株式投資に目覚めた群馬の至宝

「株式投資」をメインとしつつ、「御朱印集め」、「洋画鑑賞」、「語学勉強法」等を扱ったブログを運営しています

*

ウォーク・トゥ・リメンバー

      2016/10/27

基本情報

原題:  A Walk To Remember
ジャンル:  ロマンス
上映時間: 125分
製作国: 2001年  アメリカ
監督・脚本:  アダム・シャンクマン
出演:  シェーン・ウェスト、マンディ・ムーア等

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

オススメ度:98点

当ブログ:映画ランキング

ストーリー

両親の離婚で母親シンシアと二人で暮らしているランドンは、日々を高校の不良グループと共に投げやりに生きている荒んだ男子高校生。一方、サリヴァン牧師の娘であるジェイミーは、いつも同じカーディガンを着て、天文や神の話をする、ちょっとオタク気味なために周りから浮いている真面目な女子高生。接点の全くない2人だが、実は幼稚園からずっと同じクラスの顔見知り。しかし、これまでろくに口をきいたこともないような関係だった。そんな二人だったが、ランドンが仲間に友人を加えるためのテストで、友人を事故にあわせてしまい、学校から懲罰として福祉のボランティアを命じられ、お互いに出会い、チャリティの演劇によって惹かれ合い、愛し合うようになる。しかしジェイミーには周りに隠していた秘密があった。

予告動画

感 想

本作は最近、泣く映画や感動する映画を見てないなと思った人には特にオススメです。

いや、そうでない人も騙されたと思って見てほしいくらいのレベルの良作です。

恋愛映画はそんなに得意なジャンルではありませんが、本作は別で、見終わった後に「心が洗われるような感覚」にさせてくれます。

私はあらすじ等を見ずに偶然本作を見たのですが、思わず泣いてしまいました。

本当は内容について、もっと踏み込んで書きたいのですが、この作品はあまり事前情報なしで見てほしいです。

私は、同じ原作者の一番有名な「君に読む物語」等よりもこの映画がはるかに好きです。

出来の悪い男が、ある女性に出会って互いに惹かれ合い、避けられない運命に悩まされながら成長していくという姿に見ているこちらが励まされます。

似たような内容を扱った映画は多くあると思いますが、人生で何を優先するべきか等、様々なことを考えさせられます。

また、2人の間に起きた事象が、父親との絆を取り戻すきっかけになる等、恋愛映画がメインとなっているものの、一人の人間が短期間に様々な経験をして成長していく様子が見事に描かれています

本作は、人との出会いで自分が変われるということを改めて再確認させてくれます。

自分も今の自分があるのは中学時代の友人との出会いが大きいと思っています

一緒に遊んでいた友人は学内トップクラスの奴らばかりで、自分だけが成績が悪く、勉強せずに部活やゲームばかりやっていました。

彼らとの付き合いの中で考え方が変わり、勉強も教えてもらいながら高校も進学校に進むようになったのですが、この出会いがなかったら、今の私はないだろうと言いきれます。

 - ロマンス, 映画鑑賞