株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

アバウト・ア・ボーイ

   

基本情報

原題:  About a Boy
ジャンル: ヒューマンドラマ
上映時間: 102分
製作国: 2002年  アメリカ
監督・脚本:  ポール・ワイツ、クリス・ワイツ
出演: ヒュー・グラント、レイチェル・ワイズ、トニ・コレット等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:88点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

ウィル・フリーマンは、男なら誰もが羨む“自由人”生活を謳歌していた。クールな車を乗り回し、女性関係もカジュアルそのもの。そんな彼の前に突然現れた 12歳の少年マーカス。彼との出会いでウィルの人生は180度変化していく。そしてついに巡り会う本当に愛することができる女性・・・。遊び人ライフと “オトナ”の生活、ウィルが最後に選ぶのは?!
出典:ジェネオン・ユニバーサル

予告動画

 

感 想

ヒュー・グラント演じる駄目男が嘘で塗り固めた軽薄な自分の人生を見つめ直し、人との真剣な関係を築いていくように変わっていくというだけの単純なストーリーです。しかし、親が裕福なため、何不自由なく暮らしてきた結果、大人になり切れない38歳と、激しいうつ病状態にあり、自殺を図る頼りない母親の面倒を見なければならない人生を達観する12歳が奇妙な絆で結ばれていく過程がとても丁寧、かつ繊細に描写されています。一応はコメディ映画ということなのですが、私はヒューマンドラマの要素が強いとみており、いろいろ考えさせられます。特に、「大人って何だろう?」と大人の基準について考えさせられます。親がお金持ちで自分のやりたいことを毎日できる生活に憧れを覚える一方、何の苦労も経験もせずに自分の頭で考えることをしてこないと、中身空っぽで空っぽの虚しい人生を送る可能性もあるのだという教訓的な側面も垣間見えます。

いろいろなことを考えさせるきっかけにもなる良作ですので、本作は自信を持ってオススメできます。

 - ヒューマンドラマ, 映画鑑賞