングは以下の通りです。

第1位 埼玉大学 651.0万円
第2位 東京芸術大学 645.5万円
第3位 東京医科歯科大学 639.3万円
第4位 電気通信大学 630,7万円
第5位 東京大学 630.6万円
第6位 名古屋工業大学 630.4万円
第7位 東京学芸大学 628.6万円
第8位 東京外国語大学 627.4万円
第9位 神戸大学 627.3万円
第10位 お茶の水女子大学 627.1万円

私立大学

私立大学の場合は、全大学のランキングをまとめたデータはなく、有名私学の職員の年収ランキングの情報は以下の通りです。

第1位 関西大学 1250万円 
第2位 明治大学 1158万円 
第3位 中央大学 1158万円
第4位 立教大学 1129万円
第5位 早稲田大学 1100万円
第6位 同志社大学 1058万円
第7位 法政大学 1033万円
第8位 立命館大学 979万円
第9位 関西学院大学 960万円
第10位 慶應義塾大学 923万円

* 45歳職員の平均年収でのランキング(各組合によるまとめ)

これは完全に盲点でした。

採用難易度もそこまで高くなく、仕事も基本的には楽というこんな美味しい職種でこの水準の年収の仕事があるなら人気化するのも納得できます。

大学職員の試験難易度

次に、こんな美味しい大学職員の試験難易度についてみていきます。

大学職員も公務員みたいなものですので、他の公務員試験との対比で表すとこんな感じになります。

  1. 国家公務員総合職
  2. 国家公務員一般職、国家専門職(国税専門官/財務専門官/労働基準監督官など)、裁判所職員
  3. 地方上級(県庁/政令指定都市)、東京都庁
  4. 東京都特別区(東京都23区)
  5. 市役所(政令指定都市をのぞく)、警察官/消防官、大学職員

 

他の試験と比べると、大学職員は教養試験だけで筆記の専門試験もなく、筆記試験の難易度だけで判断した場合には極めて簡単な部類に入ります。

 

試験時間は2時間、問題数は40問の教養試験の科目別出題数は、以下のとおりとなっています。

 

国立大学出身の人は大抵カバーしたことのある科目が多く馴染みやすいと思いますが、私立大出身の人は少し勉強が必要となるかもしれません

科目 出題数
社会科学 政治 1
法律 2
経済 2
社会 2
人文科学 世界史 2
日本史 2
地理 2
思想 1
文学,芸術
自然科学 数学 1
物理 1
化学 1
生物 2
地学 1
文章理解 現代文 3
古文 1
英文 3
判断推理 8
数的推理 4
資料解釈 1
 

 

試験の科目が教養試験のみとなっていることから、他の公務員試験と併願で受ける方がかなりいることも倍率が極めて高い要因になっているのかもしれません。

 

私の友人も他の公務員試験と併願で受けて、国税専門官、地方上級(県庁)を希望していたものの、面接に落ちて大学職員になりましたが、予備校でもそうした人が多いと言っていました

 

また、特徴として、筆記試験に受かっても面接のハードルが高いのが特徴的だと思います。

 

そして、地方の市役所などの「あるあるネタ」だと思いますが、こうしたところは試験が仮に満点を取っていたとしても、なかなか面接で合格させてくれない謎の採用方式を採用しているのが難しいところです()

大学職員の仕事内容

では、そんな大学職員の仕事内容はどんなものなのでしょうか?

細かく見るともっとあるのでしょうが、主に以下の3つに分類できます。

総務系

大学運営全体のとりまとめを行う部署です。

仕事は、教授会などの会議の設定や運営、イベントの企画や運営を行います。

また、大学のインフラの整備なども扱っています。

具体的には、学内LANやPCの管理を行う情報システム関連の仕事は、総務に属している場合が多いようです。

総務部総合職での採用は、出世コースといわれていて、事務局長の出身部署ナンバーワンだそうです。

 

財務系

大学の予算、決算の処理、支払い、助成金や交付金に関する業務。一般企業の経理部にあたるものです。

 

学務系

教務課と呼ばれている部署です。学生の履修登録や成績証明書などの発行、就職相談などを担当しています。

ほかにも、人事、施設管理、研究支援などの職種があり、大学の運営を支えています。

 

大学にもよるのでしょうが、公務員と同じように2〜3年周期での部署移動があるのも特徴的です。

魅 力

最後に、こうした業務を行う大学職員の魅力って一体何なのでしょうか?

 

「学生の成長に携わりたい」とか、「地域に密着して働きたい」という前向きな理由もあるかもしれませんが、大学職員の方々の声をまとめてみると大体以下のような仕事内容以外の理由を挙げていました。

  • やばい先輩が少ないないこと
  • 飲み会に行かなくても良い
  • 体調悪い時に休める
  • 仕事に干渉してこない
  • 基本的にマイペースで仕事できる
  • 出世競争のストレスがない
  • 転勤がない
  • 福利厚生が充実している

大学職員のホワイトさは給料もさることがら、精神面で大きいようです。

 

その上、私立大学なら一流企業と呼ばれる会社と同水準の年収も約束されます。

まとめ

「直ちに私立大学職員に転職しようと思います」と言いたくなるくらい魅力的な要素がたくさんあります。

 

私立大学であれば、40代で1,000万程度の年収がもらえる上に、倍率が高い割にはそこまで試験の難易度が高くなく、スーパーホワイトの職場であることが分かりました。

 

もちろん、私立・国立によっても違いますし、配属される部署によっても異なると思います。

 

私が学生の頃は、公務員試験の滑り止めで大学職員を受ける人が多かったですが、これまで見てきた魅力を踏まえると、今は大人気の職種になっている理由がよく分かりました。

 

大学職員がこんなに人気がある職種になっているというのは、こうした働き方を求める学生が多いということの証左となっている気もします。

 

大学によるでしょうが、基本的にはこんなにストレスフリーな美味しい職種は中々ないとみる人もいるでしょうが、このように恵まれた環境だとしても、「暇でやりがいがない」と耐えられないと感じる人もいるのではないでしょうか?

 

やりがいなんてどうでもよく、ストレスが少なくそれなりの給料が貰えれば良いと考える人にとっては、大学職員は最高の天職だと思います。

 

ただ、そうは言っても「暇すぎてやることがなかったり」、「ある程度のやりがい」がないと働き続けることが出来ないという人もいると思います。

 

どちらかと言うと、私は働きたくないとい気持ちはあるものの、働かなくてはならないのであれば「やりがい」がないと続けることが出来ないと考える派ですので、多分こうした職場は耐えられないと思います。

 

いずれにせよ、ワークライフバランスを重視したい人には最高の職場ではないでしょうか?

 

そして、なぜ関西大学が1250万円と一番高いのでしょうか?

オススメ情報カテゴリの最新記事